【あさイチ】「夢の3シェフNEO」井桁良樹シェフのレシピ!ビーツのマーボー豆腐

麻婆豆腐

2016年12月6日放送の「あさイチ」の「夢の3シェフNEO」
はスーパーフードビーツ。

抗酸化成分や鉄分や葉酸が含まれていることなどから
欧米では「食べる輸血」とも呼ばれて人気のビーツ。

そんなビーツを使った
井桁良樹シェフの「ビーツのマーボー豆腐」の
レシピを紹介!

スポンサードリンク

井桁良樹シェフのビーツのレシピ

【新感覚!ビーツのマーボー豆腐】

中国料理店 総料理長の井桁良樹シェフのレシピ

『材料』(2人分)
ビーツ→100g

木綿豆腐→300g

(A)
牛ひき肉→60g

水→小さじ1/2



サラダ油(炒め用)→大さじ3

(B)
豆板醤→小さじ2

しょうが(みじん切り)→小さじ1/2

にんにく(みじん切り)→小さじ1/2

一味唐辛子→小さじ1/2

豆豉(トーチ)→大さじ1



甜麺醤→小さじ1/2

カレー粉→ひとつまみ

鶏がらスープ→180ml

紹興酒→小さじ2

しょうゆ→小さじ1/3

塩→少々

青ネギ→30g

水溶き片栗粉→大さじ1
(かたくり粉と同量の水で溶く)

サラダ油→大さじ1

ホワジャオ(粉)→少々

『作り方』(下準備)
1.青ねぎは、幅1センチの斜め切りにする。

2.木綿豆腐は、1センチ5ミリ角に切る。
沸騰した湯に塩(分量外・水1リットルに対して10g)と
1センチ5ミリ角に切った木綿豆腐を入れ、
ひと煮立ちさせ、ざるにあげる。

下ゆですることで豆腐に弾力が出て
ふっくらとした食感に

3.ビーツは、皮をむき、すりおろす。

ビーツをすり下ろすことで
コクが増しふんわり食感に

4.牛ひき肉に水を加え、かたまりをほぐす。
※炒めたときに、肉がパラパラとおいしく仕上がる。

スポンサードリンク

(手順)
1.油ならしをした中華鍋にサラダ油(大さじ3)を入れ、
牛ひき肉を加え、カリッとするまで炒める。

※最初は弱火で肉の塊をほぐすように炒める。
肉が白くなってきたら、中火にしてカリッとするまで炒める。

2.(1)の中華鍋にBの調味料と香辛料をを加え、
中火で油が澄んでくるまで炒める。

3.(2)の中華鍋に、甜麺醤を加え、ひと混ぜする。

4.(3)の中華鍋にすりおろしたビーツを加え、
水分が飛ぶまで中火で炒める。

※ビーツをよく炒めること
ビーツの水分を飛ばすことで甘さを凝縮させる。

5.(4)の中華鍋にカレー粉を加え、
中火でさっと炒め合わせる。
※スパイシーな香りがアクセントになる。

6.(5)の中華鍋に鶏がらスープ、木綿豆腐、紹興酒、
しょうゆ、塩を加え、弱火で2分ほど煮込む。

※豆腐を崩さないように、おたまの背を使い、
手前から奥に混ぜることがポイント。

7.(6)の中華鍋に青ねぎを加えて、ひと混ぜする。

8.(7)の中華鍋に水溶きかたくり粉を入れて、
とろみをつける。
※ダマにならないように、おたまに水溶きかたくり粉を入れ、
糸を垂らすように鍋に入れる。

おたまを動かさずに、鍋を揺すって
全体いきわたらせるようにする。

9.(8)の中華鍋にサラダ油(大さじ1)を入れ、
強火にし、鍋の周りが焦げるくらいまで炒める。

※余分な油が浮いてくるので、
さっぱりとした仕上がりになる。

10.(9)の中華鍋にホワジャオを加え、
火を止めればできあがり!


まとめ

この日のビーツのレシピ↓

【あさイチ】ビーツ農家のレシピ!おいしいゆで方のコツや健康効果も

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」イタリアンのレシピ!ビーツのチーズラビオリ

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」橋本幹造シェフのレシピ!ビーツとぶりの照り焼き

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ