【ヒルナンデス】最新ごはんのおとも!大分中津からあげやがごめまんまなど

ふりかけ

2016年9月29日放送の「ヒルナンデス」の「大ヨコヤマ物産展」は
新米と一緒に食べたい!超最新ごはんのおともSP

大分中津からあげ&名古屋ピリ辛大豆ミンチ&
北海道がごめまんまを紹介!

スポンサードリンク

新米で食べたい最新ごはんのおとも

【ご飯にかける・まぜる中津からあげ】(120g 864円税込)

【株式会社 サンヨーコーヒー】(大分県別府市)

『大分・中津のからあげがごはんのおともに!』

作っているのは唐揚げ専門店が
30軒以上もあるというから揚げの街 大分県中津

そんな中津のからあげを使ったごはんのおとも!

炒めた玉ねぎ、にんにく、しょうがと
ミンチにしたからあげが入った一品。

中津からあげの会からあげグランプリを
5年連続金賞受賞している「ぶんごや」の
からあげを使用。

「ぶんごや」はから揚げを売っている精肉店。
そこで金賞をとったから揚げがごはんのおともに!

ただから揚げをミンチにしただけじゃないんです。

フードプロセッサーでミンチにし、
ご飯に馴染むようにつなぎにおからを入れ、
温かいご飯になじむように仕上げています

【おススメのおいしい食べ方】
からあげはじゃがいもと相性ばつぐん。
ジャガイモを電子レンジでゆでて
簡単ジャガバターを作り
ジャガバターにのせて食べるのもおすすめ!



【ピリ辛大豆ミンチ(100g 270円税込)】

【株式会社 丸越】(愛知県名古屋市)

2016年9月21日に発売したばかりのピリ辛大豆ミンチは、
愛知県名古屋市の漬物の老舗「丸越」が作っています。

「丸越」は漬物の老舗。
そんな歴史ある漬物屋さんの最新のご飯のおとも。

お漬物やさんなので野菜がメーンと思いきや
ねぎ・にら・お肉っぽいそぼろが入っています。

お肉っぽいそぼろとは…大豆。

乾燥した粒状の大豆を、肉っぽい食感にするため
水分量を調節し、みりんで
大豆の臭みを消しているのです。

そのため、大豆を食べているのにお肉のような食感に。

さらにご飯に合うよう唐辛子、黒コショウ、
ゴマラー油でピリ辛に仕上げよくかき混ぜます。
そこへ白ネギとニラでシャキシャキ感をプラスし、
最後にごま油で香りと風味を付けたらできあがり!

【おススメのおいしい食べ方】
ピリ辛大豆ミンチの卵黄のせ。
味がマイルドになりさらにおいしくなります。

そんなピリ辛ミンチにはご飯以外にもおいしい食べ方が。

それは冷奴にのせること。
大豆と大豆なので相性バッチリ!



スポンサードリンク

【がごめまんま】(40g 702円税込)

【有限会社 札幌食品サービス】(北海道札幌市)

『北海道の貴重な昆布がごめがふりかけに!
大自然の味 ネバネバごはんのおとも』

がごめまんまを作っているのは北海道札幌市。

がごめまんまとは、北海道のがごめ昆布と
かつお節を使ったふりかけのこと。

がごめまんまに使われている
がごめ昆布は収穫量が少ない貴重な昆布。

がごめ昆布はあまりにも粘り気が強く食べにくいので、
がごめまんまでは刻んで乾燥させるなど、
食べやすくしています。

味付けをせず、自然の塩味を生かし、
ご飯にそのままふりかけておにぎりにしても
おいしくいただけます。

【おススメのおいしい食べ方】
だし汁にがごめマンマを入れてかきまぜるだけで
とろみたっぷりのお吸い物に!



横山さんが今1番食べたいと選んだのは
「がごめまんま」でした。

まとめ

がごめこんぶについての記事はこちら↓
【サタデープラス】血管若返りにがごめ昆布と山うにとうふ

【あさイチ】がごめ昆布のレシピ!早く戻す方法や使いやすくするスゴ技も

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ