【バイキングのひるたつ】ケールは栄養豊富でがダイエットに最適!ケールチップス レシピ

ケール

2015年12月17日放送の『バイキングのひるたつ』で最強ダイエット食材といわれるケール」が紹介されました。

アンハサウェイやビヨンセといった海外セレブスターもハマり、近年アメリカでも大ブームとなった緑黄色野菜『ケール』

そんな「ケール」で美しく痩せるダイエットの極意を紹介!

スポンサードリンク

野菜のケールとは?

ケールは地中海原産で、キャベツやブロッコリーと同じ仲間に分類されるアブラナ科の野菜ですが、
医学的にみてもダイエットに適した食材。

そして、抗酸化作用、つまり美肌効に優れた成分も豊富で美しく痩せることができる、まさに野菜の王様。

解説してくれるのは様々な食料に精通した名医 芝大門いまづクリニック院長 今津嘉宏先生です。

日本ではあまりなじみがないのですが、海外ではメジャーな野菜。

日本でも大手スーパーや通信販売で購入可能です。
1袋230円ぐらい。



ケールダイエットの4大ポイント

ケールダイエットの4大ポイント

1.抜群に豊富な栄養素
2.脂肪燃焼を促進
3.血糖値を下げる
4.腸内環境を整える

1~4を1つ1つみていきます。


【抜群に豊富な栄養素】

ケールには痩せやすい体を作る栄養素である食物繊維、ビタミンB6、マグネシウムが豊富に含まれています。

食物繊維は脂質を排出し、ビタミンB6とマグネシウムは体の基礎代謝を向上させるので脂肪が燃えやすくなります。

ケールは同じアブラナ科の野菜(キャベツ・セロリ・レタス )と比べてみると、栄養素が群を抜いて豊富!

そしていろんな栄養素がバランスよくはいっているので、美肌効果も高めてくれます。

【ケールの栄養素比較】
(カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、カリウムは省略しましたが、どの栄養素もケールが一番多いです。)

ケール キャベツ セロリ レタス
食物繊維 3.7 1.8 1.5 1.1
ビタミンB6(mg) 0.16 0.13 0.08 0.05
マグネシウム(mg) 44 14 9 8
βカロテン(μg) 2900 49 44 240


【脂肪燃焼を促進】

ケールを摂取すると褐色脂肪細胞が増加します。

この褐色脂肪細胞とはブラウンであり、脂肪はホワイト(白色脂肪細胞)。

この褐色脂肪細胞は余分な脂肪を燃焼する細胞。

ケールをとると
食物繊維で脂肪を排出し、褐色脂肪細胞で燃焼させるので
ダブル効果でダイエットに最適。



スポンサードリンク


【血糖値を下げる】

ケールを摂取した人と摂取していない人との食後の血糖値の変化を調べたところ、ケールを摂取した人のほうが血糖値の上昇が上がりずらくなったという結果に。

食べものの中にあるエネルギーを体に取り込むとエネルギーは血液の中で血糖になります。

食べて血糖値が上昇すると、膵臓から血糖をコントロールするインスリンという消化ホルモンが分泌され、血液の中からエネルギーを取り出し使うのですが、
糖分を過剰摂取してしまうとエネルギーとして使い切れずに脂肪として貯蓄されてしまいます。

ケールを摂取するとインスリンの分泌をコントロールできるので、血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪がつきにくい体になるとのことです。




【腸内環境を整える】

腸内環境が悪化すると余った栄養素を内臓脂肪として蓄えてしまいます。

しかし、ケールにはデトックス効果があり、余った栄養素を体に蓄えないようにする働きがあります。

ケールのデトックス効果はヨーグルトよりもさらに高いとのことです。



ケールのお店&ケールチップのレシピ

日本に数少ないケールをメインに扱うレストランがあります。

代々木上原駅から徒歩4分の『WE ARE THE FARM』というお店。

自家農園産のケールをバリエーション豊かなケール料理として提供していて、大人気とのこと。

ダイエット芸人「ゆめみがちホンマ」さんと蛭子能収さんがこのお店のケール料理のレポートをしていましたがこれは省略します。

生のケールをミキサーにかけ、ビールとわった「KALE BEER(ケールビア)」が人気あるそうです。

お酒を飲む30分前にケールを摂取すると肝臓の機能がUPし悪酔いしないとのことです。



【ケールチップスの作り方】

家庭でも簡単に出来るケールチップスのレシピ!

(管理栄養士 豊田愛魅さん監修)

ケールチップス

『材料』
生のケール→1束
オリーブオイル→少々
塩→少々

『作り方』
1.生のケールをよく洗い、ケールの葉を一口大にちぎり、クッキングシートの上に並べる。

2.オリーブオイルと塩ふって味付けする。

3.約150~160℃のオーブンで5分ほどカリカリになるまで焼けば出来上がり!

ケール

ケール×オリーブオイルの組み合わせは、さらなる美肌効果で痩せやすい体に!

オリーブオイルをケールと組み合わせる事によってケールのβカロテンが吸収しやすくなるそうです

スタジオのみなさんもおいしい!いける!といって食べていました。

感想

ケールっていうと青汁の中に含まれてるっていうイメージですが、これだけ栄養があるのなら食べないわけにはいかないですね。

ただ、あまり流通していないのが残念ですが、通販で購入もいいかも。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ