【あさイチ】フリースやセーターを長もちさせる技!洗濯前のひと手間

洋服、セーター、フリース

2016年11月8日放送の「あさイチ」は「スゴ技Q 長もちの極意」

ここではフリースやセーターを
日ごろの簡単ケアで長もちさせる極意を達人が伝授。

スポンサードリンク

フリース&セーターの長もち

大事に着たいフリースやセーター。
主婦の岡井さんもセーターやフリースの傷みに
悩まされています。

お気に入りのセーターには毛玉が、
寝巻きにしているフリースは
気が付くとゴワゴワに。

そこで、達人を訪ねて大阪へ。
半世紀の歴史を持つクリーニング店の
2代目蔵内幸治さんです。

蔵内さんは、長もちを助ける達人。

洋服だけでなくかばんや靴のしみまで取って
新品同様の風合いを取り戻す、すご腕の持ち主です。

フリースを長持ちさせる洗濯前のひと手間

長もちさせるには、
まず着たあとすぐのお手入れが肝心。

フリースをふわふわ長もちさせるための
お洗濯のおすすめの一手間は何でしょうか?

正解はくし。

フリースがゴワゴワになるのは
着ているうちに毛足がぺたっと横倒しに貼りつき
繊維どうしが絡みついて固まることによっておきます。

放置すると、さらに固まってガッチガチになります。

このガチガチをふわふわに戻すには
洗う前にやっぱりくしを使います。

寝ている毛を起こすように縦横、右左、
さまざまな方向からとかします。

くしでとかしただけでふわふわ感がよみがえります。



スポンサードリンク

セーターを着たあとにやっておきたい長もちの技

セーターは帰宅したらまず、
すぐにしまわないでほこりを落とします。

【ポイントその1】
ブラシで全体のほこりをさっと取り除く。
特に襟、袖、首回りを念入りに。

【ポイントその2】
毛玉を取り除く。
100円ショップなどで売っているホコリ取りで
毛玉やホコリを持ち上げて、
クシで毛玉をすくい取るようにとかすと取れます。

それでも取れない場合は
はさみで一つ一つ丁寧に持ち上げながら
切り取っていきます。

【ポイントその3】
そして伸びないようにいすなどにかけて一晩放置。

これだけで、汗などの湿気が飛びカビや
においを抑えられるのです。

【ポイントその4】
続けて着ないでせめて1日は休ませます。

フリース&セーターの洗濯の方法

洗濯にもポイントが。
たたんでネットに入れ
洗濯・すすぎは短時間にします。

フリースは、干す前にも
長もちのポイントがあります。

ふわふわ感を保つには乾燥機に短時間かけるか
ドライヤーで温風を当てるのが蔵内さんのおすすめ。

びっしりと毛玉がついていたあのセーターが
まるで新品に!
ゴワゴワしていたあのフリースも大変身!

【フリースセーターの洗濯のまとめ】
洗濯と脱水はそれぞれ3分以内で。

あらかじめ洗濯する前にくしでとかしておくと
毛が立っているので洗剤が入りやすくなりますので、
短時間でも汚れが落ちます。

脱水は時間をかけてしまうと
せっかくくしでといたら
また固まってしまうので短い時間がいいです。

乾燥は乾燥機なら温める程度でいいとのこと。
ドライヤーなら5分でOK。

しかし乾燥機にかけるのがNGのものであったり
ドライヤーを当てるのが面倒という方には
おすすめのものがあります。

洗濯したあと、干す前に1、2、3、4~10と
10回、結構強めにぱたぱた振ります。
毛と毛の間に空気も入り、
一本一本立ってきます。

そして、しっかりと干すときに形を整えてから
干してあげればしっかりと仕上がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ