【あさイチ】低糖質スイーツで緩やかな糖質制限ダイエット!

超簡単スイーツ

2016年10月11日放送の「あさイチ」の
「女のニュース 食べても太らない?!低糖質スイーツ」

糖質10g以下の低糖質のスイーツが続々と登場。
緩やかな糖質制限の方法も紹介!

スポンサードリンク

低糖質スイーツとは?

食欲の秋、到来!
魅惑のスイーツも
ますますおいしく感じるこの季節。

でも、気になるのは太っちゃうこと。
けれども朗報です。

あるお店のスイーツコーナー。

ずらっと並んでいますが、
注目したいのは、あるスイーツ。

一部のスイーツは糖質を
従来品の半分に抑えた
低糖質のものです。

低糖質とは砂糖や小麦などに含まれる成分
糖質を減らしているということ。

スイーツ1品で糖質10g以下にするのが
目安なんだそうです。

今、そうした糖質10g以下の
低糖質のスイーツが続々と登場しています。

あるスーパーでは昨年の8倍の売上となっていて、
特に40歳以上の女性に売れているとのこと。

でも専門店のケーキはデコレーションもたっぷりで
糖質量が20gを優に超えているものばかり。

低糖質にするのは無理でしょと思いますよね。
でも、ご安心を。

スイーツ専門店の有名パティシエたちも
こぞって低糖質スイーツを開発し
続々と売り出しているんです。

世界的パティシエ辻口博啓さんも
4年前から取り組んでいます。

ちなみに辻口さん自身も
糖質を控えた食事法に切り替えたことで
3か月で、何と8kgの減量に成功したそうです。

しっかりした甘さと味わいを
どうやって出すのか。
その秘密を教えてもらいました。

天然由来の甘味料を使っているそうで、
でんぷんを発酵させて作った
エリスリトールを主に使ったこの甘味料。
血糖値を上げる作用はなんとゼロ。

スポンサードリンク

さらに、小麦粉の代わりに
小麦のふすまという外皮を粉にしたものを使用。

ふすま粉は糖質が小麦粉よりも
ぐっと抑えられるそうです。

そして、高野豆腐の粉。
ふすま粉だけではぱさつくので
これを加えることで
しっとり感を出すことができるのです。

【低糖質スイーツ】



緩やかな糖質制限

さまざまな工夫が詰まったおいしい低糖質スイーツ。

糖尿病の専門医の山田悟さんは
緩やかな糖質制限というのを提唱しています。

【緩やかな糖質制限】
・3食きちんと食べる
・1日の糖質は130g以下
・間食は糖質10g以下

例えば1日の食事

朝ごはん
ごはん1杯(150g)に
含まれる糖質の量はだいたい55g。

なのでごはんを半分にします。
そして、全体の量を糖質20gから40gに抑えます。

ごはんを減らしたということで
一品副菜(だし巻き卵など)増やして
脂質、たんぱく質を補います。

同様にお昼ごはんも晩ごはんも
糖質20gから40gに減らします。

1食40gとすると
全体で120gになります。

1日の糖質は130g以下なので
残りの10gをスイーツ(間食)にまわせます。

今、糖尿病で病院にかかっている人は
主治医と相談してくださいね。



感想

緩やかな糖質制限、ちょっと私には厳しいかな(-_-;)

でも、味もおいしいのだったら低糖質スイーツも
活用したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ