【ジョブチューン】ニッスイの冷凍食品「焼きおにぎり」の絶品お茶漬けのレシピ!

おにぎり

2016年12月3日放送のTBS系「ジョブチューン」は
「大人気冷凍食品のヒミツぶっちゃけSP」
「炒飯」「から揚げ」「さぬきうどん」「焼きおにぎり」

その中の焼きおにぎりのアレンジレシピの紹介!

スポンサードリンク

ニッスイの焼きおにぎりのぶっちゃけ!

1989年に発売されたニッスイの焼きおにぎり。

【ニッスイ:大きな大きな焼きおにぎり】

外はカリッと中はふっくらした本格的な味で
たちまち大ヒット!

現在は冷凍焼きおにぎりのシェア6割。
売り上げナンバー1を誇っています。

そんなニッスイの社員の焼きおにぎりのぶっちゃけ!

「大きな大きな焼きおにぎり」を発売した理由は、
同時期に発売した冷凍ピラフが計画通り売れなかったから

そこで、ご飯ものの別メニューとして
焼きおにぎりを発売したところ大ヒットしたとのこと。

当時、工場の従業員のまかないとして焼きおにぎりが作られており、
そこから冷凍食品にすることを思いついたのでした。



ニッスイの「大きな大きな焼きおにぎり」のおいしさのヒミツ

ヒミツ①:米は100%国産、50%がコシヒカリ

コストを抑えるためではなく、
適度な粘りと食感を保つための配合。

残りの50%は季節によって配合の異なる品種を使っています。

ヒミツ②:米は炊くのではなく蒸す
よりふっくらとした食感に仕上がるとのこと。

ヒミツ③:米は握る前に味付け
中までしょうゆ味の味付けをつけてから成型しています。

スポンサードリンク

ヒミツ④:おにぎりを焼く工程。
1度焼いてから醤油ダレを塗って2度焼き
していいます。
1度目は300度のオーブンで形を崩れにくくし、
タレを塗ってから350度のオーブンで焼いています。

ヒミツ⑤:塗り用のタレは香りの強い専用ダレ
香りととろみの強い特製醤油ダレを開発、
温めた後に香りが広がるようになっています。



Q:ニッスイの焼きおにぎりであまり知られていないことは?

A:レンジで温めるときにラップをかけて
温めるのはやめてほしい。
水分がこもると表面のカリッとした
食感が損なわれてしまう。

現在の冷凍用個包装は
そのままレンジに入れられるようになっており、
「ここに立てる」と書かれた溝に
焼きおにぎりを立てて温めるとのことです。



焼きおにぎりのアレンジレシピ

【ニッスイ:大きな大きな焼きおにぎり】

ニッスイの社員イチオシ!
冷凍食品「大きな大きな焼きおにぎり」を
使った絶品アレンジレシピ!

忙しいときでも超簡単にできます。

【焼きおにぎり茶漬けのレシピ】

『焼きおにぎり茶漬けの材料』(1人分)

ニッスイ焼きおにぎり→1個

鮭→適量

刻み海苔→適量

ネギ→適量

緑茶→適量

ワサビ→お好みで

『焼きおにぎり茶漬けの作り方』
1.焼きおにぎりを電子レンジで温める。

2.茶碗に温めた焼きおにぎりを入れる。

3.②にお好みでほぐした鮭、刻み海苔、
刻んだネギ、ワサビをトッピング。

4.熱々の緑茶をかければできあがり!


まとめ

冷凍さぬきうどんのアレンジレシピはこちら↓
【ジョブチューン】冷凍さぬきうどんのアレンジレシピ!油そば風うどん「テーブルマーク」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ