【林先生の初耳学】林修先生と渡部健のおすすめのお寿司屋!安春計&鯛良

雑穀てまり寿司

2016年10月23日放送の「林先生が驚く初耳学!」は
「最強グルメ学★ライバル渡部と名店勝負」

テレビではあまり言いたくない行きつけのすし店を
林修先生と渡部健さんが紹介!

スポンサードリンク

渡部さんおすすすめのお寿司店!鯛良

渡部さんが足しげく通うのは
六本木に店を構えて7年。

鯛良(たいら)。

3週間寝かせることで味により深みの出た
大間産マグロの赤身・中トロ・大トロの三種盛りをはじめ
食通の渡部さんをうならせるお寿司の数々。

渡部「なんとねこの店、鯛のバッテラがあるんですね。
バッテラって普通、サバじゃないですか。

鯛のバッテラはここでしか食べられない一品。
プラス鯛なので、非常にめでたいので
お土産差し入れとかにも非常に喜ばれますね。」



林先生おすすめのお寿司店 安春計

一方林先生がおすすめるお寿司屋さんは
福岡県の中心街天神から程近くに
位置する薬院にありました。

マンションの1階。
隠れ家のように店を構えるのが
林先生がお忍びで通う安春計(あすけ)。

ミシュランで1つ星を獲得したこちらのお店。

今まであらゆるテレビ番組の取材を
断ってきたそうですが今回林先生ということで
o.kしたそうです。

スポンサードリンク

大政絢「それでは林先生なぜそんなにもお薦めなのか
いろいろとおいしそうな映像がありますので
画に合わせて説明してください。」

クエのお寿司の写真がでます。

林修先生「あっクエが出ましたね。
九州のお寿司のほうが東京に比べると白身が非常に
バリエーションが多くていろんなのが出る。
その中でもこのクエ、アラ代表ですね。」

中トロの写真が出ます。
林修先生「そしてマグロも青森のほうから
すごくいいものをいろんな部位を
出していただけます。」

赤ウニの写真が出ます。
林修先生「出ましたねこれ!これは唐津の赤ウニです。。

こっちのほうにはなかなか来ないウニでして。
しかも食べられるのは10月末まで。

それを過ぎるともう産卵態勢に入って
他の動物に食べられないように苦くなって
身を守るんですよ。

ですからもう本当この10月末。
あのウニ食べると他の
ウニが物足りなくなりますよ。」

林先生行きつけの安春計は
1日6名限定の完全予約制となっています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ