【あさイチ】物を“持たない”ミニマリスとの暮らしとは?

2016年9月26日放送の「あさイチ」は
「“持たない”くらし=ミニマルライフ」

物を減らして生活すると
どのような変化があったのか
いろいろなミニマリストを紹介!

スポンサードリンク

いろいろなミニマリスト

あふれ出る洋服やバッグ。
収納しきれないほどに
モノが増えすぎ、でも減らせない。
あさイチでも何度も取り上げているテーマです。

そして今回はこの問題に
ちょっと違ったアプローチで迫ってみます。

最近、片づけ本とはちょっと違う
なるべくモノを持たない暮らしを送る人たちの本
をよく目にします。

こういう持たない人たちを
ミニマリストと呼んでいます。

どんな暮らしなのか
こちらの本の著者の生活を見てみます。

著者は都内のワンルームに暮らす男性。

部屋には机といすのみ。
洋服も少ないです。。

すごいとは思いつつ、
ここまでモノを持たないことに得はあるのか?
それがあるそうです。

例えば超節約できるようです。

家電を思い切ってやめてみた

ということでミニマリストに会いに行きます。
ファイルナンバー1
アフロ記者こと、稲垣えみ子さん。

30年近く大手新聞社で働いてきましたが
今は、フリーで執筆活動をしています。
そして、5年前からミニマルな暮らしを
しているそうなんです。

シンプルでちょっとおしゃれに見える
片づいた部屋です。

カーテンをしてしまうとせっかくの景色が損なわれる
ということやめたそうです、
さらにエアコンもありません。
暑くないですか?

「暑いですけど暑くなかったら
涼しいっていう感情もない。
フッーと風が吹いてきたら『あっ涼しい』
となって暑さが嫌じゃなくなった。」

今度は台所を見せてもらうと。
炊飯器も、電子レンジももちろん食洗機もない。
さらに洗濯機も。

結局、使っている電気製品は
電灯とオーディオスマホとパソコンです。

これだけで十分豊かな暮らしができると
気付いたそうなんです。

電気代はたったの1ヶ月158円でした。

稲垣さんは物がない生活を楽しいと考えています。

今回は極端に物がない生活を勧めるわけではなく、
「物を減らすことがめんどくさい」
というパターンから脱却できるヒントを考えます。

稲垣さんが、最初にやめた家電が掃除機です。
掃除機がないとなるとこれほうきの出番です。

使っているのは江戸ほうきという伝統のほうき。

使うのはさぞ面倒かと思いきや楽で
2日に1度10分も掃けばいいのだそう。

しかも掃除機にはない魅力もあるのだとか。
稲垣さん、以前は掃除が嫌いだったそうなんです。
しかし、ほうきを掃く音も心地よく
大好きになったそうです。

続いては洗濯機です。
やめてみたら拍子抜けするほど楽だったそうです。
ちょっとこすってつけ置き。
これで大抵のものはきれいになるのだそうです。

稲垣さんが家電を使わなくなったのには
きっかけがあります。
東日本大震災のときの原発事故です。
あまりにも深刻な事態を目の当たりにして
考えたのだそうです。

それは原発に頼らなくてもやっていけるような
電気をなるべく使わない暮らしを模索。

自分で工夫する力。
それを最も強く感じたのは冷蔵庫を
やめてからの食生活だといいます。

ある日の昼食を見せていただきました。
昼食には、みそ汁を作ります。

食生活は自然と野菜中心になってきたのだそうです。

ベランダに食材が置いてあります。
野菜が切って干してあります。
味がぐっと凝縮されるのだそうです。

もちろん晴れの日ばかりじゃありません。
カビが生えちゃうなんてこともあるそうです。

もう1つの保存法はぬか漬けです。
オクラやビーツ、なんでもいれちゃう。

ジャガイモはちょっとゆでていれると
チーズになるとか。

毎日が発見なんだそうです。

トレードマークのアフロヘアは
どうやって乾燥しているのか聞いてみたら
自然乾燥だそうです。

これから寒くなってきますが、
石油ストーブなどは持っていません。

寒いときは厚着をして湯たんぽだそうです。

これでも本当に寒いときは
足の裏にカイロを貼ってしのぐそうです。

お風呂はないので近くの銭湯に行っています。
夏場は毎日、冬場は2日に1回
ご近所さんとのおつきあいにもなっているそうです。

スポンサードリンク

家電を持たない暮らしを体験

稲垣さんの暮らしをある一家に体験してもらいました。
廣瀬さん一家
(お母さんの由香さん、お父さんの英明さん、息子の裕也さんの3人家族)
が、1週間、冷蔵庫、洗濯機が使用できない生活に挑戦。

まずは初日の夕食です。
麻婆豆腐と焼きなすと豚汁。
いつもと違って1食分だけを買いました。
食べ盛りの子もいますし肉は欠かせません。
暑い日だったので、調理の間は氷と一緒に置いておきます。

メニューは、いつもと特に変わりありません。
野菜には塩を振ります。
ドレッシングは冷蔵しているので使えないのです。

ところが豚汁が残ってしまいました。
いつものように冷蔵庫に入れて
次の日に回すってことはもちろんできません。

由香さんが夜食にしました。

息子の裕也君は、生まれて初めて洗濯をします。
学校に着ていったワイシャツ下着、靴下を洗います。

由香さん、考えてみるとこれまで裕也君に
手伝いをさせてこなかったといいます。

夫の英明さんは手慣れたもので自分で洗濯。

翌朝です。
朝食と裕也君のお弁当作りです。
買い置きができないので早朝に買い物に行きました。
ちなみに起きたのは4時50分。
いつもと同じ弁当ができましたが
これで1週間もつのかどうか。
夫と息子を送り出したら洗濯です。

一部は夫と子どもに手伝ってもらいましたが
それでも結構な量です。



4日目に訪ねると、変化が。
由香さんの家事にさまざまな工夫が
見られるようになっていたのです。

麩を使ったカレー。
料理サイトで見つけたアイデアです。

肉を使うと調理中の扱いに気を遣うので
いっそのことやめてみたとのこと。

ともに肉が好きだという夫と子のリアクションは
おいしいとのこと。。
ちょうど食べきる分量もつかめてきたそうです。

肉を代用品に代える戦法がうまくいき
味をしめた由香さん。

今度は鶏肉の代わりに
高野豆腐を使ったから揚げを作りました。

揚げたてはばっちりですが
お弁当だと冷めるとだめ。
これもまた発見です。

手が疲れると言っていた
洗濯も進化していました。
足で踏んでいました。

むしろ襟などは手洗いのほうがいい
という面もありました。
裕也君も手慣れてきました。
1週間のチャレンジが終わりました。

その後どうなったかというと
さすがに冷蔵庫も洗濯機もやめるということには
ならなかったのですが
家電製品のありがたさが分かって
使い方が変わったそうです。

以前は余分なものを買い込んでいたんだそうですが
今は適量を知って買い物の量が
半分になったということです。

また息子さんも自分から手伝うように
なったということです。

家具を減らした

続いては家事が楽になるミニマリストの生活です。
お子さんが3人いる家庭です。
家電は普通に使っています。

何をなくしたのかというとポイントは家具です。
ファイルナンバー2尾崎友吏子さん。
家族5人、大阪で暮らしています。
高校2年生を筆頭に小学6年と1年の3人の男の子がいます。
住んでいるのは3LDKのマンションです。

すてきなお宅なのですが驚くべきことを教えてくれました。
子どもが3人になってから
あえて狭い家に住み替えたというのです。

最初の子が生まれたあと90平米の家に移ったのですが
現在は70平米。
2割以上狭くなりました。

以前の家のリビングをみると
今より広かったはずなのにそうは見えません。
家具が多かったのです。

今の狭い家で暮らすまでに家具を全部処分しました。
一番やめてよかったと思ったのが
ソファーだったのだそうです。

尾崎家でしばしば起こったことを再現。

テレビを見ようとソファーに座った夫。
次第に楽な体勢になるのは人の常。
するとソファー前のスペースにいる
子どもたちが邪魔になります。
おれで子どもたちをリビングから追い出すことに。

ただ1人夫だけがリビングでくつろぐという
事態が招かれていたのです。

ソファーを処分したあと
代わりに導入したのは夫用の座いす。

座いすの横にマットを置いて
そこを子どもたちのスペースにしています。
この横並びの関係が座いすのメリット。
テレビを見ていても子どもが邪魔にならないのです。
ソファーだとこうはいきませんでした。

ソファーなど家具を減らしたことで
掃除も劇的に楽になりました。

それだけではありません。
床面積が、以前より狭くなった以上に家具が減ったので、
結果的にフリースペースが増えたのです。
大勢のお客さんを招くこともできるようになりました。

そして、このリビングの一角で
夜は布団を敷いて寝室になります。
これもスペースの有効活用です。

さあ続いては難題。
子どものおもちゃをミニマル化する方法です。

どんな方法なのか。
小学1年の三男を例に見てみましょう。
リビングの一角におもちゃの置き場所があります。
ポイントは、収納スペースを決め
収まる以上のおもちゃは持たないようにするということ。

おもちゃを減らす際にはいる物か
いらない物か子ども自身に判断させます。

6歳の子がおもちゃをいらないっていう時点で
ありえないって思うかもしれませんがその陰にとある作戦が。

クリスマスや誕生日などの前に
「もらったおもちゃが入るようにあけとこうね」
と声をかけると進んで整理するようになるそうです。

尾崎さんがこのほかに実践している
ミニマルな暮らしがあります。
例えばマット。
台所、玄関いろんなところに
何気なく敷いていると思います。

これをやめちゃいました。
例えばキッチンの下で水が跳ねますよね。
そのたびに拭けばいいじゃないかということで
問題がないなということになりました。

お風呂上がりのバスタオルもやめました。

尾崎家が使っているのは
薄いフェースタオルです。

びちょびちょになっても
絞れば拭けるということで
ただ家族で使うのは
1回の入浴につき7枚です。

そのほかのミニマリスト

今までいろいろ見ていきましたが
一口にミニマリストといっても
いろんなタイプがあります。

ほかにどんなタイプがいるのか紹介します。

岐阜県で夫婦で暮らすお宅のキッチン。
ある物をやめたそうです。

正解は白い円柱状のもの。
食器棚の代わりなんです。
正解は食器棚です。
小さなチェストの中に
夫婦2人で使う食器がすべて
入っているんです。

お客さん用の食器はすべて紙皿とか
お菓子は茶道で使う懐紙を使うことで
処分したそうです。

吟味しながら減らしている最中ということで、
最終的には1人5つくらいの器にしたいと
いっていました。

音楽プロデューサーの伊藤さん。
大きなバックパックを持っています。
中身もたっぷり。
ところがある物を持たない
暮らしをしているんです。

正解は、家を持っていないんです。
バッグに生活に必要な物一式が
すべて入っているんです。

ふだんは実家とか友人宅とか
ホテルとか身軽に動けるように
物を減らしていったら
ここまで行き着いたということです。

住民は抜いている状態で
日本のサービスとかが受けられない状態になっていて
税金は税務署と相談をしているそうです。

きっかけは伊藤さんの場合
東日本大震災です。

そのときはたくさん物を持っていたんですけど
物で、自分が危ない目に遭ったので
トラック3台分ぐらいの荷物を手放したということです。

仕事を減らして、田舎暮らし

次のミニマルライフでは
持たない生活を田舎に移住して
スタートしたという方です。

ファイルナンバー3
フリーライターの増村江利子さん。

現在、夫と5歳の娘の3人で暮らしています。

以前の増村さんは新宿区に暮らし
とっても忙しいライター生活を送っていました。

当時の一日は、こんな感じ。
娘を保育園に送って仕事。
夜娘を寝かしつけて一眠りしたら
夜中から仕事。
一日14時間が仕事です。

なんのために生きているのかと
思うようにもなったそうで
生活スタイルを変えることを決断しました。

選んだのは、田舎に移住して
ミニマルな暮らしを始めるというもの。

ライターの仕事は続けましたが
量を大幅に減らしました。

収入は3割近く減ったといいます。

増村さんが住んでいるのは
トレーラーハウスを改造した家。

50平米ほどで家賃は1万円です。

極力お金を使わないようにする
というのが増村さんの暮らしです。

新生活を始めるにあたり
家具は、ほとんどもらいもので賄いました。

冒頭の稲垣さん同様、
電気製品をあまり使わないようにしています。

まきストーブなど古い道具を活用しています。
家の内装は、自分たちでよりシンプルに改装しています。

例えば階段ももともと立派な階段だんすが
ついていたのですがわざわざ外しました。
増村さんが自分で家具を作ったりもします。
本棚も作りました。

特にDIYの経験はなかったそうですが
意外と作れるのだそうです。

材料は、近くの解体現場などで
ただで譲ってもらった古い木材です。

DIYで頼りになるのは夫の青樹さん。

仕事で古材を使った建物のリノベーションなどを
手がけています。

2人で相談しながら暮らしを手作りしていくのが
また楽しいのだとか。

近所づきあいも生活を助けてくれます。
増村さんは妊娠中。
生まれてくる赤ちゃんのためにお古を譲ってもらいます。

物を譲ったり譲られたりすることは
近所との距離を縮めることにもつながるんだそうです。

食べ物もおすそ分けが多く野菜は
ほとんど買わなくて済むようになりました。

食費は以前の5分の1です。
今、仕事にかける時間は長くても一日6時間ほど。

子どもとの関わり方も変わってきました。
忙しかった以前はおもちゃを与えて
1人で遊ばせることが多かったそうなのですが
今は一緒に遊びます。

収入も出費もミニマルにした生活。

田舎で暮らすことでより豊かになっていると
感じています。

感想

家電製品をなくすというのは
ちょっとできないかなと思いますが
物はもう少し減らしたいな~
と思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ