【林先生の初耳学】スマホで端の人が太ってみえない撮影写真術!

スマホで写真

2016年10月16日放送の「林先生が驚く初耳学」の中の
「太って写らない写真術」

集合写真でなぜか太って見えてしまう
そんな悩みを改善する太って見えない裏技について紹介!

スポンサードリンク

スマホで集合写真を撮って端の人が太って見えない方法

スマホで記念写真を撮ってもらうと
端っこにいる自分が明らかに太って見える!
なんてことはありませんか?

数多くの雑誌を手掛ける
プロカメラマンの東真子さんによると…。

「最近のスマホは使い方を失敗すると、
端の人がぐっと伸びて太って見えちゃうことがあります。」

特に最新のスマホやデジカメの現象。

それは普通の人間の目が見える範囲よりも
広い範囲が見えるような特殊なレンズ(広角レンズ)
になっているため。

より広い範囲が写る広角レンズは、便利な一面、
近くを写すと外側が伸びてしまう。

そのため、端に写る人は2割ほど太って見えてしまうのです。

相楽樹さんからの出題
「端だと太って見えるのを簡単に克服する方法がある」

林先生、その方法知ってた?
それとも初耳?

林先生
初耳!

写真の端の人が太って見えないためには、
人物とカメラの距離がポイント。

スポンサードリンク

 【レンズの歪みの改善方法】
1.人物とカメラの距離を離す

2.ズーム機能を使って撮影

これだけ!

人物から離れてズーム機能を使えば
広角レンズの歪みを外すことが出来る。

画面の中心から60%の枠内に人物を入れると
歪みの影響を受けないのです。

スマホの場合、ズーム機能で画質が多少荒れますが、
最近の補正アプリなら簡単に美しい仕上がりになるのです。


格安スマホいかがでしょうか?



感想

なるほど!って感じですね。
集合写真ではしっこになった場合は要注意ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ