正月太り対策はお雑煮・お餅・おせちの食べ方にあった!GI値も【バイキング】

お雑煮

2015年12日22日放送のフジテレビ バイキングひるたつのコーナー」で、『正月太りはコレで撃退!名医が教える 太りにくいお雑煮・お餅・おせちマル秘食事法』を紹介していました。

お正月ぐらいはお雑煮やおせちを食べてゆったり過ごしたいところですが、気になるのは正月太り。

ある調査によると、 4人に3人が正月太りを経験
平均2.2㎏も体重が増えているというデータも。

同じ食べ物でも “食べ方” を変えるだけで太りにくくなる!?

今回は著書が発行部数20万部を突破した食べ合わせ研究の権威・白澤卓二先生が正月太りを防ぐ食べ方を伝授します。

おもちの食べ方!GI値とは?

日本ファンクショナルダイエット協会の白澤卓二先生が正月太りを防ぐ食べ方を紹介。

太りにくいお雑煮の調理法はどっち?

A.餅が固めのお雑煮
B.柔らかくなるまで煮込んだお雑煮



答え A(餅が固めのお雑煮)

お餅は糖質の多い食品なので、柔らかくなるまで煮込んでしまうと消化吸収のスピードが速くなり、血糖値が急激に上がってしまう。

血糖値が急激に上がるとインスリンというホルモンが出てきて、血糖を下げるホルモンであると同時に脂肪細胞に働くと栄養を入れて太ってしまう、ということがおきて、太りやすくなります。

食後血糖値の上昇度は数値化されていて、それがGI値。

ダイエットの時はカロリーよりも食後血糖値の上昇度を示すGI値の方が重要。

なので、高カロリーでもGI値が低ければ太らない。
逆に低カロリーでもGI値が高い食材を食べると太りやすい。

グルコースを100にしてどの程度血糖が上がるかを数値化してみると

低GI食品(55以下)⇒えのき茸(29)・いくら(45)
中GI食品(55~70)⇒かぼちゃ(65)・そば(59)
高GI食品(70以上)⇒ニンジン(80)・白米(84)

など。

お餅は81なので高GI食品なので食べ方を工夫する必要があります。

焼くことによってGI値が変動することはないが、柔らかくなることで吸収のスピードが速くなるため、インスリンが多く分泌するようになります。

ただ、GI値はカロリーと違って表示されていません。
メモして冷蔵庫に貼っておくとよいとのことです。

スポンサードリンク

太りにくいお雑煮の調理法・おもちの食べ方

【太りにくいお雑煮の調理法】

『とろろを入れる』
「とろろ」を入れると、ネバネバ成分が糖質を包んで、消化吸収を抑え、血糖値の上がりがゆるやかになり、太りにくくなります。

その他ネバネバ食材も同じような効果があるのでのオクラ・メカブ・ナメコなどもを入れてもOKです。

また、お雑煮の具材はカブ・鶏もも肉・ネギをいれてもいいです。

『カブ』 
カブには食物繊維がたくさん入っていて、血糖値を抑える。

『鶏もも肉』
カロリーはありますが、GI値が低い。

『ネギ』 
炭水化物の代謝を高める。

このような具材を入れることによって高GIから低GIのお雑煮にすることができます。

また、お雑煮を食べるタイミングは、昼時に近い遅めの時間帯がよいとのことです。



【正月太りを防ぐお餅の食べ方】
焼きもちも食べると思いますが、定番はきな粉、あんこ、海苔(磯辺焼き)、大根おろしですね。

このなかでも太りやすい組み合わせと太りにくい組み合わせがあります。

太りやすい⇒きな粉、あんこ
お餅は高GI食品できなもあんこも高GI食品ですので、高GI同士なので太りやすい。

太りにくい⇒海苔、大根おろし
海苔や大根おろしは含まれてる食物繊がは血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。

小林麻耶は餅に納豆をのせてエゴマ油をかけて食べるそうです。
納豆はネバネ食材のため糖質の吸収を緩やかにするのでおすすめとのこと!

正月太りを防ぐおせちの食べ方し

おせちも太りにくい食べ順があります。

A:竹の子煮、しいたけの含め煮、なます⇒(食物繊維が豊富)
B:さわらの西京焼き、八幡巻き、数の子⇒(タンパク質が豊富)
C:栗きんとん、黒豆、伊達巻き⇒(糖質が豊富)

A、B、Cの順番に食べるのがおすすめ。

そしてこの9品の中に、血糖値の上昇を抑えてくれる調味料を使った料理があります。

それは



なますの酢

お酢には酢酸という成分があり、糖質吸収を抑えてくれます。
さらにお酢のクエン酸が代謝の活性化をして血糖を落としてくれるのです。

ニンジンは高GI食材ですが、お酢が入っていることでなますは低GI食品になります。

お酢は消化管の中にとどまってくれるので、飲んでもよいのですが、吸収素材という意味では調味料として使うほうが効果が高いとのこと。

高GIを食べる前にお酢を使ったお料理を食べておくと、高GI食材を使った料理をそのあとで食べても低GI化できるとのことです。



感想

餅が固めのお雑煮にしたり、おせちの順番を考えて食べたりとかだったら簡単にできますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ