【マツコの知らない世界】プロレスブームでプ女子が急増!新日本プロレスが人気

2016年9月27日放送の「マツコの知らない世界」の中の
「キュンキュンするプロレスの世界」

今、プロレスが女性達の間で大ブーム。

男くさいイメージから一点、彼らのたくましい肉体美や
おしゃれグッズにときめきたい女性が殺到しています!

スポンサードリンク

南雲満友さんとは?

キュンキュンするプロレスの世界の
案内人は21年間プロレスを見続けてきた
慶応大学生の南雲満友さん。

近年「プ女子」と呼ばれるプロレスにハマる女性たちが
増えてきているそうです。

特に新日本プロレスが人気があるとのこと。

南雲満友さんは慶応義塾大学4年生の21歳
小中高一貫の女子高に通っていたというお嬢様です。

0歳:お父さんがプロレスのマットを作る会社を経営。
リング職人だったことから生まれた時からプロレス漬け。

21歳:志望企業の面接でプロレス愛を語り
内定をもらう。

現在:毎夜プロレス女子会を開き
熱い思いを語り合う
毎年20試合以上観戦。

自宅には特製リングもあるそうです。
その写真が映し出されたのですが、
レクサスがうつっていました。


女性がプロレスにはまる理由

『勝ち負けだけじゃない!プ女子の楽しみ方』

①イケメン選手の目線にドキドキ
②技をくらって痛がる顔がいい
③様々な妄想

なぜ女子が新日本プロレスに夢中になるのか
それはとにかくイケメンレスラーが多いから。

オカダ・カズチカさん、柳橋弘至さん、
内藤哲也さん、後藤洋央紀さんなど
イケメンぞろいです。

特にオカダ・カズチカさんは
内藤さんも大好きとのこと。

新日本プロレスの中で人気も勢いも
ナンバーワンの選手。

内藤哲也選手のポイントは
入場時のワイルドな脱ぎっぷり。

試合中もワイルドな技で
女性たちをキュンキュンと魅了。


おしゃれに進化したプロレスTシャツ

ファッション性があって150種類ぐらいあるそうです。

新日本プロレスコレボレディーストレーナーや
ファッションセンターしまむらとのコラボ商品
「新日本プロレスコレボレディースチュニック」

売り上げナンバーワンは
「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ」

ほかにもハローキティのコラボ
「HELLO KITTY meets Lion-Mark」もあります。

スポンサードリンク



最もキュンキュンするイケメン

『オレ様魅力にメロメロの女子続出』

南雲さんがキュンキュンポイントを紹介。

オカダ・カズチカ選手(28歳)
・191cm
・体重107kg

・札束舞う超ド派手な登場。
・普段イケイケなオカダさんが
試合に負けて時折見せる泣き顔もいいそうです。

オカダさんとのデートの妄想を
話している時にご本人が登場!

南雲さんも大興奮でした!



南雲さんがやってみたい事

・実況席でプロレスが見たい

・入場シーンだけでも良いので
マツコさんにやってほしい!

この後スタジオで特別試合

マツコさんがセコンドを務めるオカダ・カズチカと
ウィル・オスプレイvsバレッタとロッキー・ロメロの
特別試合がおこなわれたのでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ