【ホンマでっか TV】あがり症・緊張克服方法!ルーティーンや乳製品を食べるなど

2016年10月20日放送の「ホンマでっか!?TV」で
「人間関係を良くするコツ 」

ここでは高嶋政伸さんも悩んでいる
あがり症克服方法について紹介!

スポンサードリンク

高嶋政伸さんの悩み

高嶋政伸さんの悩みは
「あがり症で、緊張がMAXになると
吐きそうになるのをなんとかしたい」という相談。



総合医療・亀井眞樹先生。
緊張のストレスが嘔吐中枢を刺激することで、
緊張すると吐き気を起こすことはあり得る。

また、ノルアドレナリンが過剰分泌されると
急激な体温上昇、吐き気が現れ、
血圧の上昇、動悸、震えの症状になることも
あるとのこと。

さらに極度の緊張で肌のバリア機能が低下して
シミ・シワなどの肌の老化の原因になることも
あるそうです。

また、印象評論家・重太みゆき先生によると
あがり症になる人は3つの共通点があるとのこと。

高嶋政伸さんはすべて持っているが、
さんまさんは全部もっていないそうです。

①相手を尊敬しすぎる

②自意識が強すぎる

③何事にも優劣をつけたがる

あがり症克服方法

印象評論家・重太みゆき先生。
★すごい相手でも畑が違うと割り切って考える

自分とは違う畑と思うと気が楽になり緊張しなくなる。



経済の門倉貴史先生によると
極度のあがり症の人は
日本では300万人以上もいるとのことです。

★すごくHな事を考えると緊張感がほぐれる

「お前の答えはそんなんばっかりや」とさんまさんに
いわれていました。

自分でも実践しているそうです…。

スポンサードリンク



澤口俊之先生。
極度のあがり症を克服するには
心理療法が効果的という研究がある

「本当は植木先生にカウセリングを受けるといいが、
植木先生はないやってんですか。」と溝口先生。

そこで、収録に参加できなかった
植木理恵先生にあがり症の克服法を聞きます。

心理療法・植木先生。
緊張すると体に熱を帯び発熱・発汗等がある
のぼせ型のあがり症に効果的。

★氷水で顔を洗う、手を浸ける

氷水で身体の熱を冷やすことで
心もクールダウンして緊張が和らぐ。

精神的な緊張はあとから付随してとれていく。



生物学の池田清彦先生
★納豆や乳製品を食べる

納豆・乳製品を食べるとリラックス効果のある
セルトニンが分泌されるため、あがり症に効果的。



門倉貴史先生。
★緊張する場面で同じあがり症の人といる

緊張した人同士が接して話したりすると
お互いの緊張がほぐれるという。



武田邦彦先生
★集団で克服を行う機関に通う

あがり症の人が集まる教室に参加。
1人より効果がある

すぐには克服できないが
2~3年で平気になる。



総合医療・亀井眞樹先生
★緊張する場面で集中するように意識する

集中しているときは緊張しない。
緊張の反対はリラックスではなく、集中。

【集中をするために効果的な方法】
★集中できる儀式(ルーティーン)を決める

本番直前にルーティンを組み込むと
集中でき緊張もしなくなる。



印象・重太みゆき先生
★肩周りをよく動かす

肩周りをよく動かすと血流がよくなり集中しやすい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ