【あさイチ】「ケール」のレシピ!3シェフNEOのうまみ鍋、焼き餃子、パンチェッタ

ケール

2016年11月15日放送の「あさイチ」は
夢の3シェフNEO「ケール」

大人気スーパーフードシリーズ
「ケール」。

ケールは栄養素が豊富なため
“野菜の王様”と呼ばれています。

そんなケールを使った
橋本幹造シェフ、井桁良樹シェフ、
マリオ・フリットリシェフのレシピを紹介!

うまみ鍋・焼き餃子・パンチェッタのリゾット

スポンサードリンク

ケールの豊富な栄養と健康効果

スーパーフード「ケール」。
レタスの3倍の食物繊維
トマトの5倍のβ-カロテン
牛乳の2倍のカルシウムなど
豊富な栄養素。

ケールには肥満抑制の効果もあることが
ラットを使った実験などにより分かっています。
血液中の脂肪を減らすことで
心筋梗塞など生活習慣病の予防も期待できます。

およそ2ヵ月ケールを食べ続けることで
中性脂肪が半減するとのこと。

ケールの効果を最大限に発揮させるには
茹でたり軽く炒めるなど加熱するといい。

60~70℃で10分以内が最適。
オーブンで焼くなど高温での調理(100℃3分以上)はNGで、
逆に効果が薄れてしまう。



【ケールのうまみ鍋のレシピ】

橋本幹造シェフ(日本料理)のレシピ

ケールのうまみ鍋

『材料』
ケール→200g
水→300ml
ねぎ→1本
しょうが→20g
しめじ→1パック
油揚げ→1枚
乾燥わかめ→→7g
豚バラ肉→200g

(A)
酒→20ml
薄口しょうゆ→20ml
みりん→20ml

『作り方』

1.ケールは、葉と軸に切り分ける。
軸は斜め切り、葉は8等分に切る。

2.ねぎは、斜め切りする。

3.しょうがは、薄切りにする。

4.わかめは、水でもどし、
食べやすい大きさに切る。

5.しめじは、石づきを除き、
小房に分ける。

6.油揚げは、ペーパータオルで油を拭き取り、
5ミリ幅に切る。

7.豚バラ肉は、長さ7センチに切る。

8.鍋に水300ml入れ、ケールの軸、ねぎ、しめじ、
わかめ、しょうが、油揚げ、豚バラ肉を入れてから火をつけ、
沸騰するまで中火で煮る

9.(A)の調味料を加えたら、ケールの葉っぱを
蓋するように入れ、葉がしんなりするまで
煮たらケールのうまみ鍋のできあがり!

このままだと
ケールしか見えないのでケールを隅に寄せます。

※好みで白こしょうをかけていただきます



スポンサードリンク

【ケールたっぷり焼き餃子のレシピ】

井桁良樹シェフ(中国料理)のレシピ

『材料』
(A)
ケール→200g
塩→小さじ1
たまねぎ→100g
豚ひき肉→120g

(B)
塩小さじ→1/2
こしょう→少々
しょうゆ→小さじ2
砂糖→小さじ1
紹興酒→小さじ2
しょうが(みじん切り)→小さじ1

(C)
鶏ガラスープ→80ml
サラダ油→大さじ1
ごま油→小さじ1
かたくり粉→小さじ1
ギョーザの皮(市販・大判)→20枚
サラダ油→小さじ2

『作り方』
あんづくり
1.たまねぎは、みじん切りにする。

2.ケールは、5ミリ角に切り、塩(小さじ1)を入れ、
5分置いたあと、汁が出てくるまでもむ。
その後、水洗いし、ざるにあげ、しっかり水けを切る。

※ケールはみじん切りより少し粗めに刻む

塩もみすることでえぐみを取る

3.豚ひき肉に(B)の調味量としょうがを入れ、
よくねる。

4.③に(C)のスープと調味料を入れ、
全体が白くなり、ひとかたまりになるまで、一定方向にねる。
※少しゆるいが大丈夫(ケールが水分がないので)

5.④に、①のたまねぎ、②のケールをいれて、
混ぜ合わせる。
※ラップフィルムをかぶせ
冷蔵庫で15分ほど寝かせる。

6.ギョーザの皮のふちの半分に水をつけてぬらす。

7.皮を手のひらにのせて、20等分したあんをのせ、
ひだを寄せるようにして包む。
これを20コ作る。

8.フッ素樹脂加工の冷たいフライパンに⑦の半量を、
間隔をあけて円形に並べ、強火で約2分半ほど焼く。

9.底にうっすら色がついたら、湯(分量外)を
ギョーザの半分の高さまで入れ、
ふたをして約4分半ほど蒸し焼きにする。

10.湯を捨て、サラダ油(小さじ2)を回し入れ、
中火で約2分、焼き色がつくまで焼くいたら、
お皿に盛り付けできあがり!



【ケールとパンチェッタのリゾットのレシピ】

マリオ・フリットリシェフ(イタリアン料理)のレシピ。

『材料』
ケール→100g

(A)
たまねぎ→1/8
バター20g
エキストラバージンオリーブ油10ml
米100g
白ワイン30ml
チキンブイヨン320mlから400ml
パンチェッタ30
鶏むね肉(皮なし)30g
バター20g
パルメザンチーズ30g
塩適量
こしょう適量

(もりつけ)
黒こしょう適量
パルメザンチーズ適量

『作り方』

1.ケールは、軸を除き、
葉を1センチ5ミリ角に切る。

2.たまねぎはみじん切りにし、
パンチェッタと鶏むね肉は5ミリ角に切る。

3.冷たいフライパンにパンチェッタを入れ、
中火で脂が出るまで炒める。

4.③のフライパンに鶏むね肉を入れ、
肉の色が変わるまで炒める。

5.冷たい鍋にバター(20g)、
エキストラバージンオリーブ油(10ml)、
たまねぎを入れる。
中火で約1分半、弱火で約1分
たまねぎが透き通るまで炒める。

6.⑤の鍋に米を加え、
米が白っぽくなるまで炒める。

※お米は洗わない

7.⑤の鍋に白ワインを加えて中火にし、
アルコール分を飛ばす。

8.⑦の鍋にチキンブイヨン(100ml)を入れ、
中火にかけ5分ほど煮る。
ヘラで鍋底に筋がかけるようになったら、
チキンブイヨンを100ml足し、煮る。
これを2回繰り返す。

3回に分けて入れることで
絶妙なアルデンテに!

※米に粘りを出さないため、
あまり混ぜすぎない。

9.⑧の鍋に④の炒めたパンチェッタと鶏むね肉、
ケールを加える。
軽く混ぜながらケールがしんなりするまで煮る。

⑩好みの硬さになったら火を止める。
※硬いようならチキンブイヨンを足して煮る。

⑪バター(20g)とパルメザンチーズ(30g)を加え、
素早く混ぜ、塩、こしょうを加える。器に盛り、
パルメザンチーズ、黒こしょうをふればできあがり!

 冷たいバターを手早く混ぜることで分離せず、クリーミーに

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ