【得する人損する人】家事えもん流すき焼きレシピ!シメのカルボナーラも

和食HAL 山下春幸シェフの家鍋

2016年11月24日放送の「得する人損する人」の
家事えもんのかけ算レシピはすき焼き。

砂糖を使わないすき焼きと
シメの和風カルボナーラのレシピを紹介!

スポンサードリンク

すき焼きの重要アイテムねぎ

人気鍋ランキング1位の常連「すき焼き」
その味を左右する重要アイテムは、
実は「ねぎ」だった!?
今回、家事えもんは「ねぎ」の名産地
埼玉県深谷市へ行き、地元スーパーや農家で
情報を得て、新定番すき焼きレシピを完成させます


家事えもん流すき焼きのレシピ

『材料』
(ねぎジャム)
長ねぎ→1本
みりん→大さじ1

(ジューシーねぎ)
油揚げ→2枚
長ねぎ→2本

(割り下)
酒→200ml
※アルコールが苦手な方やお子様は
同量のだし汁で代用してもo.k。

みりん→150ml
醤油→50ml

(具材)お好みで
焼き豆腐→ 1/2丁
すき焼き用牛肉→ 200g
白菜→2~3枚
レタス→1個
白たき→1袋

『作り方』
1.ネギジャムを作る
長ねぎはフォークでネギを数回割き、
みじん切りにする。
ラップをして600wの電子レンジで
6分加熱し、よく混ぜておく。

ネギをジャム状態にすると
砂糖が必要ないほど甘みが引き出せる!

 
みじん切りにすることで細胞が壊れ甘みがアップ!
さらに加熱することでより甘くなり、みりんがさらに甘みを引き立たせる

スポンサードリンク

※あめ色玉ねぎの代わりにネギジャムを入れれば
カレー、シチュー、肉じゃが、玉子焼きなど
砂糖を使わずに使うことができる。

2.油揚げを開き、油揚げの長さに切った
長ねぎを乗せて巻き、
開かないようにつまようじを等間隔に止め、
間に包丁を入れて食べやすい大きさに切る。


ネギと相性抜群の油揚げで巻くことで短時間で味を染み込ませる!
油揚げを巻いて煮崩れを防ぎ食感をキープ!

3.焼き豆腐は8等分に切り、
白菜は3~4cm程度に切ってから繊維にそって細切り、
レタスは6~8等分に切る。

4.すき焼き鍋にネギジャムと
割り下を入れて煮立たせ、
ジューシーねぎ、肉、焼き豆腐、白たきを入れて火を通し、
白菜、レタスを入れて煮る。

蓋をして3分煮たらすき焼きのできあがり!

5.卵は卵黄、卵白に分け 
卵白は塩をひとつまみいれて泡立ててメレンゲを作り、
皿に入れ中央に卵黄を乗せて、
煮えた具をつけていただきます。

白身に塩をひとつまみ入れると
短時間でメレンゲができる!



シメの和風カルボナーラのレシピ

『材料』
牛乳→150~200ml

パスタ(茹でたもの)→200g

とろけるチーズ→100g

和風だし→小さじ1/2
※汁の残り具合等によっても違うので、
お好みで加減します

ラー油→適量

『作り方』
1.すきやきの残りの鍋に牛乳を入れ、
ひと煮立ちしたら和風だしを入れ
パスタ、とろけるチーズを入れて絡めればできあがり!

お好みでラー油を入れるとうまさが倍増。



まとめ

この日のサイゲン大介のレシピ↓
【得する人損する人】サイゲン大介の「堂島ロール」の再現レシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ