【ヒルナンデス】サクサクのとんかつのレシピ!横山裕の大ヨコヤマクッキング

わらじとんかつ定食

2016年11月3日放送の「ヒルナンデス」の「大ヨコヤマクッキング!」
料理のド素人・関ジャニ∞横山がイチから始めるクッキング!

今回は関ジャニの横山さんが枡谷シェフに
じゃがいもの炊き込みご飯。

寺田心君が茂出木シェフに
きのこのケチャップ炊き込みご飯の作り方を
教えてもらいますが、
その前に横山裕さんのクッキング腕試し。

今回はとんかつを作ります。

スポンサードリンク

横山裕さんのとんかつの作り方

今回の課題はとんかつ。
誰にも教わらずに作ります。

豚ロース肉に筋切りをしたが、
豚肉をたたかなかった。 
-20点。

お肉に塩、こしょうをした。

衣付けは
豚肉に卵をつけ小麦粉をつけ
再び卵をつけていた。

正しくは小麦粉→卵→パン粉の順番
-20点。

油で揚げるとき
180℃で8分かかって揚げていた。
-30点。

横山裕さんの点数は30点!

横山裕さんのとんかつの見た目はおいしそうで、
食べても「おいしい」といっていたのですが、
衣が厚く、かたかったようです。

ABCクッキングスタジオさんのとんかつを食べて横山さんは
「うまい!豚が柔らかいし、豚の味をしっかり感じる」と
いっていました。


ABCクッキングスタジオおすすめのとんかつの作り方


【とんかつのレシピ】

『材料』(1人分)
豚ロース肉→120g   
塩→少々
黒こしょう→少々
小麦粉→約 大さじ1  
卵(溶いたもの)→約1/2個分    
パン粉→約40g

『作り方』
1.揚げ油を温めておく

2.豚肉は脂身と身の間の筋を切り、
包丁の背で裏表を叩く

スポンサードリンク

肉の両面を包丁の背でしっかりと叩くことで
揚げたときに反り返らず、肉の繊維がほぐれてやわらかくなる効果も

塩、コショウで下味を付ける

3.②の肉に小麦粉をまぶし、卵にくぐらせ、
パン粉をふんわりとつける

衣付けの順番は小麦粉→卵→パン粉の順番

※小麦粉は旨味を閉じ込める役割がありますが
水分を吸うとベタベタになってしまうので
卵より先に付ける

片栗粉だとお肉に馴染みにくく
衣が剥がれやすくなってしまう

※卵はくぐらせる程度。
つけ過ぎるところもがはがれやすくなったり
衣に厚みが出てしまう

※パン粉をつけて約3分おくと
衣が馴染みジューシーに揚がる

4.揚げ油が160~170℃になったら
中火で揚げ始め、3分ほど揚げる

※温度が高すぎると
衣がすぐ焦げてしまうので160~170℃で揚げる

※目安は菜箸を入れて細かい泡が出だしたら約160℃

※揚げ時間はお肉が硬くならない程度の約3分。

ちなみに菜箸に微振動が伝われば
肉に火が通った合図。

5.5分ほど余熱で火を通し、
180℃の油で30秒ほど2度揚げすればできあがり!

※2度揚げするとサクサクに。

『作り方のまとめ』
①豚肉はスジを切り、包丁の背で表裏を叩き、
塩・黒こしょうで下味をつけておく。

②豚肉に、小麦粉→卵→パン粉の順に衣をつける。

③170℃の油で約3分、中火で揚げる。

④余熱で5分ほど火を通す。

⑤最後に180℃の油で30秒ほど2度揚げして、
表面をサクサクにする。


まとめ

この日の大ヨコヤマクッキングのレシピ↓

【ヒルナンデス】茂出木直伝のレシピ!きのこの炊き込みご飯!大ヨコヤマクッキング

【ヒルナンデス】枡谷シェフ直伝のレシピ!じゃがいもの炊き込みご飯!大ヨコヤマクッキング

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ