【ヒルナンデス】最強のごはんのお供!鶏皮みそ煮&越前蟹味噌バターなど!アレンジレシピも

免疫力UPにタコキムチ丼

2016年10月12日放送の「ヒルナンデス」の
「詳しく知りたいンデス!」

新米シーズン到来!最強のご飯のお供を
飲食ライター歴20年の滝口智子さんが厳選!

新米をより美味しくする「ご飯の供」肉vs海鮮!

スポンサードリンク

おすすめ新米

【山形県産 つや姫】

奧羽山脈の清流で作られたお米。

日本にわずか7人しかいないダイヤモンド褒賞を受賞した
米職人の遠藤五一さんがつくったお米。

粒の大きさ、ふくよかな香り、味
どれをとってもバランスのいい1級品!


お肉代表のごはんのお供

創業120年「浅草今半」すきやきの佃煮

いわずと知れたすきやきの名店、今半。

そのすきやきを家庭でも味わえるようにと
開発されたのが「すきやきの佃煮」

国産牛を使用し、秘伝の割り下で丁寧に煮込まれた佃煮は
ご飯との相性抜群!

他にも、今半には歯ごたえが人気の「牛肉れんこん」や
お弁当にも入っている「牛肉そぼろ」など
11種類の佃煮があります。

中でも滝口さんの1番のおススメは「牛肉しいたけ」

ちょっと甘めに味付けされた牛肉と
しいたけの旨みがじゅわっとしてたまらない1品!

【すきやきの佃煮 (浅草今半)】




滝口さんおすすめアレンジレシピ!
【炊き込みご飯のレシピ】

『材料』
牛肉しいたけ→1.5袋
米→3合
水→3カップ
昆布茶→大さじ1
しそ 少々

『作り方』
1.米を磨ぎ、炊飯器に米、水、昆布茶をいれて、
牛肉しいたけを入れて炊く。

2.炊き上がったら、さっくり混ぜて、
器に盛り、しその千切りを散らせばできあがり!


1年で20万缶売れる!広島県呉市のソウルフード

広島県呉市の地元居酒屋で必ず頼まれるソウルフードが、
鳥皮を使った「みそだき」

この味を呉市以外にも広めようと缶詰に。

2015年には20万缶を売り上げる大ヒット!

余分な脂を落とすために
鶏皮を余分な脂を落とすため下ゆで。

そして赤みそ、辛みそ、白味噌と3種類のみそをつかって
40分じっくりと煮込みます

するとトロっととろける食感とプルプルとした食感が
やみつきの鶏皮に!

【広島呉名物 鶏皮みそ煮 (ヤマトフーズ)】




滝口さんおすすめアレンジレシピ!
【親子丼風】  
『材料』
鳥皮みそ→1缶
水→ 大さじ2
長ネギ→1/4本
卵→ 2個
青ネギ→少々
ご飯→どんぶり一杯分

『作り方』
1.長ネギは斜め薄切りにする。

2.小鍋に鳥皮みそと水を入れて、あたため、
鳥皮みそがほぐれたら、長ネギをいれる。

3.溶き卵を回し入れ、煮立ったら、蓋をして30秒。

4.どんぶりにご飯を盛り、③をかけて、
小口切りにした青ネギを散らせばできあがり!



スポンサードリンク

海鮮代表のごはんのお供

ご飯に合うの!?越前産ズワイガニをバターに

【越前蟹味噌バター (三玄)】

越前産紅ズワイガニは
甘みが強いのが特徴。

1隻の船でしか漁をしないので、
市場には出回らない貴重なカニ。

そんな紅ズワイガニを、福井県福井市の「ビストロ三玄」が
カニでは珍しいバターにアレンジし、人気になりました。

紅ズワイガニのミソを2日間煮込み、
独自の製法で仕上げたバター。

野菜のディップにするのはもちろん
ホカホカのジャガイモにのせるのも大人気。

もちろんご飯のお供にもバッチリ。

紅ズワイガニの濃厚な旨味が
何層にもわたり口の中に広がります。



意外な組み合わせ!?白エビの塩辛

ご飯に合う定番のイカの塩辛。
しかしイカ以上にご飯に合う塩辛があるといいます。

それは富山湾でとれる「白えび」

やわらかく、とろけるような食感と甘みから
「白い宝石」とも呼ばれています

そんな白エビを米麹の発酵パワーで、
白えびの甘みがより引き出されています

鈴香食品
【白えび塩辛麹仕込み】
※自社販売のみ

おすすめアレンジ料理がシロエビの塩辛パスタ

アンチョビのような感覚で白えびを使用。

滝口さんおすすめアレンジレシピ!
【白エビの塩辛パスタのレシピ】

『材料』
白えびの塩辛→30g
スパゲティ→ 150g
ニンニク→ 2かけ
赤唐辛子→ 1本
オリーブオイル→大さじ4
ブロッコリー→1/3株
玉ねぎ→ 1/4個
しめじ→ 1/2パック
白だし→ 大さじ2

『作り方』
1.玉ねぎは薄切り、しめじは小房、ニンニクは薄切り、
赤唐辛子は小口切りに切る。

2.塩を入れた湯でパスタを茹で、
残り2分でブロッコリーを入れ一緒に茹でる。

3.フライパンにニンニクとオリーブオイルをいれ、
弱火にかけ、ニンニクに色が付いてきたら、赤唐辛子、
白えびの塩辛を飾り用に少し残していれる。

4.玉ねぎ、しめじを炒め、②のパスタをいれて、
白だしをいれて、炒め絡める。

5.器にもって、飾り用に残した白えびを飾ればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ