【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防にあいうべ体操!まいたけ、歯磨きも

口・歯・口臭

2016年12月3日放送の「世界一受けたい授業」の
「インフルエンザ3つの最新予防法」

感染リスクを下げる「あいうべ体操」の紹介!

スポンサードリンク

インフルエンザについて

毎年年間1000万人が感染するインフルエンザ。

昨年の今の時期と比較すると今年は
約5倍以上の人が感染しています。

しかし、ワクチンの数が
昨年より300万本以上も少ないのです。

それは製造会社が熊本地震で被災し
製造が遅れたため。

インフルエンザのピークは1月下旬なので、
今から予防することが大切です。

教えてくれたのは、感染対策コンサルタントの
新ゆり内科院長 高橋央(ひろし)先生。

インフルエンザ患者がくしゃみや咳をして、
そのしぶきを吸いこんでしまったときから
感染が始まります。

またたく間に増殖を行い、
1つのウィルスが1日で100万個にまで増えます。



熱のでないインフルエンザ

「今年は、???がないインフルエンザに注意しろ」
何がないのでしょうか?


正解は…高熱の出ないインフルエンザ

子ども(7~15歳)の場合22.1%、
65歳以上では70%以上が
高熱の出ないインフルエンザなのです

一見、熱がなくて楽でいいと思いがちですが、
これが大問題。

インフルエンザは熱に弱いので、
人間は高熱を出してウイルスを
やっつけているのです。
熱を出すのは大切なことなのです。

しかし免疫力が低いお年寄りなどのは
熱を上げる力がないので
インフルエンザウイルスを
殺すことができないのです。

そして、気付かないうちに
感染源となり、家庭や職場などでうつして
しまうこと。

熱が出ないお年寄りは
放って置き肺炎になる危険性も高く、
多くの人が死亡しています。

この時期は軽い風邪と思っても
医療機関へ行くことが鉄則です。



インフルエンザ最新検査法

従来の検査キットは発症から12時間以上
経過していないとインフルエンザか
判別できませんでした。

しかし「高感度ウィルスセンサー」を使えば
発症後3時間でも判定が可能です。

※判定には個人差があります

検査は健康保険がきいて
1回約1000円ででき、
小児科などで重宝されています。


インフルエンザ3つの最新予防法

【マイタケを食べる】

β―グルカンを豊富に含むことから
免疫力を高める効果があることは
わかっていました。

しかし昨年行われた研究で
北海道産の新品種のまいたけを3か月間食べた人は
食べなかった人に比べインフルエンザの予防接種の効果が
最大3.5倍も高まっていたそうです。

また、富山大学がおこなったマウス実験でも
インフルエンザウイルスの増殖を抑える
効果があることもわかりました。

スポンサードリンク

食べる量は家族で1パック(1人約70g)ぐらい。
熱を加えてもo.k.



【毎日はみがきをする】
インフルエンザは、ウイルスが
喉の気道の粘膜にくっ付き、
そこで増殖を繰り返すことで発症します。

粘膜は、タンパク質のバリアで
守られているのですが、
歯垢など、口の中が悪玉菌で汚れていると、
そこから酵素が発生し、
そのバリアを壊してしまうのです。

するとウイルスが
くっつきやすくなってしまいます。

実際にある老人ホームで
正しい歯磨き法を指導したところ、
インフルエンザ発症率が1/10に
下がったというデータもあります。



【口呼吸を鼻呼吸に変えるあいうべ体操】

福岡市のみらいクリニック院長の今井一彰先生の本↓

福岡の小学校がこのあいうべ体操を始めたところ、
インフルエンザにかかる児童が1/6に減ったという
すごい体操です。

この体操をすると、口呼吸をしていた人が
自然と鼻呼吸に変わっていきます。

なぜ口呼吸だとインフルエンザにかかりやすいのか?

それは口呼吸だとウィルスが口から直に入ってしまい、
さらに冷たい空気が直接体に入り、
喉が乾燥して免疫力が下がってしまうため。

一方鼻呼吸では、鼻水や鼻毛がフィルターとなり、
ウィルスをある程度ブロックし、
空気は鼻の内部で温められるため
感染リスクが減るのです。

現代人はかたいものを食べなくなったため、
口周りの筋肉が弱く、普段から口を開けてしまい、
口呼吸の人が増えていると言われています。

あいうべ体操

1.「あ~」と口を大きく噛みつくみたいに開ける。

2.「い~」と口を横に大きく「痛てー」という感じで開ける。

3.「う~」と口を前にひょっとこみたいにつき出す。

4.最後に「べ~」と舌を出して下に長く思いきり伸ばす。

筋トレの様に、鍛えるという意識を持って、
1日30回ぐらい行うと、
口の周りの口輪筋と舌筋が鍛えられ、
大体1週間ぐらいで自然と
口呼吸が鼻呼吸に変わります。
(効果に個人差があります。)



まとめ

【主治医が見つかる診療所】鼻呼吸で免疫力アップ!あいうべ体操も

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ