【その原因Xにあり】満腹ホルモンをツナ缶と睡眠で増やす! 食べて寝るだけダイエット!

枕、睡眠

2016年12月2日放送の「その原因、Xにあり!」は
「食べて寝るだけダイエット&
太らない鍋裏ワザ!乾燥肌改善」

ここでは食べて寝るだけダイエットについて。

8時間睡眠と1日2個のツナ缶を食べるだけ!

スポンサードリンク

やせたいのに食べるのは満腹ホルモンの減少にあり!

やせたいのについつい食べすぎてしまう。
それは意志が弱いという原因だけではないのです。

オルソクリニック銀座の藤森徹也院長によると
満腹ホルモンの減少にあるといいます。

やせたいのについつい食べちゃう原因、
満腹ホルモンの減少にあり!

満腹ホルモンは食欲に
ブレーキをかけてくれるホルモン
正式名称はレプチン。

満腹ホルモン(レプチン)は
おなかがいっぱいになってくると分泌され、
脳に「おなかがいっぱいになってきた」と
知らせる機能を果たしています。

痩せたいのについ食べちゃう事と満腹ホルモンの関係とは?

レプチンというホルモンは
個人により量は異なります。

普段の食事では、食べていくうちに
ゆっくりと伝達物質レプチンが
脳に届いて満腹となります

しかしダイエットをすると
食事の量が減るので、
いつも出ていた満腹ホルモン(レプチン)の
量も減るのです

すると食べても食べてもが脳まで届かず、
通常なら「満腹」になる量を食べても、
「お腹がいっぱいになったよ」というサインを出せず、
ついつい食べてしまうのです。

食べ過ぎないためには満腹ホルモンを
増やせばよいのです。


スポンサードリンク



満腹ホルモンを増やす方法は2つ

【 ①ハチカラ睡眠】
睡眠時間が多いほど
満腹ホルモンは増えます。
表を見ると8時間から急激に増えています。

食欲をおさえるためには8時間以上の睡眠がおすすめ。

目安なので、睡眠時間がもっと短い方は
いつもより長めの睡眠を心掛けるようにします

 【 ②ツナ缶(たんぱく質)】
レプチンは睡眠だけでなく、
たんぱく質を多く摂ることで
分泌量を増やすことができます。

特にオススメなのは動物性たんぱく質。
高たんぱくで低カロリーなものが良い。

しかし、動物性たんぱく質を含む食べ物は
高カロリーであったり、低カロリーでも
量が少ないものと種類は様々。

そこでおすすめな食材がツナ缶です。

特にノンオイルのツナ缶は、
カロリーが約50kcalに対したんぱく質は約11.6g。

糖質も少なくダイエットには効果的な食材といえます。

しかし、たくさん食べればいいというものではなく、
1度の食事で吸収できるたんぱく質の上限は
約30gと言われています。

1日ツナ缶を2缶を目安に食べるのが理想的。

東てる美さんと一般人女性4名を加えた計5名で検証

【食べて寝るだけ!ノンストレスダイエットのルール】
1日8時間以上の睡眠
毎日ツナ缶を2缶食べる
他の食べる量は、一切ガマンしない
期間は3週間
それ以外は普段通りの生活



三週間後

東てる美さん
体重:56.8kg → 55.0kg(-1.8kg)
ウエスト:92.0cm → 90.4cm(-1.6cm)

しかし満腹ホルモン量は-2.5ng/mlと減る結果に。

東さんと同じ生活を送ってもらった4名の一般被験者は…
体重がそれほど減っていなかったり、
満腹ホルモン量が減ってしまっている人もいました。

藤森先生の見解は
「数値的には大きく結果は出なかったが、
本人たちの実感として食欲は抑えられ、体重が減っている。
満腹ホルモンの“効き”は良くなっているのではないか」とのことです。



まとめ

この日の記事↓
【その原因Xにあり】乾燥肌対策法!ビニール蒸しタオル方法やペットボトル

【その原因Xにあり】太らない鍋の裏ワザ!まいたけ&ネギ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ