【サタデープラス】大腸がん予防にじゃこ天&みかん!愛媛県がベスト1位

みかん

2016年12月4日放送の「サタデープラス」ことサタプラの
「ドクタープラス」は
「都道府県別ピンキリランキングは“大腸がん”編」

ワースト1位の沖縄県と
ベスト1位の愛媛県の生活習慣を調査!

スポンサードリンク

大腸がんについて

国立がん研究センターの調査によると、
大腸がんの罹患率はここ40年で7.4倍にも増加しています。

しかし、大腸がんは比較的が進行が遅く、
しかも検査で早期発見がされやすいのが特徴。

ステージⅠの段階で発見できれば
5年生存率は98%を超え、
治せるガンとも言われています。
 
重要なのは、大腸がんのリスクと予防法を
きちんと知ること。

大腸がんの原因とは?

大腸がんについて解説してくださるのは、
腸のスペシャリスト
順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生。

大腸がんの原因は
まだ完全に解明されわけではないが、
予防的としては腸を元気に保つことが重要。

そのためには、”腸の動きをよくする”と
“腸内環境を整えてあげる”ことがポイントとのこと。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいるが、
善玉菌を優勢にして、悪玉菌をなるべく減らす。



大腸がんになりにくい県 ワースト1位:沖縄県

沖縄県はステーキ店の数が全国第一位。

戦後アメリカの統治下だったため牛肉が
安値で手に入ったため。

また、夜中にまでお肉を食べるほどの“肉好き”。

それに比べ、野菜はあまり食べません

沖縄は畑が少なく、
本土からの輸送コストで
野菜が高いのも理由の1つ。

小林先生によると
肉を食べること自体は悪くないのですが、
問題は食物繊維の摂取量。

食物繊維は腸内細菌、善玉菌のエサになり、
活性化することで、腸内環境が良くなります。

そうすると便秘にもならないし
腸がんの予防になるとのこと。

さらに沖縄県は超車社会のため、
運動不足になりがち。

夜型生活スタイルによって、
自律神経のバランスがくずれ
腸の動きが悪くなってしまいます。



スポンサードリンク



大腸がんになりにくい県 ベスト1位:愛媛県

大腸がんになりにくい県第3位。
発酵食品、フナずしを食べているから?なのか、滋賀県。

大腸がんになりにくい県第2位。

馬刺しからカラシレンコンまで、
多彩なグルメが健康を支えているのか?熊本県。

大腸がんになりにくい県第1位。
日本最古の湯といわれる道後温泉で有名な愛媛県。

野菜の摂取量は平均的。

一体、どうやって愛媛県民は
腸を元気にしているか?


大腸がん予防食材:みかん

愛媛県民はみかんが大好き。
白い筋と薄皮もそのまま食べます。

小林先生によると
ミカンは食物繊維が豊富。

ポイントは、白い筋と薄皮。
果肉だけだと、100グラム中
0.5グラムしかない食物繊維ですが、
筋と薄皮も一緒に食べれば、
およそ4倍にもアップします。

愛媛の皆さんは、
ミカンを丸ごと食べることで
食物繊維を補っていたのです。


大腸がん予防食材:じゃこ天

そして、愛媛県民がよく食べてられている
のが“じゃこ天”。

じゃこ天は愛媛県宇和島の特産品。

今では県民の食卓になくてはならないほどの
メジャーな存在。

さらに地元、愛媛の皆さんの食べ方は特徴的で
豚汁や煮物、油揚げのようにジャコ天をうどんにのせたり、
お肉の代わりに使った、ジャコ天カレーなんて
食べ方もあるそうです。

じゃこ天は、材料となるホタルジャコを
骨ごとすり身にするので、カルシウムが豊富。

そして、カルシウムが大腸がんを予防するという
研究結果が多く出てきているそうです。

腸がんを予防するしくみ

食べ物を食べて、胃を通って十二指腸に
食べ物が入ると、胆汁酸出てきます。

これはそもそも体にとっていい働きをする
ものなんですが、物を食べ過ぎると、
胆汁酸が過剰になります。

過剰になった胆汁酸は、
発がん作用を引き起こす物質に
変化をするおそれがあるわけです。

そんな中、このカルシウムは、この胆汁酸と結合して、
有害な作用、発がん作用などを減少してくれると、
考えられています。

大腸がん予防の運動

小林先生によると
腸を健康にするには
内からと外からといわれています。

内からというのは、食事。

外からというのは、
運動や、それからマッサージ、

適度な運動が腸に刺激を与え、
動きを活発にする。

これが便秘解消につながり、
腸の健康が保たれるのです。

愛媛県の運動習慣は素晴らしく、
市街地には専用レーンも整備されるなど
自転車天国で、県をあげて
自転車利用を勧めていてます。

腸の動きは自律神経によって
コントロールされているため、
腸を健康に保つ秘訣として、
ストレスを減らすことも重要。



大腸がん予防のストレス解消

また小林先生によると、
腸の健康を保つには、その一つとして、
ストレスを減らすこと。

ストレスがかかると、腸のぜん動運動は、
悪化してしまう。

実は腸の動きは自律神経によって
コントロールされているため、
ストレスによる影響を非常に受けやすい。

つまり、ストレスがあると
腸の動きも悪くなってしまう。

愛媛県は俳人、正岡子規生誕の地。

街のいたる所に「俳句ポスト」が設置され、
投函した俳句が評価されることで
ストレス発散になるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ