【得する人損する人】家事えもん流お店の味のおでんとフライド大根のレシピ!

おでん

2016年10月27日に放送された
「あのニュースで得する人損する人」の
坂上忍の『得ワザ?損ワザ?』

家事えもんが煮込まなくてもお店の味になる
簡単得ワザおでん&
冷凍大根で作るフライド大根のレシピを紹介

スポンサードリンク

家事えもん流おでんのレシピ

【家庭のおでんを簡単にお店の味にチェンジする得ワザレシピ】

『材料』

(ダシ)
白だし 150ml
水 1.2リットル
オイスターソース 大さじ3

(具材)
大根(冷凍) 1/3
こんにゃく 1枚
厚揚げ 2枚
ちくわ 4本
スライスベーコン 4枚(1枚25g)
レタス 1/2

(卵)
卵 4個
白だし 150ml

(ダシ粉)
かつおぶし 2パック(5g)
青のり 小さじ2

『作り方』

1.だしをつくる
水に白だしを加える。
分量は商品に記載されている割合でO.Kk
これでおでんのベースは完成。

このままでもおいしいがオイスターソースを入れて
うまみをアップさせる。

※オイスターソースはカキエキスと
かつおダシが入っているためうま味とコクが上がる。

2.具材に味を染み込ませる
大根は輪切りにした後冷凍する。
(およそ8時間)

※普通の大根は細胞の膜がガードしているので
味が染み込みにくいですが、冷凍した大根は
細胞の膜が破れ味が染み込む。

3.こんにゃくは切り込みを入れ
レンジで温め水分を飛ばす。

4.半熟卵を作るには強火で沸騰させた鍋に卵を入れ、
(常温のものは6分、冷蔵庫に入れていたものは6分半)ゆでる。

最後に流水で粗熱をとる。

5. ④の卵の殻をむいて、保存袋に白だしを薄めずに
一緒に入れ、1時間ほど漬け込む

スポンサードリンク

※外部と内部に塩分濃度の差があると
濃度を均等にするために、水分や塩分が移動する浸透圧が起きる。
原液に漬ける事で半熟でも味が染み込む。

6.レタスベーコン巻きをつくる
レタスをベーコンで巻く。
形は爪楊枝などで整える

※レタスをベーコンで巻くと
ベーコンの脂がダシに入ってコクがUPする。

7.静岡おでんの魚粉を作る。
かつお節を500Wのレンジで1分半チンして水分を飛ばし、
密閉袋に入れて細かくつぶす。
最後に青のりを加えたら家事えもん流ダシ粉のできあがり。

※余ったらお弁当の卵焼きに入れてもOKです。

8.おでんは普通3時間ぐらいかかるが、
45分煮て15分置いてつくります。

鍋に味が染みにくい大根を1番初めに入れ、
15分後に他の具材を入れ、
30分煮込む。

9.最後に、⑤の漬け込んだ卵と⑥のベーコン巻を入れ、
15分待ってできあがり!



フライド大根のレシピ

冷凍した大根と焼肉のタレで
サクッ!ジュワ~!なフライド大根を作ります。

『材料』
冷凍大根 150g
片栗粉 大さじ3

(焼肉のタレ)
焼肉のタレ 大さじ2

(ケチャップ)
ケチャップ 大さじ3

(はちみつ)
はちみつ 大さじ3

(コンソメチーズ)
コンソメ(顆粒) 大さじ3
水 100ml
粉チーズ 大さじ2

『作り方』
1.凍大根を、ポテトフライのように細長く切り、
密閉袋に焼肉のタレと一緒に入れて
15分漬ける

2.中の調味料を流してから、
片栗粉を入れ、馴染ませる

3.180度の油で揚げたらできあがり!
(フライパンに2センチほどの油でO.K)

※他のフレーバー(ケチャップ、はちみつ、コンソメチーズ)も
同じように大根と一緒に密閉袋に入れ、
15分漬けこんだら袋から水分を抜き、片栗粉を混ぜて、
油で揚げる


感想

得する人損する人にでてくるレシピはこちらから♪↓
得する人損する人のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ