【スマステ】コンビニ セブンイレブン・ファミマ・ローソンの人気商品ランキング!

コンビニのセブンイレブン

2016年10月22日放送の「SmaSTATION!!」ことスマステは
コンビニ大手3社の人気商品が丸わかり!
部門別!人気ランキング発表スペシャル2016秋。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの
お弁当やスイーツ、レジ横フード、パスタなど部門別の人気ランキング。

ゲストは石塚英彦さん。

スポンサードリンク

セブンイレブン

現在、店舗数、売り上げともに日本一の、コンビニ業界の雄。

最近、話題のトピックスといえば、味や品質にこだわった
ごちそうをコンセプトとした冷凍食品。

2度焼きしたハンバーグに濃厚ソースを合わせる、デミグラスハンバーグ。
鉄鍋でぱらっとした食感になるまで炒めた、直火炒め炒飯。

コシのある中太麺にチャーシューとメンマが付いた、具付きつけ麺。
食卓の主役となる逸品ぞろい。

【チルドどんぶり部門】

【第3位:特製牛めし 430円】
『秘密は2種の牛肉!1枚1枚に汁がしみたヤミツキ牛めし』

この牛めし、実は2種類の牛肉を使用しているごはんに
合わせたときに、ちょうどマッチするように、
脂身が多い部位と、赤身が多い部位を絶妙に合わせているのです。

人気の秘密。
それは、しゃぶしゃぶのように一枚一枚の肉に、
さっと火を通すこと。

この一手間をかけることで、
肉の食感とうまみを損なうことなく、
ふわっと仕上がるのだといいます。


【第2位:香ばし炒め!10品目の特製中華丼 460円】
『10種の具材で大満足!野菜たっぷり超ヘルシー丼』

たっぷりと野菜を取りたい。
けれども自宅でいちいち何種類もの野菜を
調理するのは、なかなか大変。

そんな思いをしている女性を中心に、大ヒット。
白菜やタマネギなどを高温でさっと炒め、
香りを付けたあとは、
野菜のしゃきしゃき食感をキープしながら、
一皿一皿調理をしていく。

具材は10種類と超豪華。
野菜の量も一皿で100g以上とたっぷり入っていて、
とってもヘルシー。

【第1位:ふわとろ玉子のこだわり親子丼 450円】
『ふわとろの限界に挑戦!卵と玉子が踊る!激売れ親子丼』

人気の秘密。
それは、とろとろとした食感の卵。

調理する際の火入れの温度を絶妙に調整することで、
独特の卵のふんわりとした食感を実現しています。

最後に半熟卵を載せれば完成。

2種類の卵が生み出す食感のハーモニーは、
もはや専門店の味。
リピーター続出の、堂々の1位です。



【スープ部門】
【第3位:とろーりチーズのオニオンスープ 298円】
『香ばしトースト+トろ~りチーズが相棒!濃厚オニオンスープ』

9月に発売早々、人気沸騰。
大鍋でタマネギを炒めて冷ますを繰り返し、
煮詰めていく。

とろとろのチーズは、糸引きがよく、
コクがあるモッツァレラチーズと、
香り豊かなゴーダチーズを7対3の割合で配合。

さらにもう1つ、人気爆発の鍵となったのは、
かりっとトーストされたパンが入っていること。

温めるとスープがしみこむとともに、
とろっと溶けたチーズとからまって、もう絶品。



【第2位:生姜香る鶏肉と野菜の和風スープ 298円】
『ザクザク野菜と鶏肉がたっぷり!生姜香る満足野菜スープ』

たくさんの野菜の食感が楽しめるのが特徴。
食べやすいサイズに切った、ニンジン、タマネギ、
白菜、昆布、シイタケなどを加えて煮込む。

このときにそれぞれの野菜の食感が残るように、
煮込み過ぎないのがポイント。

大麦、大豆など、食べ応えがある具材も
たっぷり入っているので、これ一杯で十分
おなかいっぱいになります。

これだけ食べても141kcalと、
ヘルシーなのもうれしいところ。



【第1位:野菜が摂れる餃子スープ 298円】
『自家製もっちもちギョウザが3個!やさいもたっぷり餃子スープ』

人気の秘密。
それは、手間暇かけて作る特製餃子。

工場内で粉から作る、歯切れよく、
ぷっくりとした厚みの餃子の皮。

豚の塊肉をミンチするところから始めるあん。
なんと工場で一から製造しているのです。

さらに作ってから店頭に並ぶまで冷凍しないので、
餃子のもっちり感、野菜の食感、肉のジューシー感が、
作りたてそのまま味わえます。



【スイーツ部門】
【第3位:イタリア栗のモンブラン270円】
『栗の季節到来…個性派クリームの三重奏!濃厚モンブラン』

個性豊かな3種類のクリーム。
濃厚なマロンペースト。
さっぱりと甘さ控えめのホイップクリーム。
栗のうまみが詰まったモンブランクリーム。

外側から徐々に食べ進めていき、
味の違いを楽しむのがお勧めの食べ方だそうです。

まさに今が旬の絶品スイーツ。


【第2位:たっぷりクリーム至福のロールケーキ 170円】
『今月クリーム増量!バニラカスタードが隠し味の絶品ロールケーキ』

2010年に発売以来、
バージョンアップを続けている大人気スイーツ。

今回はホイップクリームを増量。
このケーキのためだけに特別配合された、
超濃厚なホイップクリームが、
見た目でもわかるくらい、どん!と増量されたのです。

そして人気の秘密。
それは、スポンジとクリームの境目部分。
ここに隠し味として、
バニラカスタードクリームが入っているのです。



【第1位:ふわっとろてぃらみすわらび 120円】
『ふわっとろシリーズ第二弾!わらびもちで包んだティラミス』

https://twitter.com/bero_bero_beee/status/789600200293699588

人気のティラミスを、わらびもちで包んだのが、
ふわっとろてぃらみすわらび。

厳選したぷるっぷるのわらびもちとろーり感が
特徴の濃厚チーズホイップクリーム。

ぷるっ、とろっ、つるんの三位一体感が
これまでに体験したことのない新感覚。



ファミリーマート

今年、ファミデリカと呼ばれる新総菜ブランドがスタート。

食卓にもう一品というときに重宝する、きんぴらごぼう、
ポテトサラダ、やげん軟骨焼きなど、20種類以上。

【お弁当部門】
【第3位:洋食ミックスプレート 498円】
『食べたいおかずが全部入り!オールスター洋食プレート』

オムライス、スパゲティナポリタン、ハンバーグ、
エビフライなど、洋食の定番メニューが全7品。

いろいろ迷ったけど、やっぱり好きなものが全部入った
これにしてしまうというリピーターが多いお弁当です。



【第2位:炙り焼ネギ塩豚カルビ重 398円】
『熱烈ファン多し!ねぎ塩ダレが効いている炙り豚カルビ重』

しょうゆとショウガなどを効かせたタレで下味を付け、
じっくりとオーブンで火を通した豚カルビを、
最後にじか火でさっとあぶり、香ばしい焼き目を付ける。

人気の秘密。
それは塩ダレ。
うまみの強い藻塩を使っており、脂の乗った豚カルビ、
さっぱりとした麦入りごはん、付け合わせのナムル、
すべてを一つにまとめてくれる優れものなのです。



【第1位:やわらか若鶏の唐揚弁当 460円】
『ず~っと大定番!ゴハンが進むジューシーから揚げ5個弁当』

ジューシーで軟らかな若鶏のもも肉はしょうゆ、
ショウガなどでしっかり味付け、油でからっと揚げる。
そんなから揚げが、合計5個。

合わせるごはんは220g。
価格が抑えめなのも人気の理由となっています。



【中華麺部門】
【第3位:野菜ちゃんぽん 498円】
『野菜に魚介に肉!大量の具ともちもち面が彩るちゃんぽん』

こちらに入っているのは、炒め野菜、生キャベツ、
豚肉、エビ、キヌサヤ、キクラゲなど、とにかく具だくさん。

スープもアサリなどの魚介ベースのダシに、
ごま油などを加えた濃厚なもの。

人気の秘密。
それは、大量の具と、濃厚なスープに負けない、
もちもち、つるっとした食感の麺。

北海道産小麦を使った、このちゃんぽん専用に
作られた中太ストレート麺を具材とスープと一緒にすすると、
本格ちゃんぽんの味が、口の中に広がります。



【第2位:味噌ラーメン 520円】
『麺の外側と内側は違う小麦粉で作る?ちょうこだわり味噌ラーメン』

日本人のソウルフード、みそを使ったラーメンがランクイン。

スポンサードリンク

鶏から抽出した白湯スープに、ニンニク、ショウガを
たっぷり加えたコクのあるスープに合わせる麺は、
独特のコシのある食感が楽しめるオリジナル麺。

麺は2種類の小麦粉を使用しています。
外側部分は、北海道産小麦の中力粉を使用して、
もちもちとした食感に。

内側は、グルテンをより多く含む強力粉を使用して、
コシのある、芯を残した食感になるように工夫しているのです。



【第1位:豚骨ラーメン 540円】
『決め手は焦がしニンニク黒マー油!濃厚スープ豚骨ラーメン』

豚骨や背脂などのうまみが抽出された
純白のスープのアクセントとして加えられるのが、
焦がしニンニクの風味豊かな黒マー油。

これを加えることで、
よりこってりとした味わいを実現したのです。

具のチャーシューは、煮込み時間を工夫して、
かみ応えのある食感に仕上げた特製品。

このラインナップに合わせる麺は
歯切れのいいストレート細麺。

スープや具材に負けない、理想の硬さの麺を実現するため、
外国産小麦を使用しています。



【レジ横フード部門】
【第3位:スパイシーチキン 145円】
『お店で揚げたて!粗びき黒コショウが効いたピリ辛チキン』

お店で揚げるので、その場で熱々が食べられると、
人気のフライドチキンシリーズから、
ぴりっと辛いスパイシーチキンがランクイン。

味の決め手は、衣に含まれる粗びきの黒コショウ
口の中にぴりぴりっとした感覚がじんわり漂い、
くせになるおいしさ。


【第2位:ファミマプレミアムチキン 190円】
『香り三段製法が実現した高級感!かぶりつき骨付きチキン』

人気の秘密。
それはスパイスの豊かな香りを
チキンにつける香り三段製法。

鶏肉を揚げる前の工程、漬け込み打ち粉、
衣付けの3段階それぞれで、計12種類のスパイス、
ハーブを使い、味と香りをつけているのです。

豪快にかぶりつけば、複雑な香りとコクが
口いっぱいに広がります。


【第1位:ファミチキ 180円】
『10年前の衝撃は健在!王道の骨なしジューシーチキン』

10年前に発売され、コンビニチキン旋風を巻き起こした、
食べやすい骨なしタイプのフライドチキン。
発売以来、レシピは変えず、その味を守り続けています。

今年はファミチキ発売10周年を記念して、
甘辛味が発売されています。

11月には、だし旨醤油味も登場するそうです。



ローソン

2013年にこれまで親しまれていた
マチのほっとステーションというスローガンを、
マチの健康ステーションに変更。

最近は、カップに入ったチルド飲料の
ジャンルにヒットが生まれています。

【パスタ部門】
【第3位:ウインナーのガーリックトマトソース 498円】
『麺が300g!ウインナーが巨大!大満足トマトパスタ』

ローソンのパスタで人気の大容量シリーズ。
その中でも現在、人気なのがこちら。
パスタの量は300gと、食べ応え抜群。

この量があっても食べ飽きないようにと、
羊の腸で作った大きめのウインナーが2本入っています。

ニンニクが効いたトマトソースと、パスタ、
ウインナーを一気にほおばれば、
あっという間に食べ切っちゃいます。



【第2位:もちもち生パスタカルボナーラ 450円】
『秘密は2種類の太さの生麺!もちとろ半熟卵カルボナーラ』

このカルボナーラ、乾麺ではなく
なんと生パスタを使用しているのです。

生パスタ独特のもちもち食感が出やすいように、
粗めの小麦粉と卵液を配合して、
太めの平打ち麺に仕上げていくのですが、
パスタのこだわりはこれだけではない。

人気の秘密。
それは幅の異なる2種類の麺。
それは、麺を作る工程。
出てくる麺が太め、細めの2種類となっています。

2種類の麺を混ぜ合わせることで、
口に入れたときの食感が複雑になり、
飽きずに食べ進めることができるように
考えられているのです。

麺にからむカルボナーラソースは
3種類のチーズを使用し、
濃厚な味わいに仕上げています。

半熟卵を崩して、パスタにからませて食べれば、
たまりません。


【第1位::やみつきナポリタン 399円】
『直火焼きベーコンが香ばしい…チーズ付き懐かしナポリタン』

https://twitter.com/morimi111/status/784957960325730304

ナポリタン用に特注した太めの麺を、
ケチャップソースと共に超高温で一気に炒めると、
外はかりっ、中はもちっとした食感に仕上がります。

しかし、人気の秘密は、
具材のこのベーコンにもあるとのこと。

ローソンが投入した新兵器、
それがじか火バーナー。
このバーナーでローソンのパスタとしては、
初めてベーコンをじか火で焼くことに
チャレンジしたのです。

厚みたっぷりの本格ベーコンをじか火で焼くことで、
昔ながらの喫茶店のナポリタンのような香ばしさが生まれ、
太めの麺と一緒に食べると、食べ応えもたっぷり。

別添えでチーズも付いているので
途中で味を変えつつ楽しめます。



【レジ横フード部門 】

【第3位:ポテトコロッケ(牛肉入り) 82円】
『北海道産じゃがいもを煮溶かして作る!とろ~りコロッケ』

北海道産の男爵芋を使用した
ほっくほくのコロッケ。

芋を潰して作るのではなく、
ジャガイモとタマネギを自然に煮溶かして作ったタネは、
何も付けなくても自然な甘さが際立つおいしさ。

82円というお手ごろな価格も人気の理由。



【第2位:げんこつコロッケ 135円】
『かぼちゃ衣+特製ソース!ごはんがすすむコツコツ系コロッケ』

コロッケが連続してランクイン。
使用するジャガイモは甘みが強く
ほくほくした食感の北海道産きたあかり。

こちらのゲンコツコロッケは、
あえてジャガイモをごつごつした塊のまま残し、
食べ応えを重視した、夕食のおかずになることを
目指して作られたコロッケなのです。

さらに、衣にも秘密があるという。
人気の秘密。
それは、コロッケの衣にカボチャを混ぜ込んでいること。

ゲンコツコロッケ専用の生パン粉に、
北海道産のカボチャのペーストを混ぜ込むことで、
一口食べると、カボチャの風味やうまみが
ほのかに広がるのです。



【第1位:からあげクン(レギュラー) 216円】
『発売30年!年か塗り上げ320億円のメガヒットからあげ』

30周年を迎えるレジ横フードのパイオニア。
ローソン不動のヒット商品。

一口サイズで手軽に食べられることから、
幅広い層に支持されています。

レギュラー以外にも、チーズ味やスパイシーな、
からあげクンレッドなども人気なうえ、
期間限定で発売される味もあるなど、
そのシリーズ売り上げは年間およそ320億円という
30年間色あせないメガヒット商品です。



【スイーツ部門】
【第3位:ピュアエッグタルト 158円】
『温めてもO.K!北海道の食材にこだわったエッグタルト』

名前のとおり、新鮮な卵、牛乳、小麦粉など、
北海道産の原料にこだわって作られたスイーツ。

外側のさくっとしたパイ生地と、
内側のとろっとした食感のハーモニーは定番のおいしさ。
少し温めてから食べるとよりおいしさが増すそうです。



【第2位:プレミアムロールケーキ 150円】
『衝撃リニューアル!やきめがなくなった看板ロールケーキ』

ローソンスイーツを先頭に立って引っ張り続ける
トップランナー。
そんなプレミアムロールケーキが昨年、
発売以来となる一大リニューアルを実施しました。

まずはクリームをよりすっきりとした味わいにするため、
使用する砂糖を優しい甘みが特徴の、
てんさいで作るビートグラニュー糖に変更。

そして、そのすっきりとした味の生クリームを
包むスポンジにも改良を加え
よりしっとりとしたものにリニューアル。

クリームをよりクリアな味にリニューアルした結果、
スポンジの焼き目の香ばしさが目立つようになってしまった。
それを、なんと最後は手作業で剥がしているのです。

これによって、さらにバランスがよく、
クリームとの一体感が一層楽しめる
ロールケーキに生まれ変わったのです。



【第1位:とろけるティラミス 280円】
『プレミアムなクリームを応用!大人の新食感ティラミス』

人気プレミアムロールケーキを抑えてトップに躍り出たのは、
独特のふわふわ食感!とろけるティラミス280円。

人気の秘密。
このティラミスには、第2位にランクインした
プレミアムロールケーキの生まれ変わった
クリームが使われています。

そこに3種類のチーズを混ぜ合わせたクリームを加えて、
特製ティラミスクリームに。

それを深いりコーヒーの風味豊かなコーヒーシロップに
浸した、ビスキュイ生地と交互に重ねています。
最後にココアパウダーをかければ完成。

発売早々、人気が爆発しています。



以上が、セブンーイレブン、ファミリーマート、
ローソンの、部門別人気ランキングでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ