【スゴ腕の専門外来】ねじれ腸でも快便になるサワサワマッサージのやり方!

便秘、トイレ、女性

2016年11月15日放送の「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP(7)」

水上健先生のねじれ腸による便秘解消の
サワサワマッサージをのやり方を紹介!

スポンサードリンク

便秘の原因はねじれ腸が多い

横須賀市の久里浜医療センターの便秘外来は
年間3000人以上来院し、予約は3ヶ月待ち。

そこの名医が水上健先生。

長年頑固な便秘に悩む3人の女性の診察に密着。
まず問診の前にレントゲン撮影し、問診スタート。

1人目の女性はS状結腸という腸の下側のねじれが原因。
腸がねじれていることにより
便が通りにくく痛みを伴うことが多い。

また同じ場所で便が詰まるため、
腸壁が伸びきってしまい、
中には腸が通常の3倍の長さに伸びてしまう人も。

しかし、ほかの2人はさらにひどいねじれ腸だったのです。

下剤を毎日飲んでいる女性は、S状結腸のねじれとともに
腸が伸び切ってほとんど動かなくなっていました。

そしてもっとも症状が重かったのが
一週間便が出ないことはざらという山崎さん。

S状結腸のねじれと落下腸。
落下腸とは、立ち上がった時に腸が固定されておらず
全体的に骨盤の辺りに腸がすとんと落ちている状態。

腸の形は遺伝的な事が多く形を変えることはなかなか
難しい。

ねじれ腸が原因の便秘は
どうやって解消したらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

そこで水上健先生は1分間のマッサージを指導。

2週間後、訪ねてみると山崎さんは2~3日に1回、
出るようになったそうです。
便秘が改善されていのでした。



腸のスペシャリスト水上健先生がスタジオに登場。

先生によると、日本人の約8割はねじれ腸ですが、
日頃からスポーツをしている人にはあまり便秘の人はいない。

つまり、ねじれ腸でかつ、スポーツをしない人は
便秘になりやすいとのことです。


ねじれ腸でも快便になるサワサワマッサージ

【ねじれ腸でも快便になるサワサワマッサージ】

1.恥骨辺りを上下にサワサワする

2.恥骨の中にある腸を揺らして
ほぐすようなイメージで
1分ほど行います。

仰向けでやった方が効果的。

朝起き上がる前にやると効率的。

お腹の力を抜くためにひざをたてて
サワサワマッサージをするとよいそうです。


まとめ

これだけでいいの?って感じですね。

1分でいいとのことなので
私もやってみようと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ