【あさイチ】おすすめグルメ缶詰!黒川勇人のイワシのトマト煮缶詰のレシピ

缶詰

2016年10月27日放送のNHK「あさイチ」で
「グルメ缶詰」がとりあげられました。

缶詰博士こと黒川勇人さんおすすめの缶詰ベスト3と
缶詰を使った絶品”イワシのチーズトマト焼き”のレシピを紹介!

スポンサードリンク

グルメ缶詰が人気!

最近おつみ系の缶詰の売り上げが
とても伸びているんだそうです。

とりわけ300円以上の缶詰が
“グルメ缶詰”として人気。

その理由を缶詰博士こと
黒川勇人さんにお聞きしました。

今は「家飲みブーム」で
同じ時期に”グルメ缶詰”と
呼ばれるものが発売。

お家で1人でのみたいけど、
おつまみはおいしいものが食べたい!という人に
合致したものがメーカから
どんどん出てきているそうです。

おすすめのグルメ缶詰ベスト3!

【第3位:アヒージョ】

ガーリックをきかせたオイルで
魚介類などを煮たスペイン料理。

お値段は300円台とお手ごろなのも魅力です。





【第2位:アカニシガイのヴァンブランソース】

ヴァンブランソースとは
白ワインを煮詰めたソースに
生クリームを足したソースのこと。

口の中でトロンとろけるような一品。
お値段も500円以下。



アカニシガイではないですが↓



【熟成肉のロースト】

フランス産の岩塩を使用のオイル漬け。

口の中に入れた瞬間、
お肉がホロホロと溶けて甘いそうです。

1缶2160円です。

ちょっと違うかもですが↓

KK 缶つま熟成 黒毛和牛 ロースト 3号缶



イワシのチーズトマト焼きの作り方

缶詰を使ったレシピ!

【イワシのチーズトマト焼きのレシピ】

『材料』
イワシのトマト煮缶詰→100g(1缶)

じゃがいも→1個 (小)
たまねぎ→1/4個(小)

粉チーズ→適量
パセリ→適量



スポンサードリンク

『作り方』

1.じゃがいもは皮をむき、
3~4ミリほどにスライスして水にさらす。
たまねぎも繊維方向に薄切りにする。

2.じゃがいもとたまねぎを合わせて耐熱容器に入れ、
ラップをゆるくかけて950Wの電子レンジで
2分温める。

目安は、じゃがいもに竹串が通るくらいまで。

3.②の上に、イワシのトマト煮グルメ缶詰をかける。
汁ごと入れるのがポイント。

4.粉チーズをかけ、

予熱した1300Wのオーブントースターで
焼き色が付くまで、およそ2分焼く。

※イワシには最初から火が通って調理されているので、
表面のチーズが香ばしくフツフツすればo.k.

5.最後に、刻んだパセリをちらせばできあがり!



イワシのトマト煮缶詰↓



高級なグルメ缶詰

今までは比較的値段の安い缶詰が紹介されていましたが、
スタジオでは高級な缶詰も紹介していました。

松阪牛の大和煮、そしてウニ、あわび、フカヒレ
そしてタラバガニの脚の缶詰など。




グルメだけではなくて復興支援の缶詰も作られています。

被災地で作られていて、
中身が被災地で取れた海産物が使われています。

あわびまるごと黄金重茂カレー。
※ネットでは売られていないようです。

缶詰自体が3000円。
中に入っているあわびが岩手産の天然の
2000円のあわびの缶詰とのこと。

ゴロッとまるごと1つ入っているそうです。



ほかにもあります。

こちらは600円台から700円台なので
買い求めやすいです。



感想

高級な缶詰はちょっと手が出ないですが…。

イワシのチーズトマト焼き、おいしそうでした♪
缶詰を使うと簡単でいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ