【あさイチ】美容や健康にいい!簡単甘酒の作り方!アレンジ甘酒のレシピ

甘酒

2016年12月5日放送の「あさイチ」の
「飲む点滴! 驚きの甘酒パワー」

ここでは甘酒の作り方やアレンジ甘酒の紹介!

スポンサードリンク

飲む美容液 甘酒

檀れいさんや平子理沙さん、ともさかりえさん、
君島十和子さん、道端アンジェリカさんなどの
美肌の女性たちが愛飲している甘酒。
飲む美容液ともいわれています。

甘酒は2種類あります。

1つは酒かすを溶いて砂糖を加えた甘酒。
もう1つは炊いたお米に米こうじを加えて
発酵させてできた甘酒。

最近ブームになっているのは米麹でできた甘酒です。
これは完全にノンアルコールです。

必須アミノ酸やビタミンB群、
オリゴ糖などが豊富に含まれています。

実験でも、
乾燥肌がプルプルのお肌に改善した、
スポーツの疲れが軽減した、
便通がよくなったなど、
さまざまな美容・健康効果が報告されています。



簡単!手作り甘酒の作り方

自宅でも簡単にできる甘酒造りを、
発酵料理研究家の舘野真知子さんに
教えてもらいました。

『材料』
もち米→1/2合
(普通のお米でも可)

水→100ml
乾燥米麹→70g
500ml保温ポット


スポンサードリンク



作り方
1.もち米を洗い炊飯器にもち米、
水を入れて30分ほど浸水して、おかゆ機能で炊く。

※普通のお米だとさらりとした味に

2.炊きあがったら、お釜を取り出し、
水と米麹を混ぜる。

すると60℃くらいになり、
甘酒づくりに適した温度に

※温度が高すぎると麹が生む酵素の活動が止まってしまうので
甘くなりにくくなります

3.あらかじめ保温ポットに熱湯を入れ温めておく。

4.保温ポットのお湯を出して、③を素早く入れ
フタをして少し緩めておく。

※発酵中にガスが発生した時に抜け道を作るため、
少しフタをずらしておく

6.夏場は8時間ほど置いて発酵させればできあがり!

温度の下がる冬場は
4時間ほど経ったら一度鍋にあけ、
弱火でかき混ぜながら1分加熱する(60度ほどになる)

再度、保温ポットに戻し、
さらに4時間置いたらできあがり!

※保存は保存容器にたっぷりといれて
冷蔵庫で1週間程度。
ジッパー付き保存袋に入れて1~2か月程度です。

甘酒



つくるのが面倒な方はこちらはどうでしょうか?↓




アレンジ甘酒

酒どころ新潟を代表する酒造メーカーの
工場の近くにあるカフェでは
甘酒のいろいろな楽しみ方を提案しています。

甘酒はほかの材料と混ぜるだけで
違う魅力が引き出されるといいます。

例えば、しょうが。
しょうがの辛みもなく
すっきりした飲み口になるのだそうです。

【アレンジ食材】
・しょうが (小さじ1)
・抹茶
・コーヒー
・ほうじ茶
・ココア
・トマトジュース
・牛乳
・豆乳
・レモン
・バナナ
・ブルーベリーヨーグルト
・青汁
・パイナップル
・紅茶
・りんご酢+炭酸水

【甘酒ドリンクのポイント】
・酸味のある果物と合う
・飲みにくいものも飲みやすくなる
・基本は1:1



感想

実は私も甘酒を作る機械を買ったのですが、
あまり利用していなかったのです。

改めてもっと飲もうと思いました。

私が購入したキット↓



この日の甘酒関連の記事↓
【あさイチ】甘酒を使った料理のレシピ!てまりすし、鶏団子鍋、ハンバーグ、から揚げ

【あさイチ】飲む点滴!甘酒の栄養や健康効果



甘酒関連の記事↓
しょうゆ麹&甘酒生活!作り方やレシピも 腸内環境を整える【サタデープラス】

名医も認める甘酒のスゴい健康効果!レシピも【林修の今でしょ!】

【趣味どきっ】「酒かすで美肌・やせ体質 」 パック、火鍋などの作り方、レシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ