【この差って何ですか】片頭痛になりやすい人の原因と対処法!

頭痛の女性

2016年10月18日放送の「この差って何ですか」の中の
「偏頭痛になりやすい人となりにくい人の差」が
とりあげられました。

片頭痛の原因は
天気、ニオイ、寝過ぎ、空腹の4つが考えられます。

スポンサードリンク

偏頭痛になりやすい人となりにくい人の差

病気などの異常がないのに突然こめかみあたりが
ズキンズキン痛む片頭痛。

特に女性に多く、男性の4倍、片頭痛になる人が
多いといわれています。

偏頭痛のスペシャリストである
東京女子医科大学の清水俊彦先生によると

その差は…
脳の血管が広がりやすいかどうか

編頭痛が起こる仕組み

脳の血管には神経が巻きついていますが
通常はすき間が空いています。

しかし脳の血管がふくらんでくると
センサーの役目をしている神経が刺激されて
頭が痛くなるのです。

偏頭痛の原因

片頭痛になりやすい人はどのような理由で
血管が広がりやすいのでしょうか?

偏頭痛になりやすい原因はおもに4つ考えられています。

【天気】
天気が良い日は脳の血管に圧力がかかり
縮んだ状態になっています。

したがって神経は刺激されず
痛くはなりません。

しかし、雨の日になると気圧が下がります。
すると脳の血管の圧力が弱まり、
脳の血管が広がってしまい神経を刺激して
頭が痛くなります

スポンサードリンク



【ニオイ】
強い匂いを感じるととてもストレスを感じます。

するとそのニオイで脳が興奮し、血流が増すので、
血管が広がってしまい、頭痛がおこるのです。

香水売り場や喫煙所などで頭が痛くなる人は
ニオイによって片頭痛になっていると考えられます。



【寝すぎ】

普通寝ると脳がリラックスして徐々に血管が広がっていくのですが、
しかし寝すぎることで血管が広がりすぎてしまい
頭痛が起きてしまうのです。



【空腹】
お腹がすいてくると栄養分を摂ろうとして
脳の血管がどんどん広がってきます。

すると神経が刺激されてイライラしてきて
頭痛を引き起こしてしまいます。

なので、お腹が減ってイライラする人は
片頭痛の人が多い。



偏頭痛の改善法

片頭痛が起きた時は「温める」のと「冷やす」のどちらが効果的?

・「冷やす」のが効果的。
偏頭痛が起こると血管が広がっているので
冷たいタオルなどで冷やすことで
血管が縮み、痛みを和らげることができます。

※番組ではタオルで目を覆うようにして
冷やしていました。

「温めると」血管を広げてしまうので
痛みが増してしまう。
「マッサージ」「ストレッチ」も血行がよくなるので逆効果。



感想

私は片頭痛になった時、温めていました。
逆効果だったんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ