中島史恵の美の秘訣!水素水に空中ヨガ【バイキング】

ヨガ

2015年12月18日のバイキングで「美の秘訣 包み隠さず教えて下さい!~中島史恵編~」
が放送されました。

元シェイプUPガールズの中島史恵さんは47歳。
とてもそのお年には見えず若々しいです。

その美の秘訣を探りに前園真聖さんとNMB48の山本彩さんがお宅を訪問します。

水素水メーカー&コールドプレスジュース

2人がやってきたのは元シェイプUPガールズ中島史恵さんの自宅。
5年前にレストランを経営するご主人、明さんと結婚。

現在は女優、タレントとして活動中。

家におじゃまするとさっそく目に入ったのはご主人とのラブラブツーショット写真がびっしり。
キスしている写真も多数。

廊下には大量の写真ボードが。

部屋をお邪魔するとご主人の明さんも迎えてくれたのでした。

明さんはレストランのシェフ・経営で、ご主人との出会いが中島さんの食生活を変えたとのこと。

昔は運動はしていたのですが、食生活にはあまり気を配っていなかったそうです。



美の秘訣を調査する為、まずはリビングを調査。

入った瞬間からよい香りがしていたと山本彩。
その理由はアロマキャンドルでした。

そして、さらに発見したのが中島さんが愛用しているというもの。
これはテニスボール2個をテーピングで巻いたもので手作りのマッサージ器

手作りのマッサージ器

これを仙骨に当てると骨盤の歪みをとり、美尻・美脚効果があるとのこと。

実際にはこれを床に置き、仙骨に当てて上に寝転がります。

ボールを動かして、仙骨付近の仙腸関節を刺激するのがポイント


続いてキッチンに潜入。

中島史恵さんが今一番ハマっているアイテは水素水を簡単に作れる水素水メーカー。

中島史恵さんが使っている水素水メーカー↓

水道水を入れるだけで水素水が簡単に作れます。

水素はすぐに抜けてしまうので作ってすぐに飲むのがいいとのことです。

水素水は何がいのか、
酵素栄養学の第一人者 鶴見クリニック理事長の鶴見隆史先生に聞いてみると
「慢性病の原因の殆どは活性酸素。最も凶暴なものがヒドロキシルラジカルで、これをとるのは水素だけとのこと。抗酸化のトップが水素。」

中島さんは水素水を飲むだけではなく、野菜をつけたりするのだとのこと。

野菜を水素水に漬け込んでおくと、農薬もとれるといいます。

水素水の粒子が細かいので細胞の中に浸透し野菜などの酸素が活性化され、野菜が生き返るとのこと。

この野菜を使って毎日作っているのがコールドプレスジュース

コールドプレスジュースは今、新たな定番としてスムージーよりも注目を集める飲み物。

従来のスムージーと異なり、野菜や果物を低速回転のスロージューサーで圧搾して作るジュースで、素材に熱が加わらないため栄養素が壊れにくい。

スポンサードリンク

鶴見隆史先生に聞いてみると
「コールドプレスジュースは最強の力だと思ってる。
酵素はそもそも高熱で破壊しますから。
コールドプレスジュースにすることによって栄養破壊を防げ、抗酸化力を保ち、酵素もイキイキする。いいことづくめです。」



重炭酸湯のバスソルト&お風呂用水素生成器

続いて美の秘訣がつまった部屋に案内されます。

中島さんがビューティールームと名付けた部屋は寝室の奥にあったのです。

その部屋に入ると中島専用のユニットバス。
朝晩、2回2時間位の入浴は欠かさないとのこと。

全身や背中が見れるように合わせ鏡にしてあったり、重炭酸湯のバスソルトなどがあったのです。

重炭酸湯は体を芯から温め血行促進、冷え性、自立神経安定などに効果的とのこと。

そしてお風呂も水素を発生させており血行促進・美肌に効果的とのこと。
中島史恵さんはかかとがきれいになったそうです。

中島史恵さんが使っているお風呂用水素生成器↓

鶴見隆史先生に聞いてみると「水道水は塩素が多く含まれプラスイオンの状態。

プラスイオン状態になっているお風呂を水素を入れることでマイナスイオンになる。

マイナスイオンになることでリポフスチンを消す。」

(リポフスチンとはしみやしわなど肌の劣化やとなる色素のこと)



そして自宅の調査を終えた一行は話題沸騰のとある場所へ。

そこは空中ヨガのスタジオ
布を使って関節や背中に負担をかけずに体幹を鍛える話題のヨガ。

中島史恵さんがプロデュースしているそうです。

さらに隣にはグマヨガスタジオも。

富士山の溶岩席を使い遠赤外線により体を内部から暖め、短時間でしっかり汗をかくことができるそうです。

初回3000円で体験可能 
avfty代官山スタジオ



感想

元シェイプUPガールズの中島史恵さんも水素水飲んでいるんですね。

それにしてもご主人とラブラブのようでうらやましいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ