【嵐にしやがれ】新米のご飯のお供デスマッチ!鮭明太や食べるだし醤油など

ふりかけ

2016年10月1日放送の「嵐にしやがれ!」で
「石原さとみ&唐沢寿明参戦!秋のデスマッチ対決 」。

この時期食べたい!
石原さとみと新米&ご飯のお供デスマッチ。

新米と極上のご飯のお供が続々登場!

スポンサードリンク

新米とご飯のお供

新米が100倍おいしくなる、ごはんのお供デスマッチ。

ことしも新米の季節がやってきました。

かつて日本の米といえば、
コシヒカリやあきたこまちなどが有名でしたが、
今やうまい米は全国にたくさんあります。

そこで今回は5つ星お米マイスターが
太鼓判を押す新米を紹介!

匝瑳の舞&鮭明太

五つ星の新米①【千葉県 匝瑳の舞】

『魚が好きな人におすすめ
あっさりしたお米』

大粒であって、もちもち感がある。
食感はしっかりしているが、味わいはさっぱり系。

ということで合わせたいのは魚介です。

食感:弾力がある
味:さっぱり系

【鮭明太 2160円】

博多食材工房 鮭明太 1.8Kg (300g×6個) 特典あり 今、話題の品 博多名物067-618

3か月待ちのごはんのお供。
もともとはお店で出していたものだったが、
ある人のひと言でお取り寄せをスタート!

藤井フミヤさんに
やったほうがいいよって言われたそうです。

まずはシャケをオーブンでこんがり焼き、
しっかりとほぐし、余分な脂を落としたら、
1日冷蔵し、うまみを凝縮。

これに合わせるのは、福岡名物、明太子。
特注の明太子を使っていて
食べたときに食感が出るように粒は大きいものを使用。
3か月待ちもうなずける魔性の組み合わせです。



ふくまる&食べるだし醤油

五つ星の新米②【茨城県 ふくまる】

『モチモチ食感のお米』

ふっくらと丸くて大粒。

基本的にすべての品種は
お米の大きさ1.9mmぐらいというルールがあるが、
このふくまるは、それよりも0.1大きい2mm。

0.1というのは、お米の世界では驚異的な違い。
口に入れれば一粒一粒が存在感を出す、
ふっくらもちもちごはん。

強い粘りがお好みの方におすすめなふくまる。

それにあうのは味が濃い目のごはんのお供。

食感:モチモチ
1粒のサイズが大きい

【食べるだし醤油 500円】

月に1万個売れ、今でも3か月待ち。
ベースとなっているのは、
長野の郷土料理、しょうゆ豆。

しょうゆ豆とは発酵させた大豆を、
生じょうゆに漬け込んだもので、これだけでもおいしいですが、
さらに焼津産の最高級カツオ節を加え、うまみを倍増!



上場コシヒカリ&山形牛の手ほぐしコンビーフ

五つ星の新米④【佐賀県 上場コシヒカリ】

『甘さ際立つお米』

佐賀県の上場というのはすべて棚田。

棚田は平たんな水田に比べ、昼夜の寒暖差が大きくなり、
米にうまみ成分、アミノ酸が浸透しやすい。

食感はもっちりで、甘みの強いお米。

これと相性が抜群のお供はずばりお肉。

食感:もっちり
味:甘みが強い

【山形牛の手ほぐしコンビーフ 1620円】 

究極のコンビーフ。
作っているのは、加藤牛肉店。

使うのは、極上山形牛の肩肉。
ドイツから取り寄せた岩塩をまぶして、
1週間以上塩漬けに。

それを寸胴鍋で煮込んだら、手作業で一本一本ほぐし、
よけいな脂や筋を丁寧に取り除く。

普通のコンビーフは脂で固めて作っていますが、
こちらは脂を徹底的に取り除いて、
本来の山形牛のおいしさを味わえます。
卵黄としょうゆを合わせれば、
ごはん何杯でもいけます。


スポンサードリンク

こいいぶき&もつっ子

五つ星の新米⑤【新潟県 こしいぶき】

『安くておいしいお米』

新潟県というとコシヒカリをイメージしますよね。
その新潟県に隠れた巨大のお米があるのです。

それがコシヒカリよりもさらに弾力が強いこしいぶき。
もっちもちでコシヒカリと同等のうまさがありながら、
1kg660円と格安。
コシヒカリに比べ、4割も安いのです。

食感:もっちり

【もつっ子 1㎏ 1070円】

こしいぶきにかけたいごはんのお供は
群馬県の名店、永井食堂にある。

午前中から長蛇の列、そのお目当ては。
1日に500食を完売するとろとろモツ煮。

使う具材は大きめにカットした豚の小腸と、
群馬県特産、こんにゃくのみ。

味付けは信州と越後のブレンドみそ。

ニンニク、トウガラシ、ゴマ、
さらに牛乳を入れることにより、こくをプラス。
大繁盛のお店を切り盛りするのは。

脂身がないのでらあっさりしていて柔らかい。



一番星&お茶漬け最中

五つ星の新米⑥【茨木県 一番星】

『冷めてもうまいお米』

冷めてもうまい、お握りやお弁当にお勧め。

その名のとおり、関東で一番早く収穫できる品種。

プロのお米屋さんからの評価が抜群に高い一番星。
味は5つの中でも一番あっさりしており、
冷めてもおいしいと評判。

これにぴったりのごはんのお供は、
あっさりしてるお米なので
お茶漬けにしても抜群に合うんです。

食感:あっさり

【お茶漬け最中 1個 324円】

京都に本店を構える辻が花のお茶漬け最中1個324円。

中にはちょうどごはん一杯分のお茶漬けの具材が入っています。

インスタント感をなくして
素材そのものの味を味わってもらうために
生の素材にこだわってます。

実に1年で100万個を売り上げたお取り寄せ界の権威。
梅、タイ、サケなど具材は全部で6種類。
ぱりっとした最中は、
香ばしさと食感にアクセントを加えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ