【ヒルナンデス】ライフオーガナイザー宇高有香さんのキッチンアイデア収納術!

収納した部屋

2016年11月1日放送の「ヒルナンデス」の中の
「プロのキッチン覗くンデス!」

ライフオーガナイザーの資格を持つ
宇高有香さんの収納術を紹介!

スポンサードリンク

宇高有香さんとは?

ライフオーガナイザーは、アメリカで誕生した
片付けのプロフェッショナルな資格のこと。

宇高有香さんは、特に狭い空間を
より快適にするスペシャリストで、
現在片づけの依頼は半年待ちという人気ぶり。




片づけのプロの超効率的キッチンに潜入

そんな宇高さんのキッチンは通路幅73cmとやや狭め。
しかしその狭さあえていかし、
一歩も動かなくていい超効率的キッチンを実現。

プロのキッチンアイデアその1
【引き出しは、取り出しやすくするため
あえて横板を付けない】

引き出しの横板をなくすことで、
調味料などを覗き込んで探すことなく、
その場で取り出せるように。

プロのキッチンアイデアその2
【中の見えないファイルボックスに
することで生活感をなくす】

さらにその奥には乾物や、パスタ、コーヒーなどを収納。
しかも引き出し内の収納に使用しているのが、
無印良品のファイルボックス。

中が見えないタイプです。

これに”乾物””パスタ”どなど書いたシールを貼って、
中身がわかるようになっていました。

プロのキッチンアイデアその3
【使用頻度の高い電子レンジは
コンロと同じ高さに収納】

電子レンジも棚の中に収納されていいてコンロの横に。
その下に炊飯器とパンこね機も収納されています。

家電類はコンセントにさしてあるのでそのまま使え
一歩も動く必要なし。

プロのキッチンアイデアその4
【調理道具は使用頻度の高い物だけを収納】

コンロの横にはのやや細めの引き出し。
この使いやすい場所に最もよく使う調理道具を収納。

さらにその下の引き出しには粉末調味料や液体調味料など。
一歩も動かずにすむようになっています。

プロのキッチンアイデアその4
【シンク下の収納は、キャスター付きの棚にするべし】

幅73cmの狭めのキッチンなので、
下にしまってある鍋をいちいちかがんで取り出すのは大変。

そこで、キャスター付きラックに収納することで
自在に出し入れできるようにしています。

また、キャスター付きの収納にすることで
掃除など手入れが簡単に!

このような感じのもの↓

スポンサードリンク

プロのキッチンアイデアその5
【キッチンの通路が狭い分
ゴミ箱など余分な物は一切置かない】

ゴミ箱もシンク下で、
キャスターがついた物でした。

プロのキッチンアイデアその6
【タオルバーにゴミ袋をかけて
ワンアクションでゴミ袋の交換ができる】

ゴミ箱のすぐちかくの扉にタオルバー設置してあり
ゴミ袋がかけられています。

ごみ箱に近いのでワンアクションで
ゴミ袋の交換ができるのです。

【ポリ袋エコホルダータワー】
宇高さんのキッチンには三角コーナーがないのです。

三角コーナーは生活感も出るし、
ほっておくとぬめりもでたりします。

こちらの↓アイテムにポリ袋をかけるだけで
三角コーナーの代わりに。
しかも、使わない時はたためるのでも
収納も場所をとりません。

さらにペットボトルを
乾かしたりもできます。

【プロペラ鍋敷】
累計2万個売れたというプロペラ型鍋敷き。

コンパクトなスティック状にたためるので
引き出しの中でも場所をとらずに収納できます。

プロのキッチンアイデアその7
【ストック用の保存容器は空でも冷蔵庫に置くべし】

宇高さんの冷蔵庫の中には空の保存容器が
たくさん入っていました。

冷蔵用として食材を入れることが多いので、
冷蔵庫を収納場所にしてしまったのだそうです。

冷蔵庫の中に収納する定位置を決めて置けば
外に収納スペースがいらない。
まさに逆転の発想。

プロのキッチンアイデアその8
【高さ6cmのアルミの型に調味料を入れて収納】

高さ6cmは、調味料がちょっとだけ中身が出る大きさ。

完全に隠してしまうと忘れてしまうので
ちょうどいいたかさなのだそう。



感想

ライフオーガナイザーっていう資格、
初めて知りました。

いろいろ工夫されてますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ