【ジョブチューン】キユーピーマヨネーズの絶品マヨアイスのレシピ!

桜アイスのレシピ

2016年10月1日放送の「ジョブチューン」で
「国民的大ヒット食品のヒミツぶっちゃけ2時間SP」。

ここではキユーピーマヨネーズの絶品マヨレシピを紹介!

スポンサードリンク

キユーピーマヨネーズのぶっちゃけ!

1925年、日本初のマヨネーズとして
誕生したキユーピーマヨネーズ。
今や食卓にはかかせない調味料となり、
サラダ調味料の中で売り上げNo.1!
国内家庭用マヨネーズのシェア6割を占める。

そんな「キユーピーマヨネーズ」の担当者のぶっちゃけ!

キユーピーマヨネーズは出来たてよりも
熟成させたほうがおいしさが増す!

時間が経ったほうが味がなじみ、
うま味成分のアミノ酸も増えるのでおいしさが増す。

製造からすぐに出荷するのですが、
旨み成分が急激に増えるのは2~3週間後。

店頭に並ぶようになるのは2~3週間後なので
購入するときにはおいしくなっています。

※うま味成分表は6か月後までしかなかったので
その後のことはわからないですが、
旨み成分は右肩上がりになっていました。

ただし、うま味成分はどんどん増していくが、
時間が経つと同時に酸化も進むので、
少しずつ風味が変化してしまいます。

なので好みにもよるが、ずっと熟成させれば
いいというわけでないとのことでした。


また、マヨネーズとしては使わない卵白は、
お菓子の材料などとして、
他社の食品メーカーに提供していて、
卵の殻もカルシウム剤や肥料、チョークなどに
利用しているとのこと。

また、最後にきれいに使い切るためには
容器に空気を入れて逆さにしておくしかない。

それから、「キユーピーマヨネーズ」の”ユ”は小さい”ュ”
ではなく大きい”ユ”なのだそうです。

これは創始者が”キユーピー”のほうがデザイン的に
バランスがいいとこだわったからだそうです。

スポンサードリンク





キユーピー社員おすすめのレシピ

【マヨアイスのレシピ】

『材料』

生クリーム→200ml

砂糖→50g

マヨネーズ→大さじ2

バニラエッセンス→少々

『作り方』

1.ボウルに生クリームと砂糖を加えて
6分立てにかき混ぜする。

2.少しずつマヨネーズと
バニラエッセンスを加え
8分立てまでかき混ぜる。

3.②を冷凍庫で冷やせばできあがり!

こんな感じです↓

その他の活用法

その他にもホットケーキの生地に少し入れて混ぜると
ふんわりサクッと焼き上がります。

また、プリンを作る時にプリン液の中に少し入れると
口当たりがなめらかになり、卵の風味が増すそうです



まとめ

この日放送のジョブチューンです↓
【ジョブチューン】マルちゃん焼そばのアレンジレシピ!カルボナーラ風

【ジョブチューン】【ジョブチューン】明治ブルガリアヨーグルトのアレンジレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ