【世界一受けたい授業】国立西洋美術館や足立美術館の人気の秘密!ランキングも

星乃珈琲店

2016年9月24日放送の「世界一受けたい授業」の中の
「芸術の秋!話題の美術館に潜入!
絵を見るのが100倍楽しくなる方法! 」

国立西洋美術館や足立美術館の人気の秘密を紹介!

スポンサードリンク

世界文化遺産に登録された国立西洋美術館

いま大人気のスポットが国立西洋美術館。

近代建築のル・コルビュジエが設計した
日本で唯一の建築作品として
今年7月世界文化遺産に登録。

「国立西洋美術館」。
そんな今、話題の美術館には随所に作品を
楽しく見るための工夫がされています。

広々とした吹き抜けのホール。
2階へと上がる部分は階段ではなく
スロープになっています。
スロープにすることで作品を見ながら
ゆっくりと上がれ、普段とは違う目線で
鑑賞できます。

さらに2階展示室にはある驚きの秘密が。
それは天井の高さが2種類あること。
天井が高い部分は開放感があり、
作品を広い視野で楽しむことができます。

逆に天井が低い部分は1つの作品に集中して
鑑賞できるように工夫されているのです。

初めての美術館をみるおすすめの方法

そんな美術館が楽しくなる方法を
教えてくれるのは昨年オープンした
大分県立美術館の初代館長 新見隆先生。

新見隆先生が絵を見るのが
100倍楽しくなる方法を紹介。

初めての美術館では
早歩きでひと回りするのがオススメ。

初めて美術館に行くと、
どういう作品が何点あるか分かりません。

1つ1つ見ていくと時間が無くなるかもしれないし、
疲れてしまいます。
自分にグッと来た絵だけ近寄って
見ればよいのです。

全部を見る必要はないのです。

美術館での工夫

東京・丸の内にある「三菱一号館美術館」を紹介。
明治時代のオフィスを復元した煉瓦造りが特徴。
展示室は鑑賞する人の気持を考え、
壁の色を暗くしています。

ここの美術館では暗い絵を飾ることが多いのが理由。

壁が白いとくすんだ色がよけい暗く見えてしまう。
暗いタッチの絵を見やすくするために
あえて壁を暗くしています。

現在、国立新美術館で行われているダリ展でも
壁の色を変えることで作品を効果的に見せています。

スペインが生んだ奇才。サルバドール・ダリ
芸術家としてのダリを生涯支えたのが最愛の妻 ガラ。

愛するガラを並べた展示室は女性らしさを演出するため
壁が淡いピンクに。

原爆に対する恐怖や不安が描かれた作品の並ぶ場所は
沈んだ印象のダークな色。

より絵のイメージが際立つよう
壁に工夫がされているのです。

外国人に人気の足立美術館

島根県・安来市にある「足立美術館」を紹介。

最寄りの御駅から車で20分と
決して交通の便がいいとえはいない場所ですが、
連日多くの人が押し寄せています。

しかも、海外からの観光客が多いのが特徴。
中をのぞいてみると
横山大観の名画を中心に
多くの作品が展示されています。

実は美術品のほかにもお目当てが。

その人気の理由とは、何でしょうか?



正解は…館内から見える日本庭園

「日本で1番美しい庭園がある美術館」として、
海外の専門雑誌で取り上げられ
日本庭園ランキングで
13年連続日本一なのです。

スポンサードリンク

電柱などが立って景観が壊れてしまわないように、
山の一部まで購入して、見える部分は庭師が、
徹底管理しています。

東京ドーム3.5個分に敷き詰められた白砂は
全てていねいに手洗いしたものだけを
使うというこだわり。

この庭園も作品の1つとされ、
今では年間2万5000人もの
外国人観光客が訪れています。

名画はどっち?

スタジオに2枚の絵が登場。

2枚のうちどちらが高いかを出演者らが予想した。

みんなAを選び正解!

高額作品はジョアン・ミロの「犬」という作品で
2億2000万円。

もう片方は今井翼さんが描いたものでした。

Bはこの時点では誰が描いたものか知らなかったので
「あざとい」
「5分ぐらいで描ける」
「子供が描いた」
などのかなりきびしい評価が…。

今井翼さんは「いつか価値が出るかもしれない
という思いはもって生きていきたい。」
と言っていました。

大塚国際美術館の人気の理由

加藤諒さんが徳島県・鳴門市にある
「大塚国際美術館」を取材。

世界最大級の旅行口コミサイト
(トリップアドバイザー)がおこなった
行ってよかった美術館ランキングで第1位に輝いています。

予想に反して館内は普通の美術館。
しかし、普通の美術館では
ありえない秘密があるのです。
それは、どんなことでしょうか?




正解は…全てがレプリカ

本物ではないとはいえ、世界中の美術館から
特別に許可を得て、
細部まで精巧に作られた原寸大の
レプリカはまるで本物を見ているような迫力です。

世界各国を回らなければ見ることができない名画の
数々を、一度に鑑賞できる世界唯一の美術館なのです。

そのため軽く触れる程度なら許可されていて、
ほかの美術館では絶対に許されないこと。

ルーブル美術館で防弾ガラスに守られ
かなり遠くからしか見られないモナリザも
ここではさわってもo.kなのです。
「システィーナ礼拝堂」や「最後の晩餐」
なども再現されていて展示されている作品は
1000点以上と一般の美術館に比べて
かなり多くなっています。

行ってよかった美術館ランキング

第10位:大原美術館
第9位:国立新美術館
第8位:国立西洋美術館
第7位:熊本市現代美術館
第6位:東京都現代美術館
第5位:青森県立美術館
第4位:長野県信濃美術館
第3位:三鷹の森ジブリ美術館
第2位:安曇野ちひろ美術館
第1位:大塚国際美術館


まとめ

この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】時短ダイエットでやせる!ファンクショナルトレーニングのやり方

【世界一受けたい授業】米油・えごま油・マガデミアナッツオイルで健康に!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ