【あさイチ】「夢の3シェフNEO」橋本幹造シェフのレシピ!ビーツとぶりの照り焼き

ぶり大根

2016年12月6日放送の「あさイチ」の「夢の3シェフNEO」
はスーパーフードビーツ。

抗酸化成分や鉄分や葉酸が含まれていることなどから
欧米では「食べる輸血」とも呼ばれて人気のビーツ。

そんなビーツを使った
橋本幹造シェフの「ビーツとぶりの照り焼き」の
レシピを紹介!

スポンサードリンク

橋本幹造シェフのビーツのレシピ

【ビーツとぶりの照り焼きのレシピ】

日本料理店 店主の橋本幹造シェフのレシピ

フライパン1つでできます。
ビーツの色も目立たない。

『材料』2人分

ビーツ→140g

(A)
ぶり(切り身)→2切れ

塩→小さじ1/2



サラダ油→小さじ1

水→80ml

酒→30ml

(B)
みりん→30ml

砂糖→小さじ1

しょうゆ→30ml



白ごま→小さじ2

スポンサードリンク

『作り方』

(下準備)
1.ぶりの両面に塩を振り、
10分間置く。
※塩を振ることで、ぶりのうまみを引きだし、
臭みを抜く。

2.ビーツは皮付きのまま、厚さ1センチのいちょう切りにする。

(手順)
1.冷たいフライパンにサラダ油をひき、
ビーツを入れ、中火で3分ほど焼く。

※皮と実の間にうまみと香りが多いので、
皮付きのまま使うのがオススメ。

※じっくりと火を入れることで、
ビーツが甘くなる。

2.(1)のフライパンのビーツの上下を返し、ぶりを入れる。
ぶりの片面を中火で3分ほど焼く。

3.(2)のフライパンのぶりの上下を返し、
水・酒を入れ、ふたをして、中火で3分ほど煮る。

4.(3)のフライパンに、Bの調味料を入れ、
強火でとろみがつくまで煮詰める。

※スプーンでタレをかけながら煮詰めるとよい

5.(4)のフライパンに白ごまを加えて、できあがり!

ゴマの香ばしさが
ビーツの風味を際立たせる

まとめ

この日のビーツのレシピ↓

【あさイチ】ビーツ農家のレシピ!おいしいゆで方のコツや健康効果も

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」井桁良樹シェフのレシピ!ビーツのマーボー豆腐

【あさイチ】「夢の3シェフNEO」イタリアンのレシピ!ビーツのチーズラビオリ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ