さばの香味漬け&さんまのさっぱり煮のレシピ【あさイチ】by江上栄子

サバの香味付け
2016年9月29日放送の「あさイチ」の「解決!ゴハン」で
さばの香味漬け&さんまのさっぱり煮が紹介されました。

料理研究家の江上栄子さんに魚料理を
教えていただきます。

スポンサードリンク

さばの香味漬けのレシピ


【さばの香味漬けのレシピ】

『さばの香味漬けの材料』(4人分)
さば(食べやすい大きさに切る)→1匹分

たまねぎ→1/2
にんじん→30g
パプリカ(赤)→20g
イタリアンパセリ→少々
レモン(国産・輪切り)→1/2個分
だいだいやカボスでもo.k

塩→適量
こしょう→少々
小麦粉→適量
サラダ油→大さじ1

A
オリーブ油→大さじ3
白ワインビネガー→大さじ1
塩小さじ→1/2
こしょう→少々
粒マスタード→小さじ1(お好みで)

『さばの香味漬けの作り方』
1.たまねぎ、にんじん、
パプリカはせん切りにしてバットに入れる。

2.Aを合わせておく。

3.さばは、塩をふってしばらくおく。
水けをふき、こしょうをふって
小麦粉をまぶす。

スポンサードリンク

4.フライパンにサラダ油を熱して、
さばを両面こんがりと焼く。
熱いうちに(1)に加え、
(2)をかけて、レモンをのせる。

5.(4)を盛りつけて、
イタリアンパセリをあしらえば
さばの香味漬けのできあがり!

半日から1週間ぐらいまで
食べられます。

できたてを食べても
いいそうです。


さんまのさっぱり煮のレシピ


【さんまのさっぱり煮のレシピ】

『さんまのさっぱり煮の材料』(4人分)

さんま→3

しょうが→10g
赤とうがらし→1本

(A)
酢カップ→1/3
みりん→カップ1/3
酒→カップ1/3
しょうゆ→カップ1/4
水→カップ1
砂糖→大さじ1

『さんまのさっぱり煮の作り方』

1.さんまは頭と尾を切り落とし、
内臓を取り出す。
水で洗って水けをふき、
4~5センチ長さに切る。

2.しょうがは薄切りにする。
赤とうがらしは種を取り除き、ちぎる。

3.鍋にAと(2)を入れて強火で煮立て、
さんまを入れ、落としぶたをして中火にする。

時々煮汁をかけながら20~25分間煮る。

煮汁が少なくなってきたら落としぶたを取り、
再び強火に変え、煮汁がなくなるまで煮て、
照りを出す。

さんまのさっぱり煮のできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ