【スゴ腕の専門外来】肩こり改善法!ペンギン体操・イルカ体操のやり方

肩こり

2016年11月15日放送の「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP(7)」

神戸克明先生の肩こり改善法
ペンギン体操・イルカ体操のやり方を紹介!

スポンサードリンク

肩こり改善法

東京女子医科大学 東医療センター
の肩関節外来。
創設者は成形外科医の神戸克明先生。

肩関節外来は
ひどい肩こりや50肩など
日常生活に支障をきたす肩の痛みに
特化して治療しているそうです。

肩こりは3つのタイプに分けられるそうです。

そして、それぞれにあった治療法を
行うことが大事とのこと。

タイプ別肩こり改善法を伝授!

扉タイプ改善法:ペンギン体操

1.握りこぶしを腰に当てる
2.肘を後ろに3秒間

これをやると開いている肩甲骨が
戻ってきます。
朝昼晩10回ずつが目安。

肩こりのタイプ判別法:お辞儀タイプ

両手を横に広げ、
片方の足を90度まで上げ10秒間保つ

揺れたりよろけたら異常あり。
揺れた方はお辞儀タイプ。

どちらかの肩甲骨が前に傾いています。

同じ肩にカバンをかけている状態の人がなりやすい。

スポンサードリンク

お辞儀タイプの改善法:イルカ体操

1.手を合わせまっすぐあげる
2.腰を傾け5秒間保つ
3.戻して右に傾け5秒間保つ

朝昼晩、左右5回ずつが目安。


肩こりのタイプ:ハの字タイプ

1.両肘を直角に曲げ
2.腕を外側に開ていく

45度開かない人は
これが最も重症な肩こりのハの字タイプです。

肩関節自体に異常があり、
効果的な改善体操もないとのこと。

ある女性はハの字タイプの肩こりでした。
右腕がまったく開かない。

病院に行き薬やヒアルロン酸の注射の治療をしたり
してもらいましたが、
全然効果はなかったそうです。

MRIを診た結果、フローズンショルダー(凍結肩)でした。
日本では50肩と呼ばれる症状で
上腕骨が動かない状態になっています。

腕は上腕骨という部分を動かすことで動きます。
しかし筋肉への過度な負担や加齢などが原因で
上腕骨の筋肉が炎症を起こしてしまう。

するとその炎症によって骨と筋肉が癒着してしまい
上腕骨が凍ったように動かなくなってしう。
これがローズンショルダー(凍結肩)

このような場合は
肩の内視鏡の手術をする必要があります。
これは最終手段です。

手術の様子です。
この女性に内視鏡が差し込まれ見てみると
上腕二頭筋の長頭腱という部分が
くっついて癒着していました。

これが痛みの原因となっています。
これそ電気メスではがしていく。
4mmの幅の中でこの作業をおこなっています。

さらに加齢などによって骨が変形してできた突起の
骨棘をシェーバーで除去しました。

この内視鏡手術は2泊3日の入院で治療が可能。
1か月後、この女性のもとを訪れると肩の痛みが
劇的に改善していたのでした。


この日放送の便秘解消の記事はこちら↓
【スゴ腕の専門外来】ねじれ腸でも快便になるサワサワマッサージのやり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ