【その原因Xにあり】乾燥肌対策法!ビニール蒸しタオル方法やペットボトル

さわやかな女性

2016年12月2日放送の「その原因、Xにあり!」は
「食べて寝るだけダイエット&
太らない鍋裏ワザ!乾燥肌改善」

その中の乾燥肌改善について

乾燥肌対策にビニール蒸しタオルや
ペットボトルを当てる方法を紹介!

スポンサードリンク

乾燥肌の原因

20代以上の女性の多くが気にしている乾燥肌。

中でも特に冬になると乾燥肌が気になるという人が
圧倒的に多い。

乾燥肌の原因は、偏った食事や睡眠不足などの生活習慣に、
スキンケアのし過ぎなど様々な要因があげられます。

特に冬場に乾燥肌になってしまう理由の1つが
空気の乾燥。

体の水分が空気中に逃げやすくなり
乾燥肌になりやくなっているのです。

しかし最新の研究では、冬の乾燥肌の原因が
湿度以外にもあることが分かったのです。

銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子先生によると、
「乾燥肌の原因は皮膚温度にあるのです」

冬の乾燥肌の原因、皮膚温度にあり!

皮膚の温度低下が肌の保湿機能を
弱くするということがわかり、
注目を集めています。

ポーラ化成工業の木田尚子さんによると、
皮膚の温度が約28℃を下回ると
皮膚からの水分の蒸発が激しくなってしまい、
乾燥肌につながってしまう。

キーワードは「タイトジャンクション」

皮膚は4層に分かれていて一番表面にあるのが「角層」。
これが肌のバリア機能を担っています。

この角層のひとつ下の「顆粒層」の細胞にある
のが「タイトジャンクション」

「タイトジャンクション」は
マジックテープのような機能があり、
他の細胞の同じ部分とくっつく性質があります。

正常な皮膚では、タイトジャンクションが
しっかりくっつき、細胞たちが規則正しく層を作り、
体内の水分が外に逃げていかない。

スポンサードリンク

しかし皮膚温度が28℃を下回ると、
タイトジャンクションはくっつく力が
弱くなってしまうという性質があり、
それに伴い細胞に隙間が出来て、
水分が逃げてしまう。

冬場の屋外では皮膚温度は
どれだけ下がるのでしょうか?

室温5℃で皮膚温度の変化を測定。
たったの5分で顔は21℃、手は18℃と、
タイトジャンクションが機能しなくなる
28℃以下まで下がっていました。

乾燥肌の対策法

外出時の対策法

【マスク】
保温と呼気の水蒸気でダブル効果。

髪を下ろしたり帽子をかぶるのも効果的。



帰宅後の対策法

【ビニール蒸しタオル】
蒸しタオルをビニールにくるんで
肌にあてます。

蒸しタオルを冷えた肌に直接付けてしまうと、
その水分が蒸発する時に肌の水分まで奪ってしまうので、
逆効果になります。

【ビニール蒸しタオルの作り方】

1.タオルを濡らし、
水を絞ってビニールに入れる

2.封を開けたまま500Wなら50~60秒、600Wなら40秒、
電子レンジで温めるだけ!レンジでチンする

※レンジに入れる際、タオルをビニールで
密封しない


【簡単な皮膚温度改善法!】

温かいペットボトルを首に当てる

首の表面に近い場所に太い動脈が通っているため、
ここを温めると血液が温められ、
その血液が体中を巡り、全身の皮膚温度を上昇させ
乾燥肌対策になります。


まとめ

この日の記事↓

【その原因Xにあり】満腹ホルモンをツナ缶と睡眠で増やす! 食べて寝るだけダイエット!

【その原因Xにあり】太らない鍋の裏ワザ!まいたけ&ネギ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ