【スマステ】外国人が集まる人気スポット!キツネ村、らーめん桜花、マリカー他

行列のラーメン

2016年11月5日放送の「SmaSTATION!!」ことスマステは
「日本人も知らない?
外国人がわざわざ集まる意外な人気スポットを徹底調査!」

スポンサードリンク

外国人がわざわざ集まる意外な人気スポット

【9位:東京都品川区:マリカー】

『カートで公道をドライブ!低アングルから東京観光』




東京都内をカートに乗って爽快観光するマリカー。

公道を走ることができるカートに乗って
観光を楽しむというもの。

人気の理由は、東京をいつもと違うアングルで
観光できること。
観光バスとは違い、視線が低く、
しかもオープンな広い視野で東京が体感できると、
外国人観光客から人気なのです。

コースは4種類あります。
例えば、爆走ベイエリアお台場コースは
品川を出発してレインボーブリッジを渡り、
お台場、東京タワーをおよそ2時間で回るコース。

価格は8000円となっています。

気分を盛り上げるコスチュームは無料で、
レンタルでき、アクションカメラや無線機、
スピーカーなどは有料オプションとして借りることができます。

日本なら普通運転免許、
海外から来た人は国際運転免許などが必要となるので、
事前に準備を。

ちなみにSNSに撮った写真や動画、
コメントなどを投稿すると、料金が安くなるサービスも。

平日の夕方や休日は混み合うため事前予約をお勧めします。


https://twitter.com/rinu_nico/status/792663530956652544


【8位:宮城県白石市:宮城蔵王キツネ村】

『世界的にも貴重!100頭以上のキツネが放し飼い施設』




白石駅から車でおよそ20分。
宮城蔵王キツネ村。

外国人に広まったきっかけは
インターネットに投稿された動画イギリスの新聞サイト、
デイリーメールで取り上げられたり、
人気ユーチューバー、レイチェル&ジュンが撮影した映像は、
200万回も再生されるなど、注目が集まり、
それを見た外国人たちが日本を訪れる目的の一つに
するようになったのです。

しかし、なぜキツネが外国人の間で人気なのか。

昔から童話や絵本にも登場し、
外国人には親近感のあるキツネ。

今年上映されたヒット映画、ズートピアでも
メインキャラクターの一人にキツネが登場していたほど。

しかし、野生のキツネはエキノコックスという
寄生虫に感染している可能性もあり、
触るのも危険。

そのため、キツネが放し飼いにされている施設は、
世界的にも珍しいのです。

こちらの施設にいるキツネは、
すべて人工繁殖させており、その数100頭以上。

キタキツネをはじめ、全身真っ白のホッキョクギツネ、
全身真っ黒のギンギツネなど、
全6種類のキツネが飼育されています。

生まれたときから人間に接しているため、慣れていて、
間近で見たり、写真を撮ったり、餌をあげることもできます。

さらにキツネをひざの上に乗せてだっこする、
だっこ体験も開催しています。




【7位:東京都杉並区:天すけ】

『匠の技「殻投げ」&「箸振り」!絶品とろ玉天丼』



JR高円寺駅から歩いておよそ3分。
外国人も並ぶ東京都杉並区、天すけ。

こちら、1987年創業の天ぷら屋さん。
店内はカウンター席のみで、
ピーク時には、ご覧の行列が出来る人気店。
ランチメニューの中で圧倒的人気を誇るのが、玉子ランチ。

こちら、ごま油とコーン油をブレンドして
あっさりとした仕上がりになるように揚げられた
大ぶりのエビ、野菜、かき揚げなど、
計7種類の天ぷらを頂ける大ボリュームのメニュー。

しかし、外国人に人気の理由はそれだけではない。

人気の秘密は天ぷらと一緒に出される玉子天丼。

ごはんの上にとろっとろの半熟卵の天ぷらが
のっているのですが、これが食べたことのない食感だと
外国人の心を捉えて離さないのです。

この卵天ぷらを作れるのは、
こちらでは店主の栗原さんだけ。

卵を鍋に割り入れると、
後ろを見ずに殻を後ろの殻入れに放り投げ、
あるときは壁にツークッションさせ、
あるときは両手で見事にノールックシュートを
次々に決めていく。

今ではこのパフォーマンスも含めて、
この店の名物になっているが実はこれ、
見せ物として始めたのではなく、
もともとは鍋から目を離さず、
素早く調理するためにやっていたもの。

さらに生卵は衣をつけずに油の中に入れているので
衣をつけた箸の振り具合を、3段階に調節し、
小・中・大の揚げ玉を作り出し、
これを卵にまとわせているのです。

こうすることで複雑な食感が生まれるのだといいます。

あとは半熟の状態に仕上がるように、
絶妙なタイミングを見計らって油から出し、
最後はごはんにのせ、29年間継ぎ足してきた
甘辛い秘伝のタレをたっぷりかければ完成

さくっとした衣を割ると、
とろっと黄身がとろけ出し、
甘辛のタレとの相性は抜群。

こちらのお店、常に混み合っているので、
気になる方は早めに行くことをお勧めします。




【6位:岐阜県高山市:平安楽】

『女将の心配りに感動…口コミサイト1位の中華料理店』




岐阜県高山市は名古屋や長野を起点として、
飛騨高山、北陸を巡るルートは、サムライルートとも呼ばれ、
世界遺産、白川郷の見学もできると、
外国人が日本を巡る新しい観光ルートとして今、人気急上昇中。

高山市を訪れる外国人の数も年々増えているという。

そんな高山駅から歩いておよそ5分。
トリップアドバイザー、
外国人に人気の日本のレストラン2016堂々の1位。

岐阜県高山市、平安楽。
こちらは昭和38年に創業した、老舗の中華料理店。

メニューにもチャーハン、ラーメン、焼きギョーザなど、
いわゆる一般的な中華料理が並んでいるが、
カウンターに座っているのは、ほとんどが外国人。

人気の秘密は、おかみさんの最高のおもてなし。
こちらで接客を担当するのは、おかみの古田直子さん。

外国人のお客さんが来ると。
流ちょうな英語でおもてなし。

食物アレルギーを持つお客さんへの対応もばっちり。

おかみさんはメニューに使われている食材を
熟知しているのはもちろん、
なんと栄養士の資格まで取得しています。

ベジタリアンの方には、
メニューから肉を抜いたりする対応をしてくれるだけでなく、
調味料まで植物性のものを使ってくれるなど、
まさにジャパニーズおもてなしの精神にあふれたお店なのです。




【5位:東京都渋谷区:風呂敷専門店むす美】

『自由な発想で布を使う!500種類そろうふろしき専門店』



こちらは京都の老舗風呂敷メーカーの山田繊維が
原宿にオープンしたショップ。

店内には、オーソドックスなものから、
従来の風呂敷のイメージを覆すようなモダンでカラフルなものまで
500種類以上の風呂敷がそろう専門店ならではの品ぞろえ。

しかし、なぜ風呂敷が外国人に人気なのか。

われわれ日本人には、風呂敷の使い方といえば、
物を包んで運ぶものという固定観念があるが、
外国人にとっては、スカーフに使ったり、
テーブルクロスに使ったりと、
無限の可能性を持った美しい布なのです。

スポンサードリンク

外国ではなかなか見られない独特の色使いやパターン、
古くて新しい日本を感じさせてくれるうえに、
お土産として、軽くてかさばらないと、
外国人の間で人気に火がついたのです。

お店では風呂敷本来の包むという
使い方にもこだわっており、
基本のお弁当の包み方から、
ハンドバッグとしての使い方まで、
丁寧に説明してくれているしおりを無料で置いています。
もちろん、英語版もあります。

さらにお店では、直接、包み方を教わることができるのです。


【4位:東京都武蔵野市:吉祥寺ハモニカ横丁】

『ジブリ美術館にも近い…交通の縁がよい人情横丁!』




吉祥寺駅北口を出てすぐの、細い路地にある商店街。

こちらはもともと終戦後の闇市があった場所で、
飲食店を中心に、100軒ものお店が軒を連ねる様子が、
ハーモニカの吹き口のようなことだったことから、
ハモニカ横丁と呼ばれるようになりました。

しかし、なぜ都心から離れた吉祥寺の小さな横丁に
外国人が集まるのか。

吉祥寺は外国人に人気な三鷹の森ジブリ美術館があるうえ、
ホテルの多い新宿や渋谷からも、電車1本で行け、
さらに羽田空港や成田空港からもバスが出ているなど、
日本に滞在する外国人にとっても意外と行きやすい場所なのです。

そんな吉祥寺でレトロでディープな日本の文化が楽しめると、
外国人の間で口コミが広がっているのが、ハモニカ横丁。

その中でも特ににぎわいを見せるのが、
やきとりてっちゃん。

こちらでは、およそ30種類の焼き鳥が、
目の前でずらりと焼かれ、1本110円からと、
リーズナブルに楽しめます。

焼き鳥の味はもちろんですが、
人気の秘密はオープンな雰囲気。

地元の日本人と気軽に触れ合えて楽しく飲めると、
外国人旅行者に口コミで人気が広まったのです。

ちなみにハモニカ横丁で、静かにお酒を楽しみたいという
外国人に人気なのが、立ち飲み居酒屋ポヨ。

ふらりと1人で飲み食いして帰るという、
渋い外国人も多いそうです。




【3位:東京都新宿区:新宿御苑らーめん桜花】

『きっかけは友人のため…日本で本格ラーメン』




こちらは横浜で行列の出来るつけそば専門店、
めん創桜花の店主が去年の9月、
新たにオープンしたラーメン店。

しかし、このお店、普通のラーメン店ではないのです。

このお店では、イスラム法において食べてもいいとされている
食材(ハラール)を使った料理が出されているのです。

7年ほど前に、マレーシアの友人が日本に来て、
食べられるものが宗教上の理由でなくて、
イスラムについて勉強を始めました

こちらのオーナー、マシュリクさんは、
これをきっかけに、ハラールについて6年間勉強。
それだけではなく、自身もイスラム教徒に。

こうして、イスラム教徒の方にとって、
より安心できるラーメン店が誕生したのです。
さまざまなハラールメニューが並ぶ中、
特に人気なのが、スパイシーハラールラーメン。

タイのうまみが凝縮したスープと
ぴりっと辛いトウガラシが後を引くおいしさ。

イスラム教徒ではない日本人にもファンは多いそうです。






【2位:佐賀県鹿島市:祐徳稲荷神社】

『ドラマ&映画に憧れて…タイ人が佐賀の神社に大集結』




広大な山と有明海に面した自然豊かな町にある
長崎本線、肥前鹿島駅から車でおよそ10分のところにあります。

ほとんどがタイから来た観光客。

こちらは、京都の伏見稲荷大社や、
愛知の豊川稲荷、茨城の笠間稲荷神社などと
並び称される、人気の稲荷神社。

商売繁盛、五穀豊じょうなどを願う人々が
年間300万人も参拝に集うという外国人観光客からも
人気なのだがなぜタイ人が圧倒的に多いのか?

そこには、意外な理由があったのです。

タイの映画やドラマの撮影地になったことで、
一気に知名度がアップしたのです。

2014年にタイで大ヒットした映画、
タイムラインに祐徳稲荷神社が登場すると、
翌年には、なんと佐賀をそのまま舞台にした
恋愛ドラマ、ステイ・サガ、わたしが恋した佐賀が、
全4回にわたり放送されました。

このドラマは、ほぼ全編を佐賀県で撮影しており
タイにおける佐賀県、そして祐徳稲荷神社の人気は
うなぎ登り。

しかし、なぜこの佐賀県の神社が、
タイの映画やドラマのロケ地に選ばれたのか。

その理由は単純で、佐賀県が海外の観光客にもっと訪れてほしいと、
タイの映画会社や映画監督にアピールしたからなのです。

日本政府が外国人観光客を増やす目的で、
2013年にタイやマレーシアから
日本への入国ビザを大幅緩和。

これを受けて佐賀県は時にはタイを訪れて、
直接アピールするなど素早く動いたのです。

そのかいあって、タイの映画や
ドラマ撮影の誘致に成功。

そして映画やドラマを見たタイの人たちが、
こぞって佐賀県、祐徳稲荷神社にやって来たのです。





【1位:島根県安来市:足立美術館】

『13年連続での本1位!まるで絵画のような日本庭園』




安来駅から車でおよそ15分。

日本美術の殿堂、島根県安来市、足立美術館。

こちらは昭和45年に実業家の足立全康によって
創設された美術館日本画、陶芸を中心に、所蔵品は1500点に及び、
中でも近代日本画の巨匠、横山大観の作品は、
国内有数のおよそ120点を所蔵もちろん、
これだけでも十分に訪れる価値はあるのですが、
この美術館には、もう1つ大きな目玉があるのです。

それは、5万坪にも及ぶ広大で美しい日本庭園。

アメリカの日本庭園専門誌、
ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニングの日本庭園ランキングで、
13年連続1位を獲得。

2015年には、外国人入館者数が
年間およそ2万5000人を突破するほど大人気と
なっているのです。

全部で6種類の庭を鑑賞することができるのですが、
庭園も一幅の絵画であるという
足立全康の信念のもとに作られたもの。

例えばこちらの横山大観の名作、白沙青松。

奥に広がる日本庭園を、あたかも山水画のように
鑑賞できるポイントとして、外国人からも大人気なのです。

しかし、この美しい日本庭園を維持するのには、
膨大な労力がかけられているのだそうです。

毎朝、7人の専属の庭師によって、
よけいな落ち葉などを掃除するのはもちろん、
少しだけ飛び出た小さな葉まで、気になる所はすべて徹底して維持、
管理しています。

そのこだわりはすさまじく、庭の奥に見える風景を守るために
山の一部まで購入してしまったのです。

このこだわりによって、いつ来てもクオリティが変わらない
景観を楽しめるのです。




以上が日本人が知らない!
外国人がわざわざ集まる意外な人気スポットランキング
2016秋でした!

ちなみにトップ3に入る前に放送していた
ダイソーで外国人に売れている人気商品トップ10!はこちら↓
【スマステ】ダイソーで外国人に売れている人気商品トップ10!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ