【世界一受けたい授業】乾燥を防ぎ美肌になる入浴法!入浴前には緑茶

お風呂入浴剤

2016年11月12日放送の「世界一受けたい授業」で
「冬に増える危険な肌トラブルから身を守る!
美肌を作る正しい入浴法」がとりあげられました。

間違った入浴法や美肌になる入浴法を紹介!

スポンサードリンク

冬に増える肌トラブル

11月。これからの季節に急増する悩みが、かゆみ。
冬は湿度が低く、乾燥肌になりやすい。

なぜなら通常は油分と水分が
肌を守ってくれるのですが、
空気が乾くと減ってしまうからです。

その結果、かゆみやあかぎれなど
さまざまなトラブルを引き起こします。

その大きな原因の1つが以外にもお風呂。

実は間違った入浴を続けるとそのせいで肌が乾燥し、
危険な肌トラブルの原因になることもあるといいます。

そこで美肌を作る正しい入浴法を
東京都市大学の早坂信哉先生に教えていただきます。




間違った入浴法ベスト5

 
5位:全身をゴシゴシ洗う
皮膚の表面にある皮脂膜は
肌のうるおいを体の外に逃がさない
フタのような役割があります。

しかし、タオルなどでゴシゴシ洗うと
皮脂膜が減り、乾燥に繋がります。

特にスネはもともと皮脂膜が薄いので
お湯で流すだけで十分です。

ごしごし洗うとウロコのような足に
なってしまう危険性も。

しっとり肌を目指すなら手のひらで、
こすらずなでるように優しく洗いましょう。



4位:浴室・脱衣所が寒い
せっかくお風呂で体を温めても脱衣所が寒いと
急激な温度変化で肌が刺激を受け、
寒冷じんましんになる危険性も。

脱衣所は暖房器具などで温かくしましょう

またもう1つ重要なのが浴室も暖めること。

お湯をためるときにフタを開けて置き、
蒸気で温めておきましょう。



3位:一番風呂
水道水には殺菌や消毒のために
微量の塩素が含まれています。

肌が乾燥しやすい冬は、
特に塩素が肌を刺激するため肌荒れの原因に。

二番風呂のほうがいいのは
先に入った人のタンパク質や脂質が流れ出て、
それらが塩素と結びつくことによって塩素が減るため。

1人暮らしの人など
一番風呂に入るしかない人は?

塩素を減らすのに効果的なのがビタミンC。
レモン汁をスプーン1杯ほど入れると良いとのこと

またアスコルビン酸を含む入浴剤でもOK
アスコルビン酸はビタミンCのこと。

ちなみにお風呂での歯磨きは、
体が温まっているときに歯を磨くのは
唾液に含まれるホルモンが活発になるので、
美肌につながります



2位:42℃以上の熱いお湯に入る
38℃と42℃のお風呂に入ったあとの
1時間後の肌の水分量を比較したところ、
肌の水分量は42℃では
38℃の半分しかありませんでした。

湯温が高い方が肌が乾燥しやすいのです

スポンサードリンク

どうしても熱い湯に入りたい人は、
炭酸ガスが含まれた入浴剤を入れると
体感温度が2℃ほど高くなるのでおすすめ。



第1位:15分以上の長風呂
冬場は特にNG.

長くお風呂に浸かると肌の角層が大量の水分を吸収し、
膨らんだ状態になります。

バリアの役割をはたしていた油分もなくなるため、
肌の保湿成分が流れ出てしまいます。

長くお風呂に入って手がシワシワになるのは
肌の保湿成分が流れ出ているサインです。



美肌になれる入浴法

早坂信哉先生がオススメするのが手抜き風呂。

ほかの部屋との温度差をなくすため
フタをせずにお湯をはり、
レモン果汁をスプーン1杯、もしくはアスコルビン酸が
含まれた入浴剤入れて塩素を減らす。

体を洗う時は石鹸でフワフワ泡を作り、
手のひらで優しく洗う。

汗をかきやすい顔・胸・わき・お尻・股の5ヵ所のみを洗う。
それ以外はお湯で流すのみでOK。

そしてシャワーは長時間使わない。

シャワーのお湯にも塩素が含まれているので、
お風呂にたまったお湯だけで体を流す。

入浴は40℃で10分、肩までつかるのがおすすめ。

額に汗がじんわり出るくらいを目安に
お風呂から上がります。

肌が乾燥しやすい人は浴室の中で体をふいて、
気になるところに潤いを持たせる化粧水をしみこませ、
服を着る前に保湿クリームを塗るとよいです。

保湿クリームはお風呂上りすぐに塗ることが大切です。



入浴前に飲むとよい飲み物

入浴前に飲むと美肌効果がアップする飲み物は?


緑茶

緑茶に含まれるカテキンには美肌効果があります。

実は緑茶を飲んでからお風呂に入ると
ただ緑茶を飲むだけよりもカテキンが
7倍も多く吸収されることがわかっています。



手抜き風呂の効果は?

乾燥肌に悩む藤田さん。
特に気になるのは腕や頬。

水分量を測定すると
腕の水分量の理想は60以上ですが、藤田さんは38。
頬の油分の理想は70以上ですが、藤田さんはたったの11。
かなりの乾燥肌です。

そこで2週間、早坂信哉先生がおすすめの
手抜き風呂を試したところ、
腕の水分量が38→70と約2倍に増加、

頬の油分は11→90と
約9倍に増加したのでした!

入浴法を変えただけで
肌にこんなにも違いが出たのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ