【家政夫のミタゾノ(三田園)】コクうま時短カレーのレシピ!

鯖の味噌煮缶カレー

2016年11月18日放送の「家政夫のミタゾノ」

第五話は「泥棒が家主のフリ!?
アドリブで父娘を演じる天才少女の秘密」

その中で出てくる
コクうま時短カレーのレシピを紹介!

スポンサードリンク

コクうま時短カレーの作り方

【コクうま時短カレーのレシピ】

具材をミキサーにかけたり
リンゴジュースを加えることで
時短でひと晩寝かせたような味わいに!

『材料』(3~4人分)

豚バラ肉(薄切り肉→400g
※牛肉でも可

タマネギ→3~4個

ニンジン→1本

りんごジュース→100㏄

水→1200cc
(ルウの箱に記載されている水の量から
リンゴジュース100㏄の分を引いた分量)

カレーのルー→185g(大きいサイズの1パック)

ピーナッツバター→大さじ1

1.野菜と肉を大きめのざく切りにし、
水300ccと一緒にミキサーにかける。
(一度に入りきらなければ、
数回に分けて入れる)

※もしミキサーがない場合は、
おろし金ですりおろすだけでもOK! 

スポンサードリンク

ニンジンが硬くておろしづらいときは、
2~3分レンジでチンして、
柔らかくしてからおろすとよい

※具材をすりおろしてから煮込むことで時短に! 

※すりおろした具材から旨味が溶け出すことで、
まるで一晩寝かせたような濃厚なコクが生まれる。

2.残りの水900ccとリンゴジュース100ccで、
すりおろした具材を15分~20分ほど煮込む。
(900ccというのは、ルーの箱に記載されている水の分量から、
リンゴジュースの分100ccと、ミキサーを回しやすくするために
使った300ccを引いた分量)

※リンゴジュースでフルーツの甘みを加えることで、
全体に馴染んで一体感が生まれ、
2日目のカレーにより近づく!

3.カレーのルウにピーナッツバター大さじ1ほどを
隠し味に入れ、5分ほど煮る。

4.ご飯とルーを盛り、最後に、
コーヒーミルクをかければできあがり!

※ミルクを最後に加えることでまろやかになり、
野菜が苦手なお子様にもオススメ!


まとめ

今までのミタゾノのレシピ↓
家政婦のミタゾノ(美田園)のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ