【サタデープラス】長寿食材ベスト3!テンペ、チョロギ、ピーナッツもやし

漬け物

2016年11月26日放送の「サタデープラス」のドクタープラスは
「日本全国 お取り寄せ長寿食材ベスト3!」

日本全国、その土地土地に息づいている「健康食材」。

番組では、ドクター500人にアンケートを取って
厳選した食材をランキング化。

長寿食材ベスト3はチョロギ、ピーナッツもやし、テンペ!
ここではチョロギ、ピーナッツもやしを紹介!

スポンサードリンク

日本全国 お取り寄せ長寿食材ベスト3!

名医が認めた長寿食材を、ランキング形式で紹介。

サタデープラスは、これまでに、
すんきや、凍み大根、
がごめこんぶ、ヤマブシダケなど、
全国的にはあまり知られていない、
長寿食材を紹介してきました。

今回はそんな長寿食材シリーズがパワーアップ!

【お取り寄せ長寿食材 第3位:チョロギ(秋田県)】

『腸&脳が活性化!
認知症を防ぐ雪の下に眠る野菜』

お医者さんのアンケートの意見

・脳梗塞の治療に期待
・抗酸化力で胃潰瘍などの防止に役立つ
・老化を遅らせることに役立ちそう

チョロギは秋田県内では、
空港のお土産コーナーに置かれていたり、
地元の道の駅でも販売されるなど、
秋田県民にとってはおなじみの特産品のようです。

一体チョロギとはどんなものなのか。

秋田県湯沢市で発見した長寿食材、チョロギ。
実は、非常に栄養価の高い食材なのです。

シソ科のチョロギ。
張り巡らされた根の先端の塊を、
食用として頂きます。

根の先端は成長するために、
激しく細胞分裂を起こします。
そのため、多くの栄養素を
貯め込んでいるのです。

チョロギには整腸作用もあります。

チョロギの中に含まれている
炭水化物というのは、
オリゴ糖に属する化合物。

その化合物が、
おなかの中にいる善玉菌の餌になって、
整腸作用を高めるのです。

さらに、細胞の働きを活性化させる
可能性がある物質が含まれており、
認知症予防などにも効果が期待できるそう。

脳や腸にもよいといわれるチョロギ。

ですが、すべて手作業で収穫するので、
手間がかかり、現地でも希少なもの。

主に柴漬けにして売られています

白しょうゆ漬け、味噌漬け、りんご酢漬けなど
漬物にしたり、素揚げなどにすると
ホクホク食感になるので、カレーに入れると
ジャガイモのような食感になります。

チョロギは、長老の喜び、ちょうろうぎと
当て字されるほど、健康によいとされています。

秋田では縁起の良い食材として
おせち料理に使われています。
お正月のおせち料理に使われています。

長老を願うというそういう願いを込めて、
真っ赤に染めたチョロギを、
おせちの黒豆に載せて食べる風習があるのです。

スポンサードリンク

【チョロギ】

こんなのもあります↓



【お取り寄せ長寿食材 第2位:ピーナッツもやし(福岡県)】

『肌が若返る食べるサプリメント!』

お医者さんのアンケートの意見

・血管拡張作用や脂質改善作用が期待できる
・料理に使いやすそうで摂取しやすいと思われる
・動脈硬化予防によさそう

ピーナッツもやしは博多から車で20分、
フェリーで10分ほど行った能古島という島で
作られています。。
別名、福岡のハワイともいわれています。

もやしは、緑豆や大豆といった、
豆を発芽させた新芽のこと。

それと同様に、ピーナッツを発芽させたものが、
ピーナッツもやし。

特徴は、なんといってもその太さ。
普通のもやしと比べると、
軽く2倍以上あります。

そして気になる栄養素は。
ピーナッツもやしは、ピーナッツと同様に、
抗酸化作用が強く、老化の進行を防ぐのに役立つ
ビタミンEやお肌の原料となるタンパク質、
さらに老廃物を排せつして、肌荒れの予防にも役立つ
食物繊維が豊富に含まれているのです。

さらに、血液中のコレステロール値を
下げるといわれている、オレイン酸やリノール酸も
豊富に含まれているという豪華なおまけ付き。

ナッツというとカロリーが気になりますが、
ピーナッツもやしのカロリーは、ピーナッツの8分の1。

ピーナッツなどのナッツ類はカロリーが高いのですが、
このピーナッツもやしは、発芽の過程で
豆そのもののカロリーを消費するので、
とても低カロリーなんです。

【ピーナッツもやし】

通販の楽天市場さんでは
ちょっと見当たらなかったです。



1位のテンピについてはこちらをどうぞ↓
【サタデープラス】長寿食材ベスト3の1位の大豆の発酵食品の”テンペ”!レシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ