【サタデープラス】弱火調理人水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ!紫吹淳の婚活

水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

2016年11月19日放送の「サタデープラス」の「マネープラス」は
「第2弾 紫吹淳が弱火料理!」

元タカラヅカトップスターの紫吹淳が
前回は、弱火調理人水島弘史シェフから
弱火で作るハンバーグとトンカツを
指導してもらいました。

今回は、ぶり大根とクリームシチューを
教えていただきます。

ここではクリームシチューのレシピの紹介!

スポンサードリンク

水島弘史シェフ



キノコ類の選び方

軽く押してみてハリのあるものを選ぶ

もも肉は縮みにくいので
煮込み料理に最適。



水島流クリームシチューの作り方

水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

市販のルウは使わず
ぐつぐつ煮込まない

『材料』(2人分)

鶏もも肉→200g

塩→小さじ1/3(鶏肉用)

タマネギ→大1/3個

マッシュルーム→6個

しめじ→1/2パック

薄力粉→小さじ1

水→80cc

生クリーム→100cc

日本酒→大さじ4

塩→小さじ1/4

こしょう→適量

パセリ→適量

サラダオイル→適量

フレッシュタイム→2枝(なくてもよい)

『作り方』
【煮物の基本ステップ】
①食材に中まで火を通す

② 味を入れていく

野菜用と鶏肉用の2つのフライパンを用意。

スポンサードリンク



1.具材を切る
鶏肉は4cm大の少し大きめの一口大に切る。

玉ねぎ、マッシュルームは1cmのスライスに。
しめじは石突きを除去してほぐしておく。

2.冷たいフライパンに玉ねぎとマッシュルーム、
しめじを入れて、上からサラダオイルをかけて
それから弱火にかけ、10分ほど炒める。

※野菜は焼き色を付けたくないので弱火で
ゆっくりと焼いていく
野菜はゆっくり炒める方が旨味を逃がさない

3.野菜が炒まったら、
火を止めて薄力粉を絡め、3分おく。

小麦粉をからめてから3分放置することで
とろみがつきやすくなる

4.水を加えて混ぜ、中火~強火にかけ
沸いてきたら30秒程フツフツさせ、
一旦火を止める。

小麦粉を加えたら
強火で火を入て粉臭さを消す

5.別のフライパンにサラダオイルを敷き、
塩(小さじ1/3)をした鶏肉を皮目を下にして並べ、
弱い中火にかける。

※野菜は弱火でしたが、
鶏肉は皮に香ばしい焼き色を付けたいので
弱めの中火で焼く

パチパチと油がはねてきたら、
焼き色が付くサイン。
火を少し弱めて焼く。
出てきた水分や油はキッチンペーパーで
とりながら焼く。

※鶏肉もゆっくりと火を通すことで縮
まずジューシーな仕上がりに

6.鶏肉の半分の高さまで白っぽくなり、
皮目に香ばしい焼き色が付いたらひっくり返し、
1分焼いたら日本酒を入れ、1分さらに加熱する。

7.④の野菜のフライパンに⑥の肉をあわせ、
塩(小さじ1/4)を入れてなじませ、タイムを入れて
中火にかけて3分煮る。

8.生クリームを加えて更に2分煮て、
タイムはとりのぞく。

9.器にシチューを盛り付け、
パセリのみじん切りをふりかけてできあがり!



まとめ

同じ日に放送のぶり大根のレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のぶり大根のレシピ!紫吹淳の婚活

前回放送のハンバーグとトンカツのレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のハンバーグとトンカツのレシピ!紫吹淳が花嫁修業

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ