【その原因Xにあり】冷え性不眠の解消にソフトボールでお尻のツボ押し

冬

2016年11月4日放送の「その原因、Xにあり!」は
「冷え症で眠れない&下半身太りを解消!」

その中の「冷え症で眠れない」紹介。

50年間冷え症で不眠に悩む山田邦子が実践!

寝る前1日1分のソフトボールで
お尻のツボ押しで驚くべき効果!

スポンサードリンク

冷え性不眠の山田邦子さん

冬のお悩みといえば冷え性。

20代~50代の女性1万人のうち、6割が冷え性と回答。

別の調査では冷え性の女性の7割が、
就寝時に冷えで悩んでいると回答しています。

山田邦子さんも睡眠時の冷え性に悩んでいました。

特に足先が冷え、対策として電気アンカや
電気毛布などを併用しているとのこと。

冷え性が原因で眠れないという
山田邦子さんの睡眠を観察すると、
就寝中に4回も起きていたのです。

理想とされる睡眠の深さの割合も、
起きている時間が3倍以上で
熟睡時間は半分以下だったのです。

足が冷えているとなぜ寝つきが悪い?

 

人は夜になると、日中フル稼働した身体を休めるため
脳や内臓の温度を下げて回復をはかります。

その時、主に手足の末端の血管から
内部の熱を放出しているのです。

そうすることで脳の温度が下がり、
眠りにつことができるのです。

しかし手足が冷えている人は
血管から熱が放出されないため、
脳の温度が下がらず、眠ることができないのです。



多くの人が悩んでいる足が冷えて眠れない原因とは?

北里大学東洋医学総合研究所、
漢方鍼灸治療センター副センター長の
伊藤剛先生によると…。

冷え性不眠の原因、お尻のコリにあり!

お尻には梨状筋(りじょうきん)という筋肉があり
梨状筋が凝り固まってしまうと足が冷えてしまう。

梨状筋とは足を外側に開いたり
姿勢を保つ働きをするインナーマッスル(内側の筋肉)

実は梨状筋は、パソコンやテレビを見るなど
長時間同じ姿勢で座ることで梨状筋がこってしまうのです。



お尻のコリをセルフチェック

【弥勒菩薩(みろくぼさつ)のポーズ】

1.イスに浅めに座る

2.ヒザの上に、もう片方の足をのせる

3.折り曲げたヒザの上に肘をのせ、
5秒間かけてヒザを押し下げる

このときお尻がこっている人は
ヒザが水平以下まで下がりません。

さらにお尻に痛みや突っ張りが出たら要注意です。



なぜ梨状筋がこると冷え性不眠に?

骨盤には「坐骨神経」という神経が通っています。

坐骨神経には、交感神経という
血管の太さをコントロールする神経が通っていて、
梨状筋はその神経に覆いかぶさるように存在しています。

梨状筋が柔らかいと、坐骨神経と触れ合っても
特に問題はないのですが、
長時間同じ姿勢をしていてで梨状筋が凝り固まると、
交感神経を圧迫し刺激してしまう。

スポンサードリンク

そうすると交感神経は血管を締め付け、
その結果、血液の流れが悪くなり、
足先に熱を送ることができず、
体内の熱が放出できず眠れなくなってしまのです。

また、座りっぱなしだけでなく
立ちっぱなしも筋肉を緊張させてしまいます。



ツボを刺激して冷えコリ解消!

【お尻ボールほぐしのやり方】

臀中(でんちゅう)というツボを刺激させます。
臀中は左右のお尻の中心にあります。

目安は、骨盤の下の骨と太ももの付け根の
でっぱりを結んだ線を底辺とし、
正三角形を描いた時の頂点。

【ソフトボールで簡単ツボ押し!】

1.ベッドなどのやわらかい場所に仰向けに寝る

2.両ひざを立て臀中の部分にソフトボールを置く

3.ボールを置いた反対側のお尻を浮かせて、
ボールに体重をかけてツボ「臀中」を刺激する。

4.寝る前に左右の臀中をそれぞれ30秒ずつ押す。

最初は痛くてもずっと刺激していくと
だんだん痛みがなくなっていくとのこと。





実はお尻ボールほぐしだけでは
対策は完ぺきではないそうです。

もし、足先の血流に問題があれば
冷え性不眠は改善されないのです。

そこで、さらに足指ポンプストレッチを行います。

【つま先から血行促進!足指ポンプストレッチ】

1.イスに座り、片足をもう片足の太ももにのせる。

2.のせた足の指先を逆の手の指先で覆うように持ち、
そのまま5秒間ぎゅっと曲げて指をパッと離す。

これを寝る前に左右5回ずつ行う。

血管を一時的に止め、パッと離すことで、
血管が縮まってしまっているのを治そうと
いう物質が出てきます。

その物質によって血管が拡張して
血液が流れるそうです。

1週間後の結果

50年間冷え性に悩む山田邦子さんと一般被験者2人の計3人で、
お尻ボールほぐしと足指ポンプストレッチで
冷え性が改善されるのか検証。

冷え症不眠改善生活のルール
・夜、眠る前に「お尻ボールほぐし」と「足指ストレッチ」を行う
・期間は7日間
・それ以外の生活は普段通りの生活

7日後、山田邦子さんのサーモグラフィーを見てみると、
実験前は足先が冷たすぎて表示できなかったのに対し、
実験後はつま先までしっかりと温まっていました。

また、”起きている”時間が3ポイント減少。
“熟睡”の割合は約1.5倍と、
睡眠の深さも改善されていました。

一般被験者2名も、足の温度が上がり、
睡眠の深さの割合が改善!


まとめ

この日の記事↓
【その原因Xにあり】下半身太り解消に子宮冷えとりエクササイズ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ