【林先生の初耳学】チョコ・ポテチ・アイスを無性に食べたくなる時の改善策

カルディ商品でアイス

2016年11月20日放送の「林先生が驚く初耳学!」の中の
“無性に食べたくなる食べ物”に
隠された体からの意外なサインについて紹介!

アイスクリーム・チョコ・ポテチで
体に不足している食材と
昼間に食べるといい食材!

スポンサードリンク

夜中に無性に食べたくなる

特にお腹が空いていないのに夜中に無性に
に¥食べたくなる時ありませんか?

管理栄養士の川端理香さんによると
何かが無性に食べたくなる時は、
体が「足りない栄養素を欲している」という
サインなのだそうです。

つまり、栄養素不足からくる
病気の恐れのサインでもあるのです。

その解決策は、不足していると思われる食材を
昼間に摂取することです

アイスのような冷たいものを無性に食べたい時

アイスのような冷たいものを無性に食べたい時
→貧血の恐れ 

鉄が不足になると、血液中の酸素が少なくなり
貧血気味になります。

それを解消しようと血液をより循環させるため
体温が上昇。

そのため体を冷やそうと、
アイスクリームなどを食べたくなるのです。

しかし、アイスクリームには鉄は
ほとんど含まれていないため、
いくら食べてもまた食べたくなってしまい、
余計なカロリーが上乗せされてしまいます。

これを解決するには
昼間に鉄を多く含む食材を食べる必要があります 。

例えばアサリやレバーなどの鉄分が豊富な
食材を食べることによって鉄不足が解消され
冷たいものを食べたいという欲求が
徐々になくなっていのです。



チョコレートを無性に食べたい時

チョコレートを無性に食べたい時
→頭痛・めまいの恐れ 

マグネシウムが不足しているため。
ストレスを抑える働きがあるマグネシウム。

そのマグネシウムが不足してストレスを感じると
血圧や血液をコントロールする自律神経が影響を受け、
血流が悪化し頭痛やめまいに襲われる可能性があります。

これを解決するには
昼間に枝豆などの豆類や海藻類をとると改善されます 。



スポンサードリンク

ポテトチップスを無性に食べたい時

ポテトチップスを無性に食べたい時
→消化不全の恐れ 

カルシウムと塩素が不足しています。

カルシウムが不足するとストレスホルモンの
“コルチゾール”が増えてしまいます。

コルチゾールは脂肪を分解する働きがあるので、
体は逆に脂肪を蓄えようと
油っこいものを食べたくなるのです

また、塩素は胃酸を作る役割があるため、
不足すると消化不全を引き起こす可能性があります。

これを解決するには
昼間にカルシウムや塩素が多く含まれるチーズ、
しらす、桜えびなどを意識して食べるとよいです 。



感想

わたしも夜、アイスが無性に
食べたくなる時があります。

貧血気味というのは心当たりがあります。

鉄分をなるべくとるように
気を付けようと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ