【相葉マナブ】深谷のねぎの名産地の絶品レシピ!炊き込みご飯&かき揚げ&煮ぼうとう

ネギ

2016年12月4日放送の「相葉マナブ」は
「ニッポンのブランド食材を学べ!」

今回のブランド食材は「深谷ねぎ」

深谷ねぎのおいしさの秘密や
レシピを紹介!

スポンサードリンク

深谷ねぎの秘密

秋冬ねぎの収穫量日本一を誇る
埼玉県の深谷市で、
最高級品になると一般的なねぎの
およそ2倍の値段がつくというブランド食材。

その深谷ねぎがどうやって作られているのか
その秘密を探ります。



【フルーツのような甘み】

ねぎの旬は12月~2月で柔らかく甘いのが特徴。

赤城山から吹く冷たい北風にさらされるため
冬のネギは甘みが強くなるという。

一般的なネギの糖度は7~8度ですが、
深谷ねぎは実際にはかってみると
11~15度あります。

これからの季節、糖度はさらに15度前後にまで
上がるそうで数値的にはみかんやメロンに
匹敵する甘さになるのです。

深谷のねぎ農家がおすすめする
一番美味しい食べ方はとれたての水分を逃さないように
皮をむかずにそのまま炭火で丸焼きに。

10分ほどじっくりと焼き上げます。

3人が食べました。
甘くて中がとろってしておいしいそうです。

寒さによって蓄えられた糖分の中には
加熱するととろみを生み出す成分が
含まれているんだそうです。

ねぎの白い部分の甘みととろみ。
これこそが深谷ねぎ最大の特徴なのです



【土寄せ】

深谷ねぎを作るのに一番大切なことは?という問題。
正解は「埋める」でした。

3月に種をまき、5月頃には成長した苗を畑に植えます。

夏頃から少しずつ、ねぎの根本に土を盛り上げていきます。

そうすることで土に埋まった部分は光が当たらないため
白い部分が長くなるのです。

土寄せは4回ほど。

そこで活躍するのがマシン「ほる兵衛」。
全国の農家で活躍しているマシン。

回転する刃で土を掘り起こし跳ね上がった土が
左右に羽のように開いた板にぶつかる事で
畝を高くしていく仕組み

10ヶ月ほど手をかけて、ようやく収穫ができます。


【ねぎ専用の巨大マシン】

ネギの収穫のために作られた全自動ねぎ収穫機。

ネギ掘り起こし、ベルトコンベヤーでねぎを挟んで
スライドさせていく間に土を落としていく仕組み。

そして上がってきたねぎを束ねて
ひもで縛りコンテナ部分に積み上げていく。

収穫が終わると、掘ってきたネギをキレイにする
マシンにかけます。

こうして出荷できるようになるのです。


スポンサードリンク



【厳しい選別】

ネギをキレイにしたあとは厳しい選別作業が始まります。
白身の長さが30センチのものが一番いいという。

白い部分が25センチ以下のものは出荷ができない。

2Lというサイズよりも太いものは規格外となり
加工品用に選別されます。


深谷ねぎの名産地の絶品レシピ

【深谷ねぎの炊き込みご飯】

『材料』(4~5人分)
深谷ねぎ →2本
米 →3合
かつお昆布だし →540ml
薄口醤油 →大さじ2
塩 →小さじ1
みりん →大さじ2

『作り方』
1.ねぎは白い部分を2cmの長さ、
青い部分は斜めに5mmで切っておく。

2.ねぎの白い部分を七輪で
焦げ目がつくまで焼く。

3.鍋にお米、かつお昆布だし、
薄口醤油、塩、みりんを加え、
火にかける。

全体を混ぜ合わせ、焼いたねぎを入れて強火にし、
沸騰したら、弱火にして約12分間炊く。

4.火を消し、ねぎの青い部分を入れて
10分蒸らしたらできあがり。



【深谷ねぎのかき揚げのレシピ】

『材料』(4人分・8個分)
深谷ねぎ →3本
小麦粉 →大さじ1
サラダ油 →適量
     
(衣用) 
小麦粉 →250g
塩 →少々
水 →300ml

『作り方』
1.1cm幅の斜めに切ったねぎに
小麦粉をふり、混ぜる。

2.ねぎに衣を混ぜ、
全体を軽く混ぜる。

3.170℃に熱したサラダ油で約2分揚げる。

4.塩をふってできあがり!



【煮ぼうとうのレシピ】

『材料』(4人分
ほうとう(生めん) →300g
深谷ねぎ →2本
白菜 →2枚
大根 →200g(約8cm)
ニンジン →1/2個
干し椎茸 →4枚
鶏肉 →150g
油揚げ →1枚
醤油 →大さじ4~5
丸系八つ頭 →150g(約1/2個)
かつお昆布だし →1600ml
七味唐辛子 →適量
ゆずの皮 →適量

『作り方』
1.食材の下準備をする。
ねぎ→3cm幅に切り、白い部分と青い部分を分けておく
白菜→2~3cmのざく切り
大根→厚さ5mmのいちょう切り
丸系八つ頭→厚さ5mmのいちょう切り
ニンジン→3mmのいちょう切り
干し椎茸→手で割る
油揚げ→2cm幅の短冊切り
鶏肉→一口大

2.かつお昆布だしに醤油を入れ、
すべての具材を入れる。

3.全体に火が通ったら、生のほうとうを入れ、
よくほぐし、ねぎの青い部分を入れ
6~7分煮込み、ほうとうに火が通ったらできあがり!

※具材はお好みで

お好みで七味またはゆずの皮を入れてもよい



まとめ

その他の目利きやレシピはこちらから↓
相葉マナブ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ