【ヒルナンデス】冬の最新家電ベスト10!炊飯器、掃除機、電気ケトルほか

家電

2016年12月7日放送の「ヒルナンデス」の
「冬の最新家電ベスト10!」

驚きの機能を持つ最新機種から
ユニークな一芸ものまでを発表!

家電俳優の細川茂樹さんが教えてくれます。

スポンサードリンク

6位から1位はこちら↓
【ヒルナンデス】冬の最新家電ベスト10!骨盤リフレ、ヘルシオほか

最新家電ベスト10位~7位

【10位:象印マホービン 電気ケトル】

『コーヒーに最適のケトル』

細川さんが5年間探し続けたという
究極の電気ケトル。

沸騰までの目安はコップ1杯約1分、
800mlで約4分。

蒸気が出ないので、
結露をふく必要がありません。

これは蓋の内側にある小部屋で冷やされて
滴になり戻るから。

さらに、注ぐときに取っ手のレバーで
お湯の強弱が選べます。

なのでコーヒーを作る時に
少しずつお湯を入れるので最適。

また、押さない状態だとお湯が出ないので
倒れてもお湯が出ません。

1時間の保温機能も付いています。



【9位:バーミキュラのライスポット】

『魅惑の激ウマ炊飯器』

バーミキュラとは
蓋をすると隙間が0.01mmしかないという
無水調理の鍋のこと。

出来上がりの美味さから注文が殺到。
最長15カ月待ちにもなった人気のブランド。

そのバーミキュラの炊飯器。

炊飯ボタンで「おこげ」を選択すると
おこげ付きにもなります。

密閉度が高いので、
素材の旨味を逃さないのです。



【9位:象印マホービン 南部鉄器 極め羽釜】

『冷めても美味しく炊く』

ゴムの溝があって水滴を受け止めるので
水滴がごはんのところに落ちない。

また、ボタンをおせば自動で閉じます。

釜の横に熱が対流し、こもるスペースができて
より高火力を出せるようになりました。

また、米が対流し、炊きムラが減るとのこと。

さらに、お弁当メニューを選ぶと
乾燥するのを見越し、ご飯の水分を多く残して
食べる時に最適な水分量に
なるようにしてくれます。

また、”我が家炊き”という機能があり、
その家の好みの炊き上がりを把握し、
ベストに調整していきます。



【9位:アイリスオーヤマ 銘柄 量り炊き】

『米に合わせて炊く』

31種類のお米に合わせて炊くことができます。

スポンサードリンク

さらに火加減、時間に加え、
最適な水の量を計算してくれるので、
半端な米の量でもベストな水の量を算出するのです。

上下が分かれ、下部はIH調理器としても使えます。



【8位:泉成器 遠赤 電気ストーブ グラファイトヒーター】

『すぐ暖かくなるヒーター』

立ち上がり0.2秒で暖かくなる電気ストーブ。

早く暖かくなる秘密は発熱部分に。

このグラファイトヒーターには内部に
人工衛星にも使われるハイテク素材・ポリイミドを使用。

カーボンヒーターの10倍も
早く暖かくなります。

エアコンが暖まるまでの間や
脱衣所での着替えの時に使うのもいいです。


【7位:日立 パワーブーストサイクロン】

『2kgのペットボトルまで吸える吸引力』

ペットの毛も吸い取れるほどの強い吸引力が特徴。

2kgの砂が入ったペットボトルも
持ち上げるほどの吸引力。

じゅうたんなどを吸い込まないように
弱風が出る構造になっていて、
敷物の吸い込みをを防いでいます。



【7位:シャープ パワーサイクロン】

『ゴミが舞わないアイデア』

猫の舌の突起をヒントに
つくられました。

内部がブツブツになっているので
ゴミを絡めて圧縮し、
塊にしてくれます。

さらにサイクロン部分も
フィルターをなくしているので
丸洗いできます!



【7位:パナソニック プチサイクロン】

『敷物下の見えないゴミまで』

ハウスダストなど気になる方にうれしい
ハウスダスト発見センサー付き掃除機。

敷物の下の見えないハウスダストも発見し
見つけたらランプがつきます。

ランプが消えると
ハウスダストがなくなったサインです。


6位から1位はこちら↓
【ヒルナンデス】冬の最新家電ベスト10!骨盤リフレ、ヘルシオほか

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ