【この差って何ですか?】傷んでいる髪の毛の見分け方!正しい髪の洗い方・乾かし方

髪の毛の長い女性

2016年11月1日放送の「この差って何ですか?」で
「傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の差」が
とりあげられました。

傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の見分け方や
正しい髪の洗い方・乾かし方も紹介!

スポンサードリンク

傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の差

花王ビューティーケアセンターの
髪の毛のスペシャリスト寺田英治さんが
傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の見分け方を
教えてくれました。

その方法は水に浮かべるだけ。 

傷んでいない髪の毛は水に浮かびますが
傷んでいる髪の毛は水に沈みます。

その理由は
髪の毛にはキューティクルという
薄い油分でコーティングされています。

健康な髪の毛は油分が水を弾き、
水に浮かぶのです。

逆に傷んでいる髪の毛は
キューティクルが剥がれてしまい
油分がなく、水をはじけずに
水に沈んでいくのです。



キューティクルが剥がれない洗い方と乾かし方

【髪の毛を濡らす前のポイント①】
キューティクルというのは髪の毛のまとまりや
ツヤを決める大事な部分。

キューティクルがはがれてしまう多くの原因は摩擦。
濡らす前にクシやブラシで絡まりをほどいておく。

スポンサードリンク

【髪の毛を洗う前のポイント②】
普通はシャンプーをした後に
コンディショナーを使うと思いますが、
正hつ漁を多く使ったり髪の毛が絡んでしまうときは
シャンプーの前にコンディショナーを使います。

コンディショナーは油分で
コーティングして指通りがよくなるので
髪の毛の摩擦を防ぐことができます。

もちろんシャンプーの後にも
もう1度コンディショナーを使ってください。

【髪の毛を乾かす前のポイント③】
髪の毛を乾かすときに
タオルでごしごしふいていませんか?

塗れた髪のキューティクルは非常にデリケートで
摩擦で傷みやすい状態なので、
タオルを髪の毛を包み押すように水分を取ってください。

【髪の毛を乾かすときのポイント④】

ドライヤーを使うと髪の毛が傷むと
思っている人がいますが、それは間違い。

塗れた髪の毛は水分を含み
ふやけているような状態なので
軽い摩擦でもキューティクルがはがれやすいのです。

なのでドライヤーを使って
できるだけ早く乾かしてください。

【髪の毛を乾かすときのポイント⑤】
髪の毛全体を温風で乾かした後
最後の仕上げに冷風を使うことで
開いたキューティクルを引き締めることができるので
髪の毛が傷みにくくなります。


感想

これは知りませんでした。
髪の毛を水に浮かべるだけなので簡単ですね。

早速やってみようと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ