【世界一受けたい授業】注目の新食材ランキング!もち麦、スピルリナ、ビーツほか

ブロッコリースプラウト

2016年10月15日放送の「世界一受けたい授業」の中の
「栄養士208人にアンケート!今食べてほしい注目の新食材ベスト5」


ビーツ、グレープシードオイル、もち麦、
スピルリナ、ブロッコリースプラウト

スポンサードリンク

今食べてほしい注目の新食材ベスト5!

講師は日本獣医生命科学大学客員教授
栄養士の佐藤秀美さんです。

【5位:ビーツ】

ビーツは地中海沿岸原産の真っ赤な野菜です。
一見カブのように見えますが、ほうれん草の仲間。

値段は握りこぶし程度の大きさ1つ(150g)で100円程度.

最近ビーツの効果として特に注目されているのが”高血圧予防”

ビーツに豊富に含まれる「硝酸塩(しょうさんえん)」
という成分が、体内で一酸化窒素に変わります。
一酸化窒素には血管を広げる作用があるので
、血液の流れがよくなり、
血圧を下げる働きがあります

そこで本当に血圧を下げる効果があるのか実験。

普段から高血圧に悩む40代男性は
この時は血圧が152/99

そこでビーツジュース
(ビーツ→100g、バナナ→1/2本、レモン汁→15cc、水→150cc)
を飲んでもらい1時間後、再び測定すると、
141/93と血圧が下がり大幅に改善されたのです。



【4位:グレープシードオイル】

グレープシードオイルはブドウの種を絞ったオイルで、
オリーブオイルより癖がなく、必須脂肪酸が多い。

ビタミンEが多いとわれるオリーブオイルの
およそ4倍のビタミンEが含まれています。

ビタミンEの強力な抗酸化作用により、
老化の進行を遅らせるなどの効果が期待できます。

飲む量はスプーン1杯程度がベストで、
直接飲むことで老廃物が排出され、お肌にも良い。

先生は栄養素の吸収率が上がるので、
野菜にかけて食べているそうです。

例えばトマトにかけると
リコピンの吸収率がアップします

値段もエキストラバージンオリーブオイルと同じくらいで、
1瓶500mlで約600円程度。



【3位:スピルリナ】

スピルリナはアフリカの湖などに自生する藻の一種。

なんといってもすごいのがタンパク質の含有量。
たんぱく質が多いといわれるささみが100gあたり
27%であるのに対し、スピルリナはなんと70%。

人体では作り出すことの出来ない必須アミノ酸は
9種類あり、スピルリナはそのすべてを含む
スーパーフードなのです。
・トリプトファン・ロイシン・リジン・バリン
・トレオニン・イソロイシン・ヒスチジン
・メチオニン・フェニルアラニン

値段はパウダー500gで約2000円ほどで、
不足しがちな栄養素をバランスよく摂れます。

栄養士さんの声。
スムージーにしたり、
熱に強いのでパンケーキなどの混ぜて焼いてもOK!



【2位:もち麦】

もち麦は大麦の一種で、
最近はスーパーでも手に入ります。

最大の特徴は、数ある植物の中でも
極めて食物繊維が多いこと。

その量は、食物繊維が多いといわれる玄米の約4倍!

白米にもち麦を半分混ぜた5割もち麦ごはん1膳分で、
ごぼう約1本分の食物繊維が摂れるのです。

もち麦の食物繊維は便通を良くする
効果があると言われてます。

その理由は食物繊維の中でも水溶性食物繊維の含有量が
他の食材と比べても圧倒的に多いから。

スポンサードリンク

そのため大腸内で硬い便に水分を与え、
便を柔らかくします。
この働きにより、排便をしやすくするのです

そこで本当にもち麦で便通がよくなるのか、
便秘気味の井上咲楽さんが
1週間、1日3食もち麦を食べたところ、
便秘が解消したのでした。



【1位:ブロッコリースーパースプラウト】

ブロッコリースーパースプラウトはブロッコリーの新芽。

最大の特徴はガンの抑制が期待される成分「スルフォラファン」を
大量に含んでいること。

その量は、これまで多いといわれていた、
成熟したブロッコリーの約20倍にも相当するのです。

1パック200円程度で購入できます。

今年の7月に論文発表されたものでは、
うつ病の予防にもなるといったこともわかってきています。

ブロッコリースーパースプラウトは、
噛むと少しピリ辛味があるのですが、
それがスルフォラファンの健康効果を示す成分。

なのでよく噛んで細胞をすり潰すようにして食べ
酵素を働かせるとよいそうです。

番組では、1位、2位、4位の食材を使用した料理が出されていました。

それは「ブロッコリースーパースプラウトたっぷり
のもち麦リゾットグレープシードオイルがけ」です。

ブロッコリースーパースプラウトはβカロテンが豊富。
グレープシードオイルをかけることによってβカロテンの
吸収率がをアップするとのことです。

知らないと損する新食材

【ワイルドライス】

アメリカ産の新食材。

肌荒れ予防になるビタミンB2は
豊富といわれる玄米の約7倍!

炊くとお米のようにみえますが、
米ではなく”マコモ”という植物の種。

ゆでたワイルドライスをサラダにトッピングすれば
効率的に栄養バランスがアップ!




【チャーガ】

幻のキノコと言われていて、
ロシアや北海道など寒い地域の白樺に寄生しています。

きのこの中でも特に免疫力を高めるβグルカンが
豊富に含まれているので、
生活習慣病の予防に役立ちます

老化やがんの原因となる活性酸素の働きを抑える
抗酸化作用が強い食材で、
強いとされるレモンなどのビタミンCの約2倍。

このままでは食べられないので、
煮出してお茶にして飲むのがベスト。





感想

いろいろな食材がありますね。

もち麦関係の記事↓

もち麦ご飯でダイエットに虻川美穂子が挑戦!デブ菌を減らすレシピも【その原因腸にあり】

【あさチャン】もち麦のレシピ!腸内改善やダイエットに

【ビビット】山下春幸シェフのもち麦ごはんやレシピの紹介!ダイエットにも

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ