【あさイチ】薄切り肉をひと手間でおいしくする方法!キハチの鈴木眞雄シェフが伝授

ごぼうと牛肉の混ぜごはん

2016年11月29日放送の「あさイチ」のスゴ技Qは
「究極テク肉!いい肉に大変身SP」

キハチの鈴木眞雄シェフが、
こま切れや薄切りのお肉を
ひと手間でおいしくする方法を
教えてくれました。

スポンサードリンク

こま切れや薄切りのお肉をおいしくする方法

ふだんよく使うお肉といえばこま切れや、
切り落としなどの薄切りのお肉。

キハチの鈴木眞雄シェフによると
薄切りのお肉をおいしくする技もあるそうです。

使うのは「顆粒の昆布だし」

調味料代わりに少し使うだけで
味が大変身するといいます。

お手ごろ価格のお肉に
昆布のグルタミン酸を加えることで、
うまみを補うことができます。

さらに昆布に含まれるグルタミン酸は
お肉のイノシン酸と相性が抜群。

一緒になることでうまみが
何倍にも高まります。

しいたけでもいいのですが、
しいたけは香りがちょっと強すぎてしまう。

牛乳は、臭みを取ったりやわらかくすることは
できますが、うまみを足すことはできない。

そして鈴木シェフはこの技をもとに
「牛ロース肉の昆布包み焼き」を
生み出しました。

昆布じめのように肉を昆布で包むことで
うまみを加えているのです。

レストランでも活用している昆布のスゴ技、
ぜひ試してみてください。

鈴木シェフがスタジオで出してくれたレシピです↓

【蒸し豚のレシピ】

『材料』

薄切り豚肉
野菜(もやし、パプリカ、キャベツなど)

塩、こしょう
顆粒昆布だし

スポンサードリンク

『作り方』
1.薄切りの豚肉に塩、こしょう、
顆粒昆布だしをかける。

2.野菜を千切りにして、
フライパンに並べ、①のお肉を
上に広げて乗せる。

3.水を加えて蒸し焼きにすれば
できあがり!

スタジオでは鈴木シェフが作った蒸し豚を、
昆布だしを使っていないものと使っているものと
食べ比べていました。

「全然違う!」などといっていました。

また昆布だしがない場合
昆布茶でも代用できます。

ただ、若干の塩分があるので
塩を加減して使うようにします。



まとめ

この日のお肉の記事↓
【あさイチ】安いお肉のステーキをおいしくする技!マルディグラの和知徹シェフ直伝

【あさイチ】失敗しないローストビーフの作り方!キハチ鈴木眞雄シェフ直伝



ほんのひと手間ですごい変わるんですね。
こま切れ肉はわりと使うので
試してみたいと思います。

うt

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ