【あさイチ】「夢の3シェフNEO」イタリアンのレシピ!ビーツのチーズラビオリ

ビーツ

2016年12月6日放送の「あさイチ」の「夢の3シェフNEO」
はスーパーフードビーツ。

抗酸化成分や鉄分や葉酸が含まれていることなどから
欧米では「食べる輸血」とも呼ばれて人気のビーツ。

そんなビーツを使った
マリオ・フリットリシェフの「ビーツのチーズラビオリ」の
レシピを紹介!

スポンサードリンク

マリオ・フリットリシェフのビーツのレシピ

【ビーツのチーズラビオリ】

イタリア料理店 総料理長マリオ・フリットリのレシピ

色が鮮やかです

『材料』2人分

(ラビオリ)
リコッタチーズ→120g

パルメザンチーズ→20g

ゴルゴンゾーラチーズ→30g

卵黄→1/2個分

塩→少々

白こしょう→少々

ギョーザの皮→10枚

(ソース)
ビーツ→100g

バター→20g

オレンジ→1/2個

塩→少々

白こしょう→少々

生クリーム→100ml

(仕上げ)
パルメザンチーズ→40g

バター→10g

セルフィーユ→適量

オレンジの皮→適量
(表面をよく洗って、
オレンジ色の部分だけを使う)

スポンサードリンク

『作り方』

(下準備)
1.ビーツは皮付きのまま、
つかるくらいの水とともに鍋に入れ、中火にかける。
竹串がすっと通るようになるまでゆでる。

2.(1)の皮をむき、7ミリから8ミリ角に切る。

3.オレンジを搾る。

4.パルメザンチーズは、すりおろし、
ゴルゴンゾーラチーズは1センチ角に切る。

(ソース作り)
1.冷たいフライパンにバター(20g)、
ゆでて7ミリから8ミリに切ったビーツを入れ、
弱火で全体にバターがなじむまで炒める。

2.(1)のフライパンに、塩、白こしょう、
オレンジの果汁、生クリームを加え、中火で1分ほど煮詰める。

オレンジの酸味がビーツの土臭さを消す

(ラビオリ作り)
1.ボウルにリコッタチーズ、
すりおろしたパルメザンチーズ(20g)、
1センチ角に切ったゴルゴンゾーラチーズ、
卵黄、塩、白こしょうを入れ、なめらかになるまで混ぜる。

3種類のチーズを合わせることで
ビーツのおいしさをアップ

2.(1)を10等分にし、ギョーザの皮の中央にのせ、
皮のふちに水をつけ、半分に折る。
フォークをふちに押しつけるようにして、しっかりとつける。
※空気が入らないように包む。

3.沸騰した湯に塩(分量外・水1リットルに対して10g)を入れ、
中火でゆでる。

※ラビオリが浮き上がってきたら、ゆであがりの目安。
※ソースの固さを調節するので、ゆで汁は捨てない。

(仕上げ)
1.ソースを温め、ゆでたラビオリを加えて絡める。
※ラビオリのゆで汁を足し、ソースの固さを調節する。

2.(1)にバター(10g)とすりおろした
パルメザンチーズ(40gのうち20g)を加え、
とろりとしたら火を止める。

3.皿に盛りつけ、セルフィーユ
・すりおろしたパルメザンチーズ(40gのうち20g)
・オレンジの皮をすりおろしながら散らせばできあがり!



まとめ

この日のビーツのレシピ↓

【あさイチ】ビーツ農家のレシピ!おいしいゆで方のコツや健康効果も

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」井桁良樹シェフのレシピ!ビーツのマーボー豆腐

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」橋本幹造シェフのレシピ!ビーツとぶりの照り焼き

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ