おびゴハン「がんもバーガー&トマトミルクスープ」by柳澤英子

すき焼きライスバーガーのレシピ

2016年11月15日放送のTBS「おびゴハン」

作りおきダイエットで話題の
料理研究家 柳澤英子先生のレシピ。

『低糖質なのにボリューミー!がんもバーガー』&
『濃厚!トマトミルクスープ』のレシピを紹介!

スポンサードリンク

低糖質なのにボリューミー!がんもバーガーの作り方

低糖質でボリュームがあるので
ダイエットにぴったり!

【がんもバーガーのレシピ】

『がんもバーガーの材料』(2人分)
がんもどき→2個

牛ひき肉→160g
ピザ用チーズ→60g

(目玉焼き)
卵→2個
塩、こしょう→少々
サラダ油→大さじ1/2

(ソース)
トマトケチャップ→大さじ1
マヨネーズ→大さじ1
塩、こしょう→少々

『がんもバーガーの作り方』

1.がんもどきを横半分に切り、
切り口を上にしてトースターで約10分焼く

2.フライパンにサラダ油をひき、中火にかける。
卵を割り入れて、目玉焼きを作り、塩、コショウをふる。

3.牛ひき肉に塩、コショウをして粘りが出るまで混ぜる。

※つなぎを足さなくても肉が崩れない下ごしらえの方法は
よく混ぜること。
塩がたんぱく質を分解し肉に粘りが出て肉を崩れにくくする

4.③を2等分してお肉を叩きつけ空気を抜き、
手にサラダ油を少しつけて平たい円盤型に丸めていく。

空いたフライパンに
並べ入れて中火にかける。

※60℃ぐらいから焼いていくと
柔らかくジューシーな焼きあがりに

フライ返しで押しつけながら焼き、
焼き目が付いてきたら裏返す。

5.④を2~3分ほど焼き、チーズをのせてフタをする。
チーズが溶けたら取り出す。

6.ソースの材料を混ぜてソースを作る

7.①のがんもにレタス、ハンバーグをのせ、ソースをかけ、
目玉焼きを乗せ、もう一枚のがんもではさめばできあがり!

フライパンに残ったパリパリになったチーズも添えます。



スポンサードリンク



濃厚!トマトミルクスープの作り方

【トマトミルクスープのレシピ】

『材料』(2人分)
じゃがいも→1個

ニンジン→1/2本

玉ねぎ→1/2個

トマトジュース(無塩)→200ml

牛乳→100ml

水→50ml

顆粒コンソメ→小さじ1

ドライパセリ→少々

『作り方』

1.じゃがいもは1~2cm角に
にんじんは1cm角、玉ねぎは1~2cm角に切る。

2.①を鍋に入れ
トマトジュース、水を入れて弱めの中火にかける。

3.ふつふつと沸いてきたら
顆粒コンソメを加えて混ぜて

蓋をして5分煮込む。

4.牛乳を加えて混ぜます。

5.温まったら塩、こしょうで味を調えて
器に盛ってドライパセリを振ればできあがり!

※トマトジュースの方が生のトマトより多く含む栄養分はリコピン。
トマトは加熱するとリコピンが増えるので、加熱処理されたトマトジュースは
生のトマトより3.8倍のリコピンを含みます。

しかし、ビタミンCや食物繊維は加熱することで減少するので、
生のトマトの方が多く含みます。



まとめ

おびゴハンの柳澤英子さんのレシピ一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ