【ソレダメ】水島弘史先生の低温調理法!肉じゃがのレシピ

水島流!肉じゃがのレシピ

2015年5月18日放送の「ソレダメ!
あなたの常識は非常識!?」の中の
「食欲の秋の家庭料理の新常識」。

2016年11月19日に再放送されました。

ここでは水島弘史先生の低温調理法
肉じゃがのおいしい作り方を紹介!

スポンサードリンク

安めぐみの肉じゃが

安めぐみさんが肉じゃがをつくり、
水島さんがチェック。

1.野菜を切る
2.油を引いてフライパンを温める
3.②で肉、野菜を炒める

フライパンを熱々にして
肉と野菜を炒める→ソレダメ!

強い熱で野菜を炒めるが
煮崩れを起こす原因で、
肉も固くパサパサになるといいます。



水島流!低温加熱法肉じゃが

水島流!肉じゃがのレシピ

『材料』(2人前)

玉ねぎ
じゃがいも
牛薄切り肉
さやえんどう(彩り)

(調味料)
しょう油→20cc
砂糖→10g
酒→20cc
水→150cc

スポンサードリンク

『作り方』
1.材料を適当な大きさに切る。

2.冷たいフライパンに肉、
玉ねぎ、じゃがいもを全部入れる。

3.ちょっと薄めの塩水を具材が浸るまで入れる。

4.7分ぐらいかけてゆっくり温度
を55度まであげる。

※肉と野菜の入った肉じゃがでも
低温でじっくり火を通すと
両方の素材の良さがいかされた肉じゃがに

※また、野菜にじっくり火を通すことで
ペクチン質が細胞をコーティングし、煮崩れを防ぐ

6.(まだ半生の状態)火を止め、アルミホイルで
蓋をして余熱で5分おく。

水島流!肉じゃがのレシピ

7.ザルに入れてお湯(アクがはいった煮汁)を切る。

※低温で火を通すとアクは
肉、野菜から出つくす

8.ここからは強火。
フライパンが十分温まったら強火にし、
野菜、肉を入れる。

※細胞が壊れるように強火にする。

※じゃがいもが半透明に。
コーティングがされているので
強火で炒めても崩れない。

7.約1分炒める。

8.味付けをしアルミホイルで
蓋をして強火で15分煮込んだらできあがり!

スタジオで試食。

煮崩れもしておらず
味がしっかりしみこみ、
ホクホクしているそうです。

この日放送された野菜炒めのレシピ↓

【ソレダメ】水島弘史先生の低温調理法!野菜炒めのレシピ
弱火の低温調理法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ