ソレダメ!キッチンでキャベツの芯やパイナップルで育てる菜園の方法

春キャベツ

2015年11月11日、テレビ東京放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」の中の「キッチン菜園」

2016年11月12日に再放送していましたので紹介します

キャベツの芯、大根の根元の部分、
パイナップルの芯を水につけると再利用できます。

スポンサードリンク

再利用のキッチン菜園

野菜がおいしくなる季節。

ところが野菜が天候不順などで
高騰しています。

実は手軽においしく楽しめる
ソレマルな方法があるのです。

それはキッチン菜園。

よくパセリやカイワレなど
育てている方いますよね。

しかし家庭で育てられる野菜は
これだけではなかったのです。

【キャベツの芯を再利用】

キャベツの芯を捨てる→ソレダメ!

キャベツの芯はかたいから
捨ててしまいがちですよね。

しかし野菜の栽培にも詳しい料理研究家
鈴木あさみ先生によると
コップを使ってキッチンで芯からキャベツを
育てることができるそうです。

キャベツの芯をコップに入れて水につけて
毎日水を取り替えるだけで、
葉がどんどん伸びてきます。

水のはいったコップに芯をつけるだけ!



スポンサードリンク



【キッチンでキャベツを育てる方法】
コップにキャベツの芯を入れます。
水の量は芯がちょっと浸かる程度です。

毎日水を交換してあげること

2~3日に一度、芯のヌメリを落とすために洗うと
根腐れを起こしません。

本当に育つのか実験してみると
3日目にちっちゃい葉っぱが出てきました。

さらに2週間たつと立派な葉っぱが生えてきます。

ちなみに葉っぱを収穫しないで土に植え替えると、
3~4カ月で普通のキャベツ1玉に成長します。

収穫したらまた芯をコップで育てれば、
エンドレスに何回でも再生できるとのこと。

キャベツのイエナカ菜園


【大根の根元の部分を再利用】

大根も根もと部分を使えば
コップ1つで簡単に育てられます。

コップに大根の根元部分を入れます。
水の量は芯がちょっと浸かる程度です。

実際に育ててみると1日で葉っぱがでてきました。

さらに1週間たつと葉っぱが
10cmほどの大きさに成長。

さらに成長させて育った葉っぱを切って、
ごま油と醤油で炒めるだけで
ごはんのおかずになります。

大根の葉のイエナカ菜園



パイナップルも再利用

実はこの育て方、
ある果物にも使えるといいます。
それはパイナップル。

果実の部分をとり除き芯をむき出しにします。

パイナップルのイエナカ菜園

それを水に浸けると、2週間ほどすると
根が生えてきます。

その後、鉢に植え替えると
2~3年後には実がなるそうです。



感想

大根は知っていたのですが
まさかキャベツの芯から葉っぱがでて
またキャベツができるとはびっくりです。

わたしは1個じゃなくて
半分とかをよく買うんですけど、
半分でもできるのかしら?

1度やってみたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ